うまはかける うまはかける うまはかけるの試し読みができます!
文: 内田 麟太郎 絵: 山村 浩二  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
ナンセンス絵本の決定版!
ヒラP21さん 60代・パパ

いろんな「かける」
「うまは駆ける」、「うま歯欠ける」と言…

うめちびさんの公開ページ

うめちびさんのプロフィール

ママ・30代・富山県、女の子7歳 男の子5歳

自己紹介
2人の子供がいる31歳です。絵本と、絵本のある暮らしを大事にしています。
好きなもの
おひるね、うめぼし、チョコレート。それから本。小説も絵本も大好きです。
ひとこと
小さい頃読んだ本。ちょっと大きくなってから読んだ本。そして子どもが生まれて一緒に読む本。
いつもそこに絵本があったような気がします

うめちびさんの声

112件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい はふんと食べちゃいます  投稿日:2018/09/13
そらから ぼふ〜ん
そらから ぼふ〜ん 作: 高畠 那生
出版社: くもん出版
空から突然ふってくるホットケーキ。どうして?そんなことはおかまいなくどーんとそこにあるシロップたっぷりのおいしそうなホットケーキ。
我が家は、絶対食べちゃうよねということでまとまりました。ついでにいうと、ほっとけないよね、こんなホットケーキ。などとダジャレが飛び出したほど。
絵本の中で、ホットケーキのなかに入って進んでいくところがあるのですが、我が家では食べながら進んじゃうよねと大盛り上がり。
ホットケーキのおいしそうなかおりがどこからか香ってくる絵本でした。ホットケーキの質感が上手な音になっていて、こんな風にホットケーキを感じさせてくれた高畠さんはさすがです!
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 遊んで学んで  投稿日:2018/08/07
シティーズ とうきょう
シティーズ とうきょう 作: IC4DESIGN
出版社: 昭文社
こんなユニークな切り口で東京を見たのははじめて。
地方に住んでいるので色々な意味で遠い東京が近く感じられました。
実際に地理を知っている大人も、あんまり知らない子どもも新鮮な見方と驚きでわくわくしながら読んだ本です。
他のシティーズも読みたいです!!
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい つながっていること  投稿日:2018/06/05
ちいさなあなたへ
ちいさなあなたへ 作: アリスン・マギー
絵: ピーター・レイノルズ
訳: なかがわ ちひろ

出版社: 主婦の友社
子育て真っ只中にいる私。子どもの成長は嬉しいけれど、その目まぐるしさに心のどこかでずっと小さいままの私の子でいて欲しいと思ってしまうことがあります。そんなときにこの本と出会いました。この本で描かれる景色はとてもシンプルなのに心に、優しくじわっと染み入ります。この本を読んで、かつてちいさかった私を守ってくれた母のことを思い、感謝し、これから大きくなっていく子どものことが愛おしくなり、輝く未来がまっていることを願う気持ちで心があたたかくなりました。
守られていた私が、見守る側になったんだなと気づかされました。いつか大きくなった娘にプレゼントしようと思います。そして母にもプレゼントしようと思いました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う にっこり  投稿日:2018/05/23
みんな みんな いない いない ばあ
みんな みんな いない いない ばあ 文: 今村 葦子
絵: 斎藤 隆夫

出版社: あすなろ書房
いないいいないばあが大好きな6ヶ月の息子に読みました。
いろんな生き物がいないいないばあをしてくれるシンプルな絵本なのですが
いないいいないばあをする生き物の鳴き声のところを読むとバタバタ手足を動かして喜びを表現してくれます。
いないいないばあのあと、よく笑ってくれるのですが。この絵本のかえるさんの表情に似たお口をあけたニッコリ顔がみられます。
赤ちゃんってどうしていないいないばあが好きなのかなと不思議に感じながらも、喜んでくれる姿が見られて繰り返し読みました。
シンプルな絵本とことばが、赤ちゃんと私をつないでくれるすてきな体験ができました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい でんしゃにのってしゅっぱーつ!  投稿日:2018/04/20
にじいろでんしゃ はっしゃしまーす!
にじいろでんしゃ はっしゃしまーす! 作・絵: 間瀬 なおかた
出版社: 学研
雨の日の保育園にやってきたにじいろのでんしゃに子どもたちが乗り込んでお話がはじまるのですが、絵本のなかの子どもたちと一緒になって電車にのっていろんなところに旅できる本です。トンネルのむこうに少しだけ見える世界にとてもわくわくします。そして、トンネルを抜けて広がる景色がとても楽しく、テンポよくお話がでんしゃとともに進んでいきます。
息子は何度見ても楽しいようです。見るたび楽しみ方が変化し、ページを行ったり来たりしてでんしゃの旅を楽しむこともあれば、それぞれのばしょの景色に描かれている細かなところを観察して楽しむこともあります。そんな息子の嬉しそうな顔が見られることや、間瀬さんの描くでんしゃの音は、読み聞かせをしていると本当にでんしゃが走っているようにきこえることから読んでいてとても楽しいです。
何度も読んだのですが、我が家では息子が、「にじいろでんしゃに乗ろうよ」とわくわくした顔でこの本を持ってひざにすわってきますよ。
でも、ページをめくればにじいろでんしゃがあっという間にお話の中に連れって行ってくれるので気持ちがわかります。
乗り物好きの男の子はもちろん、いろんな人が笑顔になれるオススメの絵本です。
参考になりました。 1人

自信を持っておすすめしたい 一緒に楽しく、むすべちゃう!  投稿日:2018/01/23
くつひもトレーニングブック
くつひもトレーニングブック 著: Lake Press
出版社: 東京書籍
あまり大きな声では言えませんが、私はひもを結ぶのが苦手。
くつひもなんてすぐに解けてしまうし、かっこよく結べないし、面倒なのでひもなしの靴を選ぶこともしばしば。
くつではなかったのですが最近娘が、結び方を教えてといってきてドッキリしました。上手な夫にバトンタッチしましその場はなんとか逃れました。そんなときに出会ったのがこの本です。いろんな結び方をとってもわかりやすく、そして楽しく教えてくれます。子どもにもわかりやすい表現だし、大切なポイントが紹介されているので基本的な結び方が楽しみながら学べます。
自分の小さい頃に出会いたかったなぁと思ってしまいますが、今からでも遅くありません。子どもと一緒にひも結びを楽しめます。付録も素晴らしく、よく考えられています。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい とってもかわいい!  投稿日:2017/12/22
ぼくのにゃんた
ぼくのにゃんた 作: 鈴木 康広
出版社: ブロンズ新社
わがやでこの本をよんだあと、にゃんたさがしを子どもたちがしていました。
この本のなかには、とてもかわいいにゃんたとぼくの離れられない絆が、くすりとわらえるユーモアといっしょに描かれています。
子どもたちは、にゃわーが好きでした。
何度読んでも、惹きつけられる本で、我が家の「これ読んで」頻度の高い1冊です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 静かな世界  投稿日:2017/12/20
スノーマン とびだすアコーディオンブック
スノーマン とびだすアコーディオンブック 作: レイモンド・ブリッグズ
出版社: 評論社
懐かしいお話に飾っても素敵なアコーディオンブックとして再会できました。
幼い頃読んだとき、お話が書かれていないこの本の世界に深く惹きつけられたことを思い出しました。
文字がないことで音のない、しんとした雪の日に起こった不思議な出来事をとても美しく表現していて、スノーマンがやってきたときのワクワクした気持ちや、
空を飛ぶ驚き、朝がやってきてスノーマンがいなくなってしまったときの悲しさがシンプルに感じられます。
それから数十年娘と一緒にこの作品を読むことができて嬉しかったです。
とびだすアコーディオンブックになったことで、飾っても素敵だし、クリスマスが来るたびにこのお話やスノーマンに会えることが嬉しいです。
娘はこのお話をよんですぐ、雪だるま作りにとりかかっていました。
何年たっても美しいおはなしです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい こりゃすごい!  投稿日:2017/11/30
わくせいキャベジ動物図鑑
わくせいキャベジ動物図鑑 作: ツペラ ツペラ(tupera tupera)
出版社: アリス館
この本を読むとどこかでみたことのある野菜や果物が、
動物に見えてくるのです。子どもたちと読みましたが、ある日の夕飯で
「あ!トマトン」と娘が見つけて依頼しばらくは、我が家でわくせいキャベジの動物探しがはじまりました。スーパにいっても、モロコシギツネいたよといった具合。私たちがキャベジにいるような、キャベジから動物たちがやってきたような、とにかくおもしろい図鑑です。絵だけじゃなくて、それぞれの生態もじっくり読んでしまいました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい たまらにゃい!  投稿日:2017/11/29
ノラネコぐんだん パンこうじょう
ノラネコぐんだん パンこうじょう 作: 工藤 ノリコ
出版社: 白泉社
まるで我が家の子どもたちのようなノラネコぐんだん。
なんだか調子もいいし、やることもいたずらっこのようだけど憎めない。
おいしそうなパンをみて、にゃにやらにゃーにゃー言っています。そこでみようみまねでパンをつくるためにがんばります。がんばっているところもまたかわいい。失敗して怒られているところもまたかわいい!
うちの子どもたちはこの本が大好きで、シリーズ全て持っています。
ノラネコぐんだんはもちろん、パンや、出てくるキャラクター全てがそれぞれ絶妙で、ページの隅から隅までじっくり楽しめる絵本です。
大人も子どももその魅力にはまってしまう、おもしろくてたまらにゃい1冊です!
参考になりました。 0人

112件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

ミキハウスの「宮沢賢治の絵本」シリーズ  とことん語ろう!【座談会】編集者・松田素子さん、絵本ナビ編集長・磯崎園子、絵本ナビライター・大和田佳世

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット