オオイシさん オオイシさん オオイシさんの試し読みができます!
作: 北村 直子  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
全ページ立ち読み公開中! はたらく石のオオイシさん♪
ぼんぬさん 40代・ママ

売れっ子俳優オオイシさん!
大きな石のオオイシさんは、すもう部屋で…

絵本と一緒さんの公開ページ

絵本と一緒さんのプロフィール

ママ・40代・石川県、女18歳 男15歳 女13歳

自己紹介
大・高・中学生になった子供達
成長を一緒に見守ってくれた「絵本」に感謝♪
ブログ/HP
今はすっかり絵本から離れてしまいましたが
大きくなった子供達との泣き笑い日記です。
良かったら遊びに来てください。

絵本と一緒さんの声

77件中 41 〜 50件目最初のページ 前の10件 3 4 5 6 7 ... 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい 親子の絆に感動です  投稿日:2007/07/04
マリールイズ いえでする
マリールイズ いえでする 作: ナタリー・サヴィッジ・カールソン
絵: ホセ・アルエゴ
訳: 星川 菜津代

出版社: 童話館出版
子供がいたずらをすると親は注意します。
大人は注意のつもりでも、子供は「怒られた・否定された」と取る事もシバシバ。

マリールイズ、マングースの女の子は
「お母さんは手のかかる子供が嫌いでしょ。新しいお母さんを探しに行くわ」と家出を決意します。

1日に何度も「何やってるのー!!」と怒る(注意)親を前に
「新しい優しいお母さんがいたらいいな」とうちの子供達3人も共感?してたみたい。
「友達のお母さんは優しくていいな」と映りますよね。

マリールイズは何人ものお友達の家でお母さんに
「新・子供にして宣言」!!
そのお願いの言葉の変化でマリールイズの成長が見え隠れします。

お母さん探しがムリならお父さんを探そう!まだ前向き(?)
難航しそうな「私が安心できる居場所さがし」
マリールイズは最後の切り札、魔法で「自分のゴール」を教えてもらいます。

新しい居場所を教えてもらったマリールイズ!
速く速く速く!! いなびかりよりも速く走ります!!
その間 今日自分が見てきたお友達の家を振り返りながら。

「家出する」子供の「空腹を気遣う」お母さんの大きな愛。

ラストシーン・・決して動かない親子の絆に感動です。

表現が失礼かも知れませんが
「にょろにょろ」した「ゆるくてあたたかい」雰囲気
子供達はすごくお気に入りでした。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 伝えられたかなぁ  投稿日:2007/07/04
ぼくにげちゃうよ
ぼくにげちゃうよ 作: マーガレット・ワイズ・ブラウン
絵: クレメント・ハード
訳: 岩田 みみ

出版社: ほるぷ出版
子供より私が大好きな絵本です。

イライラ!!カリカリ!! 

小さな子供時間って大人になってしまった自分には
全然 歯車が合わず
毎日毎日 もの凄い大声を張り上げて怒っていました。

たくさん試されてたのかなぁ・・・

子供が県外で住む旅立ちの時期になってやっと
「ぼくにげちゃうよ」の本質が少し見えてきた気がします。

ちいさな「ぼく」は一所懸命 お母さんから逃げようと考えます。
でも「私のかわいい坊や」のため
お母さんはどんな時でも一番ベストな方法で子供を守ります。

「自分が一番愛されてる」
大切なメッセージ どれくらい伝えられたかなぁ・・

まだ自分の言葉で言えないほど奥が深い
「ぼくにげちゃうよ」

出会った時 是非手にしてみてください!
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい すごく美味しそう!  投稿日:2007/07/03
なにをたべてきたの?
なにをたべてきたの? 文: 岸田 衿子
絵: 長野 博一

出版社: 佼成出版社
「食事が基本」
食べると身体がちゃんと変化します!
表情がとっても「いいお顔」になります!

お友達からも「きれいだね」と言われて ますます嬉しい♪

何種類もの ぶたさん登場。
子供達は こんなにいろんなぶたさんがいることにビックリしていました。

「お腹が減ったから何か食べたいな」

ページに入りきらない おっきなぶたさん
リアル大の 美味しそうな果物。

子供達も一緒に口を開けて食べているようでした。
最後の ぐるぐるぐる・・も もちろんお布団の上で実演!

たくさん食べて おおきくなあれ♪
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 大切なルール  投稿日:2007/07/03
あかいひかり みどりのひかり
あかいひかり みどりのひかり 作: マーガレット・ワイズ・ブラウン
絵: レナード・ワイズガード
訳: 谷川 俊太郎

出版社: 童話館出版
静かでとても安心できる絵本
3人とも好きでした。

一定のルールを皆が守るから いつも通り「おはよう」
いつも通り「おやすみなさい」で今日が終わっていく。

みどりのひかり みんな「すすめ」
あかいひかり みんな「とまれ」

細部までとても丁寧な絵に吸い込まれそうです。
「よるだから」
ちゃんと帰って行く場所を見るのが嬉しそうでした。

「みどりはすすめ」「あかはとまれ」
大切なルール・基本は何度も繰り返し伝えなければ身につきません。

みんなが守るから ほら 
今日も素敵な「おはよう!」が始まります。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい スカッとするスイカのお話  投稿日:2007/07/02
すいかのたね
すいかのたね 作・絵: さとう わきこ
出版社: 福音館書店
江戸っ子? の語り口がおもしろい!
迫力満点ばばばあちゃんシリーズ。

それを見ていたのが 「○○だ」
この部分を一緒に言うのが好きだった子供達。
で 大笑いしてるです!

歌のような元気ある文章が スイカの元気をますます勢いつけて
読んでる方もノリノリ。聞いてる方もノリノリになります!!

ゆっくり眠りたいのに起こされ声をかけられ「はい、さようなら」
これじゃ 誰でも・・スイカだって怒りますよね。

怒って自分の得意中の得意なもので勝負する!
かっこいぃ〜〜♪
ちゃーんと「言いたい事を言ってから」

スカッとするスイカのお話です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい いいもの みつけてね!  投稿日:2007/07/02
だるまちゃんとてんぐちゃん
だるまちゃんとてんぐちゃん 作・絵: 加古 里子
出版社: 福音館書店
素敵な発想やアイディアを生み出すのは1人じゃ限界があるけれど
仲間・チームワークがあれば 何でも出来る。

ちいさいだるまちゃんは一緒に遊んでいるてんぐちゃんの持っている物が欲しくなります。

家に帰って おおきいだるまどんにお願いします。
おおきいだるまどんが用意してくれた物と
何気ない周りの家族の様子を見て だるまちゃんは「気がつきます」

それを「いいものだね」といつも褒めてくれる
てんぐちゃんが素晴らしい!

【てんぐちゃんへの完成間近】のラストオーダー!?
ものすごーーく笑った笑った「ビックリ顔」
と どこかで絶対使いたくなる「おおまちがいのとんちんかん」

子供達はドドーーンと勢ぞろいした見開きページを
これは私ーー! これ僕ーー!
と いつも取り合いしていました。

読むたび 違うのを選ぶのに「今日は雨だったから」など
理由があるのでそれも発見でした。

その日のお天気 読む年齢 大人になった今でも新鮮な絵本。
1人じゃ前に進めない時も 
身近な誰かに相談すれば解決する、かも知れない。

欲しかったものを工夫したから、同じじゃないから 
どんな実を結ぶかが楽しみになって来ます。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい いいですか? いいですよ♪  投稿日:2007/06/29
てぶくろ
てぶくろ 作: (ウクライナ民話)
絵: エウゲーニー・M・ラチョフ
訳: 内田 莉莎子

出版社: 福音館書店
寒い地域に住んでいると 冬のてぶくろは必需品。
手袋を落としたおじいさん 寒かっただろうなぁ。

登場するのは「素敵な○○」がついたお友達。

大きい子も小さい子も強い子も弱い子も
「あそぼ」「いいよ♪」
迎えてくれると嬉しいですよね。
 
このお話は雪が降る寒い日 
あったかいお部屋=てぶくろにお友達がやってきます。
大人は大きな動物が来ると小さな動物が食べられないか心配してしまいます。

でもここでは「狭いけど入れるかどうか?」がポイント。
そのための工夫もバッチリ。
迎えるお友達の顔は皆、嬉しそうです!

自己紹介(?)がおもしろい!

最後のプレゼント☆
果たして「おじいさん」と「こいぬ」はどんな自己紹介してくれるのかな。
想像の世界が広がります!
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい あわてない癖  投稿日:2007/06/29
ぎょうれつぎょうれつ
ぎょうれつぎょうれつ 作・絵: マリサビーナ・ルッソ
訳: 青木 久子

出版社: 徳間書店
タイトルの通り ぎょうれつ ぎょうれつの絵本!

「はやく」大人が思うとき 「絵本」
「手を洗う」ときは 「おふろ」
「あたたかいのが冷めちゃう」ときは
「あと 3つ! のタイムリミット」のときは

ぎょうれつ 1つでも足りなかったら困る 
み〜んな 家族の大切なもの。

見守るお母さんと「とうちゃーーく」の笑顔

「ちょっと待って」
「せかせず待つおかあさん」深いです。

「あわてない癖」「焦らない癖」磨かなきゃ!
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 心を込めてプレゼント  投稿日:2007/06/29
うさぎさんてつだってほしいの
うさぎさんてつだってほしいの 作: シャーロット・ゾロトウ
絵: モーリス・センダック
訳: こだま ともこ

出版社: 冨山房
おんなの子とうさぎさんの会話
にやにやしてしまいます。

「今あるものは なにか」
会話ってこんな風に進んでいくんだな・・と新感覚の発見。

2人とも一心に「おんなの子のおかあさんが好きな物」を考えます。
ストレートに話すうさぎさん、
困っているおんなの子のしぐさが 最後にとても満ち足りた表情に変わります。

イラストが深いです。
2人がラストで交わす言葉も最高です。

長女・次女は「うさぎさんはかわいいもの」とのイメージを持っていたのか
この落ち着いたイラストを不思議がっていましたが
長男は 何となく「人間チックなうさぎさん」がお気に入り。
一緒に「あかーーー?」とありったけの赤を探していたのが懐かしいです!
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 新しい家族を迎える時  投稿日:2007/06/28
あなたってほんとにしあわせね!
あなたってほんとにしあわせね! 作・絵: キャスリーン・アンホールト
訳: 星川 菜津代

出版社: 童話館出版
新しい家族を迎える時の心境。
「上の子」になる気持ちが
「子供目線」で丁寧に書かれています。

「赤ちゃん」を待っている時間
「赤ちゃん」が産まれた時
「赤ちゃん」との生活

わたしの「淋しさ」と周りの大人の「喜び」のギャップ・・
幼な心には「おめでとう」の一言が
こんなにも刺さっているんだなぁと改めて感じます。

ぜんぜん しあわせでないとき。
すぐにまた さびくなったの!

悲しいのに 待っていなくてはいけない
淋しいのに 良い子でいなくてはいけない

少しずつ家族の形が出来上がり わたしの「お姉ちゃん」の位置が見えてくると
涙だったお顔に笑顔が戻ります。

家族はこうやって家族になっていくんだなぁ・・そう! 私がこの家に迎えられた時も。
読み終わってとても幸せな気持ちになれる絵本です。
参考になりました。 0人

77件中 41 〜 50件目最初のページ 前の10件 3 4 5 6 7 ... 次の10件 最後のページ

あかちゃんの視線をくぎづけにする『もいもい』しかけ絵本

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット