おおきなうみと ちいさなマーヴィー おおきなうみと ちいさなマーヴィー
作・絵: H@L  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
海の世界で未来を夢みるくじらのマーヴィー!絵本いっぱいに広がる青が、夏にぴったりな1冊です!

イル子さんの公開ページ

イル子さんのプロフィール

ママ・20代・愛知県、女3歳 女2歳

自己紹介
29歳、2児のママです!

娘は5歳と4歳、二人ともおしゃべりが大好きな女の子♪

よろしくおねがいします☆
好きなもの
旦那さま 姫2人 洋裁 編み物 お菓子作り 鉛筆画 ピアノ ギター 写真 TVドラマ デザートビュッフェ 紅茶 しろくま(アイス)
ひとこと
みなさまのレビューをいつも参考にさせていただいております<(_”_)>

いい絵本に出会ったり、娘が素敵な感想を言ったりするともう幸せです♪

これからも娘のお気に入りがたくさん見つかりますように・・・☆

イル子さんの声

30件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい くまのコールテンくんよりお気に入り♪  投稿日:2007/02/27
コーちゃんのポケット
コーちゃんのポケット 作・絵: ドン・フリーマン
訳: さいおんじさちこ

出版社: ほるぷ出版
有名な「くまのコールテンくん」の続編とのことですが、出版社も訳者も違うのであまり知られていないようです。
試しに図書館で借りてみたら娘4歳がとても気に入って、すぐにでも買ってあげたかったので書店を回ってみました。
しかし扱っているところが近所にはなく、結局ネットで注文しました。

届くなり一日に何回も読まされました。
最後のページをまねして、「鼻をキューっとくっつけました♪」と姉妹でやっています。

ドン・フリーマンの遺作ということも、訳者さんの文章の中で書かれていました。
この続編を読めないのは残念です。
でも続編がないからこそ、子供たちの想像の中でコーちゃんのお話が広がっていく、とも思えます。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 我が家ではコーちゃん  投稿日:2007/02/27
くまのコールテンくん
くまのコールテンくん 作・絵: ドン・フリーマン
訳: 松岡 享子

出版社: 偕成社
「くまのコールテンくん」ももちろんステキなお話ですが、続編の「コーちゃんのポケット」をとても気に入っている娘二人はコールテンくんを”コーちゃん”と呼んでいます。

デパートから出たことがない故のコールテンくんの数々の勘違い。笑
4歳の娘はすかさず「違うよ!」と指摘しています。

リサのセリフがとてもかわいくて、私も大好きなシリーズです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 絵本初心者でも  投稿日:2007/02/27
おひさま あはは
おひさま あはは 作: 前川かずお
出版社: こぐま社
1〜2歳くらいでまだ絵本に慣れ親しんでいない子でも楽しめる、楽しくなる絵本だと思います。
大人が「あはは!」と読んであげれば子供も自然と笑顔に。
読み終わる頃にはキャッキャとテンションも上がっています。
読み終わっても「もう1回!」と良く言われました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ぐりとぐらと女の子!  投稿日:2007/01/04
ぐりとぐらとすみれちゃん
ぐりとぐらとすみれちゃん 作: なかがわ りえこ
絵: やまわき ゆりこ

出版社: 福音館書店
ぐりとぐらシリーズ、母親の私が子供の頃から大好きで、子供にも絶対読んであげたい!と思っていました。
「ぐりとぐらとすみれちゃん」は、子供と一緒に図書館で借りて私も初めて読みました。
大好きなぐりとぐらに人間の女の子が!
新鮮なのに、絵本の中は変わらずぐりとぐらの世界で、一度読んで大好きになりました。
もちろん子供にもリピートで読んで読んでとせがまれました。

返却後も子供達はすみれちゃんを良く覚えていて、かぼちゃのお料理を出すたびに「これはすみれかぼちゃ?」と聞かれました。
これは絵本を買ってあげなくちゃだな、と思っていた矢先、幸運にも親戚の方に頂いて、喜んでいます。

すみれちゃんが実在するとは今ここのレビューを見るまで知りませんでした。
ますます大事にしたい絵本になりました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う ケーキ屋さんの大変な一日!  投稿日:2007/01/04
100こめのクリスマス・ケーキ クリスマス・イブのおはなし2
100こめのクリスマス・ケーキ クリスマス・イブのおはなし2 作: 長尾 玲子
出版社: 福音館書店
1冊より、絶対3冊セット!とは思いますが、1冊でも☆4つです。

娘2歳は3冊セットの中でこの絵本が一番のお気に入りです。
「白い絵本!100こめのクリスマスケーキ」と言って絵本を持ってきます。
たくさんのクリスマスケーキ、数えてみましたがちゃんと99個ありました。

これから毎年クリスマス前にはたくさん読むことになりそうです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 忘れられなくて購入  投稿日:2007/01/04
よかったねネッドくん
よかったねネッドくん 作・絵: レミー・シャーリップ
訳: やぎた よしこ

出版社: 偕成社
図書館で借りて、特に2歳の娘が気に入った本で、返却後も「ネッドくん読んで」「ネッドくんは?」と何度も言うので購入しました。
本を渡したときの娘のうれしそうな顔はなんとも言えずかわいいです♪
本を購入してからは本を開かずとも本の内容をブツブツつぶやいている(笑)娘です。

初めて読んだときは、私も近くで聞いていた主人も皆さん同様笑ってしまいました!
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 初めての絵本でした  投稿日:2007/01/04
ボードブック はらぺこあおむし
ボードブック はらぺこあおむし 作・絵: エリック・カール
訳: もり ひさし

出版社: 偕成社
長女を出産前に頂いた絵本で、まさしく初めての絵本です。

お腹にいた頃に読み聞かせなどは全くしていなかった私ですが(お恥ずかしい)、生まれてからは目をさましている時間を見つけて読んであげていました。
名作絵本ですね。
これは通常の大きさの絵本ではなくて小さいボードブックなのでお出かけにもお供させていました。
かなりの回数読んであげたので娘二人ともお気に入り。
近頃は出番が少ないのは寂しいですが(娘4歳と2歳です)。

主人がエリック・カール作品を気に入ったらしく、「ぼくのねこみなかった?」を選んでくれたりしました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 3冊で何度もおいしい♪  投稿日:2007/01/04
クリスマス・イブのおはなし 3冊セット
クリスマス・イブのおはなし 3冊セット 作: 長尾 玲子
出版社: 福音館書店
3冊も!と思いますが、3冊だからこそ一層楽しいお話になっています。
スイッチ形式というのでしょうか。
あっちゃんとサンタさんとケーキ屋さん、3人の視点からのクリスマス。
お話がリンクしており、特に「あっちゃんとゆびにんぎょう」と「100こめのクリスマスケーキ」では同じ場面が出てくるので、2冊続けて読んだときには娘から「またぁ?」という声が出ましたがそれも最初だけで、何度か読むうちに理解できたようです。

4歳の娘は「あっちゃんのゆびにんぎょう」を、2歳の娘は「100こめのクリスマスケーキ」をそれぞれ気に入っています。
クリスマスが過ぎ、年も明けてお正月なのですが、未だに赤鼻のトナカイやジングルベルを歌い、日替わりでこの3冊を持ってくる娘達です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい おいも大好きな娘にピッタリ♪  投稿日:2007/01/04
さつまのおいも
さつまのおいも 文: 中川 ひろたか
絵: 村上 康成

出版社: 童心社
娘4歳はサツマイモに限らずジャガイモ、里芋、長芋、イモなら大好き♪
幼稚園の芋掘り前で、まさしくツボでした。

娘達はおいもが寝ている場面で「おトイレの夢見てる」とか「じゃがいもの夢見てる」と、指差しています。
さつまのおいもの生活、おトイレで新聞とかお風呂で数を数えたりとか、よく見ると絵に描いてあることが妙に細かくて私はそこが個人的に気に入っていたりします。
もちろん最後のプーは笑えます♪

実際に幼稚園のおいも掘りでは「うんしょ、とこしょ」と言うまでもなく、「シューって出てきた!」とのことでしたが(笑)予習としては十分だった様子。
「私が勝った♪」とうれしそう。
その後、幼稚園でいただいた焼き芋のせいか、あっちでプー!こっちでプー!
「おいもの勝ちだったね」と言われて、笑っていた長女でした。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 毎年クリスマスに  投稿日:2007/01/04
あっちゃんとゆびにんぎょう クリスマス・イブのおはなし1
あっちゃんとゆびにんぎょう クリスマス・イブのおはなし1 作: 長尾 玲子
出版社: 福音館書店
1冊より、絶対3冊セット!とは思いますが、1冊でも☆4つです。

娘4歳は3冊セットの中でこの絵本が一番のお気に入りです。
理由はやはり自分と一番近いあっちゃんが主人公だからでしょうか。
”お母さんに頼まれてケーキを買いに行く”というのも、最近お手伝いに敏感な娘には憧れなのかもしれません。
娘2歳は各ページで赤い帽子のあっちゃんを探すのが大好きみたいです。

お話もさることながら、挿絵の刺繍にはウットリです。
洋裁は大好きですが根気も時間も要る刺繍は苦手なので、読み聞かせをしている間にもたまにじーっと見入ってしまうことがあります。
子供に先を急かされますが。
この本ではあっちゃんがケーキを持ち帰る場面の刺繍が大好きです。

これから毎年クリスマス前にはたくさん読むことになりそうです。
参考になりました。 0人

30件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ

【連載】第2回「鬼遊び」シリーズ 廣嶋玲子さんインタビュー

出版社おすすめ

  • なまえのないねこ
    なまえのないねこの試し読みができます!
    なまえのないねこ
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    ぼくは ねこ。なまえのない ねこ。ひとりぼっちの猫が最後にみつけた「ほんとうに欲しかったもの」とは…
  • ふしぎなふうせん
    ふしぎなふうせんの試し読みができます!
    ふしぎなふうせん
     出版社:鈴木出版 鈴木出版の特集ページがあります!
    フワフワ フワフワリン…風船は気持ち良く歌いながらどんどん大きく、どんどん空に上がって…

全ページためしよみ
年齢別絵本セット