なすのぼうや なすのぼうや
作: 久住 卓也  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
なすのぼうやは小さなむらさき色のぼうしが大のお気に入り。ところが、そんなぼうしが風にとばされてしまいました。どうしよう!

ruruママさんの公開ページ

ruruママさんのプロフィール

ママ・40代・青森県、男の子7歳

ruruママさんの声

19件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
なかなかよいと思う なつ  投稿日:2013/06/14
とびだす!うごく! うみのいきもの
とびだす!うごく! うみのいきもの 出版社: 小学館
4か月の息子と。

『うみのいきもの』とあるので、中も水色におさかながいる感じのページが多く、涼めます。

想像よりも立体的に出てくるタコやイカなどに息子も目を大きくして見ています☆
絵もはっきりしているのでなおよいです。

同じシリーズの水族館も楽しみ☆
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ひよこが  投稿日:2013/06/14
おでかけ版ボードブック いないいないばああそび
おでかけ版ボードブック いないいないばああそび 作・絵: きむら ゆういち
出版社: 偕成社
4か月の息子と。

最初は、私が絵が好みでなく(すみません)迷っていたのですが、いないいないばあをしたくて、ボートブックを購入。

やっぱり、定番は違いますね。
絵もはっきりしているので、見やすいのかひよこのページで、ニコニコしてくれます☆
仕掛けも、いないいないばあにぴったりで楽しめています。
参考になりました。 0人

ふつうだと思う もう少し  投稿日:2013/06/14
あかちゃんのためのえほん(13)いないいないばあ(1)
作・絵: いもと ようこ
出版社: 講談社
4か月の息子と。

妊娠中に買った最初のいないいないばあの本。
いもとようこさんの絵でやわらかくてかわいいしボートブックなので私はいいと思うんですが・・・
絵のやわらかさゆえに、息子にはまだ見えにくいのか、はっきりした絵のものより、反応が薄いです・・・

もう少ししたら、また変わってくるかも!!
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う ゴーゴーゴー  投稿日:2013/06/14
はしれはしごしゃ
はしれはしごしゃ 作・絵: 間瀬 なおかた
出版社: ひさかたチャイルド
4か月の息子と。

男の子は乗り物好きを信じて。
まだまだ、絵本として楽しめてはいないかもだけど・・・
『はしれ はしごしゃ ゴーゴーゴー』の繰り返しには反応している!!

今のところ、『でんしゃでいこう でんしゃでかえろう』や『ドライブに いこう』の中では、1番反応アリ。
赤くて大きなはしごしゃは見やすいのかな?
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う ぱら ぱら ぱらん  投稿日:2013/06/14
こぐまちゃんのみずあそび
こぐまちゃんのみずあそび 作: わかやま けん
出版社: こぐま社
4か月の息子と。

定番こぐまちゃんシリーズから、夏っぽくみずあそびを。

おはなやきんぎょ、ありさんなどもでてきます。
はっきりした色使いなので、絵をじっとみています。

まだ、お話はわかってないと思うけど、表紙のホースで水浴びしているシーンと最後のシャワーのシーンに音をつけて交互に見せると喜びます☆
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 雨の日に  投稿日:2013/04/19
あめふり
あめふり 作・絵: さとう わきこ
出版社: 福音館書店
これかの雨の日に読もうと、有名なばばばばあちゃんシリーズから。

雨の日が長く続き、うんざりしたばばばばあちゃんは、予想外の作戦でお天気をかえちゃいます☆
途中経過は、ものすごいことになってるのに動じないばばばばちゃん。


そして、おおぜいのかみなりさまの絵がかわいいです。
こっそり(?)登場しているせんたくかあちゃんも☆

同じ作者だからできるわざ、大好きです☆


参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 洗濯大好き  投稿日:2013/04/19
せんたくかあちゃん
せんたくかあちゃん 作・絵: さとう わきこ
出版社: 福音館書店
ばばばばあちゃんシリーズの『あめふり』に、登場していたので、きになり読みました。

こちらも、豪快なかあさんがなんでも洗濯しちゃいます☆
見ていると気持ちがよくなるほどの、干された洗濯モノの多さ☆☆

すると、やったきたのは、洗濯モノの敵『雷さま』!!
だけど、やっぱりかあさんはなんだって洗っちゃいます。

読むとすっきりする絵本です☆
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい さんぽさんぽ  投稿日:2013/04/19
ぞうくんのさんぽ
ぞうくんのさんぽ 作・絵: なかの ひろたか
出版社: 福音館書店
旦那が小さいころに読んだ本シリーズから子供に読んであげたい絵本。

さんぽに出たぞうくんが、途中であったこたちを乗せながらさんぽを続けます。
だけど、さすがのぞうくんも重くなってきて・・・

読むと思っていたより、テンポよくすすみ、物足りないということもなく、長く読まれているだけあるなぁと思いました。

続編も気になります(シリーズものに弱い・・・)
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う どこまでも  投稿日:2013/04/19
かぶさんとんだ
かぶさんとんだ 作・絵: 五味 太郎
出版社: 福音館書店
某お買いものサイトのおススメに出てきて、五味太郎さんだったので、こちらで購入してみました。

全体的に黄色いフィルターをかけたような絵で話は進みます。

あるひ、台所のかぶさんがとんでいきます。
続いて、窓辺のてるてるぼうずくんも、海へ出るとたこさんも・・・
そして、まだまだ、みんなはとんでいきます。


字数は少ないですが、いろんなものが描かれているので、子どもと話しながら読めそうです☆
参考になりました。 0人

ふつうだと思う いろいろ  投稿日:2013/04/18
へえーすごいんだね
へえーすごいんだね 作・絵: きたやまようこ
出版社: 偕成社
こちらは、あかたろうシリーズの2巻。

今度は、鬼の子たちが、それぞれの体の色の成り立ち(??)を話していくというお話。


大人には、だいたい想像できちゃうけどわかるまでの過程は楽しく読めるので、子どもと「なんだろうね?」と話しながら読めそう。
参考になりました。 0人

19件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

【連載】こんにちは!世界の児童文学&絵本 オランダ<前編>

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット