すうじかるた 100かいだてのいえ すうじかるた 100かいだてのいえ
作: いわい としお  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
かるた以外の遊び方もたくさん! 絵本から生まれたあたらしいかるた
りおらんらんさん 30代・ママ

買ってよかったです
100かいだてシリーズ。子供たちが大好…

うめちびさんの公開ページ

うめちびさんのプロフィール

ママ・30代・富山県、女の子7歳 男の子4歳

自己紹介
2人の子供がいる31歳です。絵本と、絵本のある暮らしを大事にしています。
好きなもの
おひるね、うめぼし、チョコレート。それから本。小説も絵本も大好きです。
ひとこと
小さい頃読んだ本。ちょっと大きくなってから読んだ本。そして子どもが生まれて一緒に読む本。
いつもそこに絵本があったような気がします

うめちびさんの声

107件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい 一緒に楽しく、むすべちゃう!  掲載日:2018/1/23
くつひもトレーニングブック
くつひもトレーニングブック 著: Lake Press
出版社: 東京書籍
あまり大きな声では言えませんが、私はひもを結ぶのが苦手。
くつひもなんてすぐに解けてしまうし、かっこよく結べないし、面倒なのでひもなしの靴を選ぶこともしばしば。
くつではなかったのですが最近娘が、結び方を教えてといってきてドッキリしました。上手な夫にバトンタッチしましその場はなんとか逃れました。そんなときに出会ったのがこの本です。いろんな結び方をとってもわかりやすく、そして楽しく教えてくれます。子どもにもわかりやすい表現だし、大切なポイントが紹介されているので基本的な結び方が楽しみながら学べます。
自分の小さい頃に出会いたかったなぁと思ってしまいますが、今からでも遅くありません。子どもと一緒にひも結びを楽しめます。付録も素晴らしく、よく考えられています。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい とってもかわいい!  掲載日:2017/12/25
ぼくのにゃんた
ぼくのにゃんた 作: 鈴木 康広
出版社: ブロンズ新社
わがやでこの本をよんだあと、にゃんたさがしを子どもたちがしていました。
この本のなかには、とてもかわいいにゃんたとぼくの離れられない絆が、くすりとわらえるユーモアといっしょに描かれています。
子どもたちは、にゃわーが好きでした。
何度読んでも、惹きつけられる本で、我が家の「これ読んで」頻度の高い1冊です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 静かな世界  掲載日:2017/12/24
スノーマン とびだすアコーディオンブック
スノーマン とびだすアコーディオンブック 作: レイモンド・ブリッグズ
出版社: 評論社
懐かしいお話に飾っても素敵なアコーディオンブックとして再会できました。
幼い頃読んだとき、お話が書かれていないこの本の世界に深く惹きつけられたことを思い出しました。
文字がないことで音のない、しんとした雪の日に起こった不思議な出来事をとても美しく表現していて、スノーマンがやってきたときのワクワクした気持ちや、
空を飛ぶ驚き、朝がやってきてスノーマンがいなくなってしまったときの悲しさがシンプルに感じられます。
それから数十年娘と一緒にこの作品を読むことができて嬉しかったです。
とびだすアコーディオンブックになったことで、飾っても素敵だし、クリスマスが来るたびにこのお話やスノーマンに会えることが嬉しいです。
娘はこのお話をよんですぐ、雪だるま作りにとりかかっていました。
何年たっても美しいおはなしです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい こりゃすごい!  掲載日:2017/12/1
わくせいキャベジ動物図鑑
わくせいキャベジ動物図鑑 作: ツペラ ツペラ(tupera tupera)
出版社: アリス館
この本を読むとどこかでみたことのある野菜や果物が、
動物に見えてくるのです。子どもたちと読みましたが、ある日の夕飯で
「あ!トマトン」と娘が見つけて依頼しばらくは、我が家でわくせいキャベジの動物探しがはじまりました。スーパにいっても、モロコシギツネいたよといった具合。私たちがキャベジにいるような、キャベジから動物たちがやってきたような、とにかくおもしろい図鑑です。絵だけじゃなくて、それぞれの生態もじっくり読んでしまいました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい たまらにゃい!  掲載日:2017/12/1
ノラネコぐんだん パンこうじょう
ノラネコぐんだん パンこうじょう 作: 工藤 ノリコ
出版社: 白泉社
まるで我が家の子どもたちのようなノラネコぐんだん。
なんだか調子もいいし、やることもいたずらっこのようだけど憎めない。
おいしそうなパンをみて、にゃにやらにゃーにゃー言っています。そこでみようみまねでパンをつくるためにがんばります。がんばっているところもまたかわいい。失敗して怒られているところもまたかわいい!
うちの子どもたちはこの本が大好きで、シリーズ全て持っています。
ノラネコぐんだんはもちろん、パンや、出てくるキャラクター全てがそれぞれ絶妙で、ページの隅から隅までじっくり楽しめる絵本です。
大人も子どももその魅力にはまってしまう、おもしろくてたまらにゃい1冊です!
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 賢治のことば  掲載日:2017/11/28
雨ニモマケズ
雨ニモマケズ 作: 宮沢 賢治
絵: 柚木 沙弥郎

出版社: 三起商行(ミキハウス)
小学生のころ、国語の時間にこの「雨ニモマケズ」を必死に暗唱できるよう覚えた記憶があります。
その頃は、言葉の持つ意味は先生や辞書が教えてくれるものひとつでなんだかおもしろい言葉だなと思っていました。
それから歳月や経験を重ねて、本を通してもう一度出会った時まったく違ってみえました。
1ページに少しの言葉と、言葉の世界を広げてくれる柚木沙弥郎さんの絵が描かれていて賢治の想いがすっと入ってきました。
賢治のことばがその時の時代や、自分を映す鏡のように思え、じわーっと広がりました。
娘や息子とも読んだのですが、子どもたちは「ソウイウモノニ ワタシハナリタイ」の響きが気にいったのか声を揃えてよんでいました。次に読むときはまた違った風に届くのかなと思いながら余韻にひたりました。

賢治が、手帖にそっと書いた想いが伝わってくる本です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ことばも世界もひろい  掲載日:2017/11/28
なくなりそうな世界のことば
なくなりそうな世界のことば 著: 吉岡 乾
イラスト: 西 淑

出版社: 創元社
自分が知らないどこかの国で、同じものを見ても全く違うことばでそれを語る人たちがいて、その人たちの文化や家族や、日々の生活を営んでいることに想いをはせました。
本に出ていることばは、発音やアクセントもわからないけれど、描かれている絵や、意味を読むと、なんだかとってもすっと心に落ち着いて広がります。
だけど、これらは「なくなりそうな」ことばたちなんだと思うと、なくならないでとせつなくなってしまうのですが、世界の広さや美しさを感じてとてもあたたかい気持ちになる本です。ことばを大事にしていきたいなぁ。
大切な人におくりたいえほんです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい わくわくがいっぱいの本  掲載日:2017/11/22
りっぱなマジシャンへの道
りっぱなマジシャンへの道 文: マット・エドモンドソン
絵: ギャリーパーソンズ

出版社: あすなろ書房
最近マジックに夢中の1年生の娘と一緒に読みました。
ちょっと娘には早かったので読み聞かせをしながら読んでいたのですが
気づけば大人も夢中になっていました。
正直、マジック重視であんまり本格的なお話じゃないのかなと先入観があったのですが、とんでもありません。
お話も楽しいし、ちょっとしたしかけにふれながら、世界一のマジシャンへの道を歩んでいきます。おくりものとしても喜ばれるなと思いました。

参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい にこはないけど、にっこり  掲載日:2017/11/15
いっこ さんこ
いっこ さんこ 作: 及川 賢治 竹内 繭子
出版社: 文溪堂
いっこのつぎは、にこじゃないところが娘と息子は気に入ったようで、
いっこさんことリズミカルに読んでいました。
ぼくたちが赤ちゃんに読んであげるんだといって一番下の赤ちゃんに読んであげています。
大人はついつい1個がきたら、次は2個かなと思ってしまいがちですが
次に3個がくることがなんだかとっても新鮮でした。
とてもシンプルだけど、音の繰り返しや、色使いが赤ちゃんにぴったりだなと思って読んでいます。
書いてある絵のちょっとした違いもまた楽しいです。
この本に、2個はないけど、楽しくて思わず笑顔、みんなの顔に「にこっ」が浮かぶ絵本ですよ!
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う みんながそれぞれ楽しみました  掲載日:2017/10/20
JR私鉄全線 地図でよくわかる 鉄道大百科
JR私鉄全線 地図でよくわかる 鉄道大百科 出版社: JTBパブリッシング
ふりがながついているのでみんなでよめました。図鑑もひらがなも大好きな4歳の息子は、自分のペースで電車の写真をみたり、名前を覚えて読んでいました。6歳の娘は、地図に興味があったようで、これはどこどこと言いながらじっくり読んで、大人は解説や路線の地図や特徴になるほど!と学ぶ楽しさを思い出しながら読みました。
地方に住んでいる私たちには、知識もなじみのない鉄道がほとんどで、
家族で楽しみながら旅行気分も楽しめました。自分たちの住んでいるところのページや、知っている車両があると、あ!知ってる!と賑やかな声。いつか行けたらと夢見て、それぞれが楽しんだ本でした。
結構読み応えがあって何度でも楽しめますよ。
参考になりました。 0人

107件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

『寿命図鑑』『失敗図鑑』制作者インタビュー

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット