なつのもりの かぶとむし なつのもりの かぶとむし
文: 谷本 雄治 絵: サトウ マサノリ  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
夏がきた!夏の絵本、虫の絵本、カブトムシ絵本の新ていばんが出来ました!

なっちーままさんの公開ページ

なっちーままさんのプロフィール

せんせい・50代・東京都

なっちーままさんの声

5件中 1 〜 5件目最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい 大人になって・・・  投稿日:2007/05/09
花さき山
花さき山 作: 斎藤 隆介
絵: 滝平 二郎

出版社: 岩崎書店
母に読んでもらった大好きだったお話のはずなのに、覚えているのは黒いページに咲く鮮やかな花の色。あれから30年以上が過ぎ、何故かどうしても読みたくなった。ああ、今ならわかる。姉の優しさ。母のほっとした思いと同時に感じる切なさ。そして願う。人の優しさで咲く花でいっぱいの山が人知れずどこかに存在する事を・・・
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 今更ですが・・・  投稿日:2007/02/28
あらしのよるに
あらしのよるに 作: きむら ゆういち
絵: あべ 弘士

出版社: 講談社
数多くの評価を読みながら、
映像化されたことも気に入らず、
そっぽを向いていたへそ曲がり・・・
でも、やっぱり気になって仕方がない
まずは本屋で立ち読み
あ〜はまった!
とその場で「あるはれたひに」まで衝動買い。
大人の私が読むには絵なんて必要ないのかも・・・
ただ、自分の心の中でドキドキを味わいながら、
何度も何度も楽しんだ。
今、3歳児の子ども達にも、この楽しさを味わって欲しいと
読み手側の勉強中。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 字なんていらない  投稿日:2006/09/01
かようびのよる
かようびのよる 作・絵: デヴィッド・ウィーズナー
訳: 当麻 ゆか

出版社: 徳間書店
初めてページを開いた時から、はまってしまいました。
文字のない絵本。でも、頭の中で言葉が次々に沸いてくる。
それも「うわ〜お!」とか「やっほ〜っ!!」「うっ!?」「よし、いくぞ〜!」「急げ」「フムフム」なんていうボキャブラリーなさすぎと思える言葉ばかり。
火曜日の夜、空に飛び立つカエルたちの姿がとにかく楽しい。最後のページがまた最高!このお話はきっとエンドレス。
文字を追って絵本を読むのは大人だから?子どもはきっと絵からの発見を楽しんでいるんだと実感できる絵本です。
参考になりました。 1人

自信を持っておすすめしたい 夢?現実?  投稿日:2006/09/01
わらっちゃった
わらっちゃった 作・絵: 大島 妙子
出版社: 小学館
決して可愛くもなく、メルヘンでもない。
むしろグロテスクともいえる女の子の表情。
でも、小学生の女の子の「けんか」の気持ちが手に取るようによくわかる。
そして・・・そこから先は夢か現実か?
ついたところは「おばけよせ」
ページいっぱいに広がる「おばけ寄席」にはどこを見ても笑いがいっぱい。
めでたしめでたしなんて、その後でもいいじゃない?
やっぱり笑いが一番大切!!
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい お勧めなのに・・・  投稿日:2006/08/30
ママ、ママ、おなかがいたいよ
ママ、ママ、おなかがいたいよ 作: レミー・シャーリップ バートン・サプリー
絵: レミー・シャーリップ バートン・サプリー
訳: つぼい いくみ

出版社: 福音館書店
20年数年前、保育園の実習で毎日「よんで」とリクエストされた絵本でした。その時はこどもの反応にばかり気持ちが傾き、楽しさを共有するまでにどのくらい時間がかかったでしょう。でも、その後も忘れられない1冊に。影絵のような絵の美しさに「エ〜ッ!?」と思わせる不思議な展開。そして最後の想像を膨らませながらのEND。
ただひとつ・・・今ではなかなか手に入らない1冊のようで残念です。
参考になりました。 0人

5件中 1 〜 5件目最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

せなけいこさん 絵本作家デビュー50周年記念連載 せなさんを囲む人たちインタビュー

出版社おすすめ

  • はりきりみかん
    はりきりみかんの試し読みができます!
    はりきりみかん
    作・絵:じゃんぼ かめ 出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    いつも元気なはりきり子どもみかん、こたつの中でたいへんなことに・・・!

全ページためしよみ
年齢別絵本セット