もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!

じゃがーさんの公開ページ

じゃがーさんのプロフィール

ママ・20代・京都府、男5歳 男3歳

じゃがーさんの声

42件中 31 〜 40件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい がちーんってなっちゃった!  投稿日:2008/10/24
さむがりやのねこ
さむがりやのねこ 作・絵: 渡辺 有一
出版社: フレーベル館
「ねこさん、さむいさむいっていってるね〜。」と、
自分も寒がり屋の息子は、ねこに共感しながら読んでいるようでした。
洗濯機で洗われてしまうところでは、顔をしかめていました。
そして干されて凍ってしまったねこをみて、息子は
「がちーんってなっちゃった!」と大ショック!
でも最後は、「もうさむくないね〜。もうさむくないんだって〜。」と、安心していました。

ハラハラして、最後はにこにこ。
とってもたのしい絵本でした。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい リアルでかわいい  投稿日:2008/10/24
おかあさんといっしょ
おかあさんといっしょ 作・絵: 藪内 正幸
出版社: 福音館書店
図書館で、二歳の息子が表紙を見て「パンダだ!」と持ってきました。
最初は、「いぬ!」「ねこ!」と言いながらどんどんページをめくってしまうので、最後までひととおりみて、それから二度目に、ちゃんと文章もゆっくり読みました。
動物が好きな息子はこの本を気に入ったようで、借りて帰って何度も自分でページをめくっていました。
お気に入りのきりんのページをずーっとみていたり、小さい子でも、ひとりでも楽しめる絵本です。
どうぶつの絵本はたくさんありますが、絵がとても正確なところが素晴らしいと思いました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい どうぶつの名前の駅名がたのしい  投稿日:2008/10/24
でんしゃにのって
でんしゃにのって 作: とよた かずひこ
出版社: アリス館
「つぎはだれが乗ってくるかな?」
「やっぱり!」
という、繰り返しがとってもたのしいようでした。

予想するわくわくと、予想通りの安心と満足。

シンプルだからこそ、何度でも楽しめる絵本だと思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい おんなじだね!  投稿日:2008/10/01
くだもの
くだもの 作: 平山 和子
出版社: 福音館書店
息子が一歳になるまえに、表紙のさくらんぼの絵に惹かれて購入しました。

くだものが大好きな息子。
「さあどうぞ」というと、ほんものそっくりな絵に手をのばして、食べるようなしぐさをしていました。

二歳になったいまは、家でくだものを食べるたびに、
「えほんとおんなじだね!」といってこの本を出してきてその果物のページ(ぶどうならぶどうのページ)をひらいて見せてくれます。
そういうわけで、我が家の「くだもの」の本は、ぶどうやら、梨やら、りんごやらの果汁でよれよれになってしまいました。

正確で美しい絵が魅力です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい いっしょににこにこ  投稿日:2008/10/01
ノンタンにんにんにこにこ
ノンタンにんにんにこにこ 作・絵: キヨノ サチコ
出版社: 偕成社
息子が一歳のとき、この絵本が大好きでした。
好きすぎて、終わりがくるのが悲しいらしく、いつも最後のページが近づいてくるとべそをかき始め、「もう一回!」と泣いてしまうほどでした。
二歳になった今は、すこし余裕が出てきて、「わらってるねー。かめさんもわらってるよ。」「べーってしてるねー。」と、楽しく読んでいます。

我が家のおやすみ前の定番絵本です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい どこでも、いないいないばあ  投稿日:2008/10/01
おでかけ版ボードブック いないいないばああそび
おでかけ版ボードブック いないいないばああそび 作・絵: きむら ゆういち
出版社: 偕成社
息子が一歳のとき、長距離の移動がある旅行のときにこの本が重宝しました。
どこでもさっと取り出して、遊びながら読むことができるので、移動中の退屈な時間も楽しく過ごすことができました。

家で読むときも、こどもがばたんばたんと勢いよくページをめくっても破れたり壊れたりしないので、丈夫なボードブックがオススメです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う いっしょに、ぴょーん!  投稿日:2008/09/30
ぴょーん
ぴょーん 作・絵: まつおか たつひで
出版社: ポプラ社
ページをめくるたびに、いろんなどうぶつが、ぴょーん。
すぐに楽しくなって、息子もいっしょに「ぴょーん」と言いながら飛び跳ねます。
最後に「○○くんも、ぴょーん」というと、大喜び。

まだおはなしを楽しむのは難しいちいさい子でも、絵本って楽しい!と思える本だと思います。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う わくわくがいっぱい  投稿日:2008/09/30
じどうしゃがいっぱい
じどうしゃがいっぱい 作: リンダ・ハワード シャロン・ホウム
絵: リンダ・ハワード シャロン・ホウム
訳: かがわ けいこ

出版社: 大日本絵画
自動車好きの息子が、ぜったい気に入るだろうな〜と思い、購入しました。

案の定、息子はひとめ見るなり大興奮!

ふつうにページをめくって読むこともあるし、ながーくのばして自動車が走っているように引きずって遊んでいることもあります。「本はだいじにね〜」と注意しますが、夢中になっているときは仕方が無いことかな・・・とも思っています。この本は、ちいさい子がちょっと乱暴な遊び方をしても、丈夫なつくりになっているので、安心です。

それぞれの自動車にめくるところがついていて、中の様子が見られるようになっているところも気に入っているようです。
自分で、じゅんばんに扉をめくっては、うれしそうにしています。

わくわくが、いっぱいつまった絵本です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい おいしいおいしいね〜  投稿日:2008/08/26
ぐりとぐら
ぐりとぐら 作: 中川 李枝子
絵: 大村 百合子

出版社: 福音館書店
息子は2歳をすぎて、お話ものの絵本が好きになりました。

なかでも『ぐりとぐら』はいちばんのお気に入り。
どうぶつたちとみんなでカステラを食べるシーンでは、どうぶつをひとつひとつ指さしながら、「ぞうさん、おいしいおいしいね〜。」「うさぎさん、おいしいおいしいね〜。」と言っています。
息子の可愛い声とともに、わたしの口の中にもあまい「おいしいね〜」が広がるようです。

私もこどものころから、ずっと大好きな絵本ですが、息子と一緒にページをめくるとき、いままでにない幸福感につつまれます。
こどもと一緒に、絵本と出会い直させてもらっているようです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 思わず微笑んでしまいます(^-^)  投稿日:2008/06/04 9:27:00
ラチとらいおん トートバッグ M オレンジ
税込価格: \1,980
『ラチとらいおん』は、2歳の息子の最近のお気に入り絵本です。
届いたかばんを見るなり、「らいおん!」と大喜び。さっそくお気に入りの新幹線のおもちゃを入れて遊んでいました。
お母さん(私)用に買ったんだけどなー・・・。

元気が出てくる鮮やかなオレンジと、かわいいデザインが気に入りました。しっかりとした生地と作りなので、図書館用のかばんにする予定です。

42件中 31 〜 40件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 次の10件 最後のページ

【連載】こんにちは!世界の児童文学&絵本 オランダ<前編>

出版社おすすめ

  • なまえのないねこ
    なまえのないねこの試し読みができます!
    なまえのないねこ
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    ぼくは ねこ。なまえのない ねこ。ひとりぼっちの猫が最後にみつけた「ほんとうに欲しかったもの」とは…

全ページためしよみ
年齢別絵本セット