クリスマスのかくれんぼ クリスマスのかくれんぼ
作・絵: いしかわ こうじ  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
大人気!「これなあに?かたぬきえほん」のスペシャル版です。ツリーやトナカイなどクリスマスのいろいろがいっぱい登場します。

えほんっこさんの公開ページ

えほんっこさんのプロフィール

ママ・40代・大阪府、女の子13歳 女の子10歳

えほんっこさんの声

23件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ
なかなかよいと思う やった〜できた!!  投稿日:2012/06/15
くるりんこん
くるりんこん 作: なかえ よしを
絵: 上野 紀子

出版社: 文化出版局
鉄棒がしたいねずみくん。でも届かない…。。。そこへ次々と動物がやってきて、くるりんこんとさかあがり。いいな〜いいな〜うらやましい。最後にぞうさんやってきて、重さで鉄棒曲がったよ。おかげで僕もさかあがり!!リズミカルに読み進めることができ、聞いているのも楽しいようです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 色がきれい!!  投稿日:2011/09/16
あめのひのえんそく
あめのひのえんそく 作・絵: 間瀬 なおかた
出版社: ひさかたチャイルド
雨の日、バスにのってぶどう狩りの遠足に出かけます。トンネルを抜けると、次々に景色が変わっていき、ブドウ園に着いた時には雨もやみます。めくったページで虹が出来上がるのも素敵です。3歳の次女に読んだのですが、6歳の長女も虹が出来た時には「すごい〜〜!!」と喜んでいました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 課題図書  投稿日:2011/09/16
ものすごくおおきなプリンのうえで
ものすごくおおきなプリンのうえで 作: 二宮 由紀子
絵: 中新井 純子

出版社: 教育画劇
課題図書に選ばれていて、学校でも読んでもらって面白かったので…という娘のリクエストに答え、一緒に読んでみました。ものすごくおおきなスイーツの上でみんなで縄跳びをしたらどうなるか…というお話で、感想文を書くにはどうだろうと思いましたが、発想はかわいらしいと思います。「ほっとけーきの上だと?」「ショートケーキの上だと?」「アイスクリームの上だと?」と3歳の次女とクイズ形式にして読んでいて、楽しそうでした。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい お姫様だいすき。  投稿日:2011/09/16
ようせいのおしろのぶとうかい
ようせいのおしろのぶとうかい 作: マギー・ベイトソン
絵: ルイーズ・コンフォート
訳: かがわ けいこ

出版社: 大日本絵画
上の子が3歳の時に購入したものですが、下の子が3歳になった今でも現役で活躍してくれています。360度広げて遊ぶ立体絵本なのですが、さまざまなしかけがあり、大のお気に入りです。付属の紙の人形は既にぼろぼろになってきてますが、それでも毎日ひっぱり出してきては遊んでいますよ。お人形遊びが好きな女の子にはおすすめです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 絵がかわいい  投稿日:2011/09/16
ぴーちゃんくもにとぶ
ぴーちゃんくもにとぶ 作・絵: まつい のりこ
出版社: 偕成社
雨粒みたいなおばけのぴーちゃん、いたずらをして、絵の具で体が真っ黒に…。どうしたらきれいになるのかな、といろいろなことをためしてみても、まだまだ取れない真っ黒け。「いいことがある!」と思い付いたのが、真っ白な雲の中へ飛び込むこと。何度も何度も飛び込むとすっかりきれいなぴーちゃんに戻りました。何といっても絵がやさしくて、癒されます。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う とうもろこし〜〜  投稿日:2011/09/16
ひょろのっぽくん
ひょろのっぽくん 作・絵: かとう まふみ
出版社: 農山漁村文化協会(農文協)
うちの子も、表紙の絵をみて「にんじん!!」と答えました。。。

背が高いけれども、いつまでたってもやせっぽちのひょろのっぽくん。仲間はどんどん収穫されていくのに、ひとりだけ収穫されずに畑に取り残されてしまいます。「ぼくはここにいるよ〜〜だれかたすけてよ〜〜」ようやく収穫され、「ぼくのこと忘れてたわけじゃないんだね」と安心するも、窓辺に放っておかれる毎日。ひょろのっぽくんは、涙も出ないほどカラカラに…。

ある日、自分の体がばらばらになって暗闇に落ちていくのを感じたひょろのっぽくん。絵本でも真っ暗なページに字があるだけ…。聞いている子供たちも「怖い怖い…」と不安そう。。。

どうなるの??おもしろいです。読んでみてください。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 色っぽいトマトさん  投稿日:2010/08/08
トマトさん
トマトさん 作: 田中 清代
出版社: 福音館書店
5歳の娘が図書館で気に入りました。表紙を見たら、はみ出るほど大きなトマトさんの絵!!どんな話だろう…と借りてみると、なんともおもしろい。熟れすぎて落ちてしまったトマトさん、ミニトマトたちが気持ちよさそうに川で泳いでるのに自分は体が重たくて動けない。そこで、虫たちが手助けをしてくれます。各ページのトマトさんの表情が、何ともいえず惹きつけられます。暑い夏にぴったりの一冊です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい かわいいおばけ♪  投稿日:2009/08/22
おばけかぞくのいちにち
おばけかぞくのいちにち 作: 西平 あかね
出版社: 福音館書店
おばけの世界と人間の世界が比較できて楽しめます。おばけの子供は、人間の子供が寝る頃起き出して、保育園に向かいます。「早く寝ないとおばけが来るわよ」とお母さんに脅されながら眠りにつこうとするお布団の中で、「おばけは今ごろなにしてるのかな??」と想像が膨らみます。挿絵もかわいらしく、絵に付属している細かい字も全部読んで!!と子供にせがまれました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 大きくなったら何になる??  投稿日:2009/08/22
おたまじゃくしの チャム
おたまじゃくしの チャム 作・絵: 竹中マユミ
出版社: 偕成社
産まれたばかりのおたまじゃくしのチャム。水の中で出会う、さまざまな生き物(魚、鳥、亀など)に憧れ、おおきくなったらあんなふうになりたいなぁ…と楽しみにしています。でも足が生えてきたので魚にはなれない、手も生えてきたので鳥にもなれない、いくらまっても亀のような甲羅が出来ない。そんな時、チャムの目に飛び込んできた今までで一番すばらしいものって??やっぱりお母さん☆☆☆絵もかわいくて、ほのぼのします。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい お気に入り!!  投稿日:2008/09/02
あそびにおいでよそらまめくんのおうち
あそびにおいでよそらまめくんのおうち 作: なかや みわ
出版社: 小学館
3歳の娘に購入しました。
最近お人形遊びにはまっているので、すぐに気に入りました。
絵本のまんま、ふわふわベッドやブランコ等もあり大人が見ても楽しめます。付属のミニ絵本でそらまめくん、えだまめくん、さやえんどうさん…等名前も覚え、毎日広げて遊んでいます。あまりに小さいお子さんだとパーツを口に入れる可能性があり心配ですが、二〜三歳になればごっこ遊びを楽しめます。
参考になりました。 0人

23件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ

『鹿踊りのはじまり』(「宮沢賢治の絵本」シリーズ)ミロコマチコさんインタビュー

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット