新刊
トラといっしょに

トラといっしょに(徳間書店)

美しいイラストで描いた心に残る絵本

  • 学べる
  • ギフト
新刊
だれかのプレゼント

だれかのプレゼント(文溪堂)

『100にんのサンタクロース』谷口智則さん待望の新作サンタ絵本

美輝さんの公開ページ

美輝さんのプロフィール

ママ・30代・、男5歳 女0歳

美輝さんの声

12件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい 「おなら」に興味を持ったら・・・  投稿日:2005/09/13
おなら
おなら 作・絵: 長 新太
出版社: 福音館書店
息子が3歳の頃だったと思います。ズバッとしたタイトルに引かれて私が買いました。
息子は予想通りタイトルで笑い、初めのページのぞうの大きなおならに笑いながら絵本に入っていき、おならが出る理由などに耳を傾けていました。
おならができる理由やくさい訳などを、子どもにとても分かりやすくかいてあり、良かったと思います。
「おしり」とか「おなら」とかの言葉に興味を持ち始めた頃、読むのがいいと思います。普段笑いものの「おなら」ですが、笑いながらそのまじめな話が聞けます。
では、さようおなら!!
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい プール苦手な子に是非!!  投稿日:2005/09/13
およぐ
およぐ 作・絵: なかの ひろたか
出版社: 福音館書店
ウチの息子(5歳)もプールが苦手です。水遊びは大好きだし、お風呂も大好き、浅いプールなら平気なのですが、少し深いプールになると臆病に・・・。

そんな息子がこの8月はお風呂に入ったときに洗面器にお湯を張って顔をつける練習をしていました。たまたま見つけたゴーグルに興味を持ったのもあるのですが、その後この本を買ってびっくり!保育園で既にこの本を知ってた息子は本のとおりに練習していたのです。

人間は体のなかに浮き袋を持っていて浮くようになってること、怖くてもへっちゃら!少しずつ練習していこう!と子どもが少しずつ挑戦できるような内容です。

夏の間、保育園では週1位でプールに行きます。7月は怖がってました。8月はお休みでした(プールの都合で)。9月、1回目は「楽しかった!」と言ってくれました。あと2回ほどあるので、泳ぐ楽しさをもっともっと味わってくれるようになればいいなぁと思ってます。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う なかなかぴったりの服ができません・・・  投稿日:2005/09/08
おしゃれなおたまじゃくし
おしゃれなおたまじゃくし 作: さくら ともこ
絵: 塩田 守男

出版社: PHP研究所
おたまじゃくしに足が出て、手が出て、尻尾が消えて・・・。おたまじゃくしの成長が楽しめる本です。
対象年齢は4-5歳からとなっていますが、もう少し早くても大丈夫かも?と思いました。
うちの子はちょうどおたまじゃくしを飼ってた時だったので、一層楽しめたようです。
また、保育園で「おたまじゃくしに 足が出て 手が出てきたら 尾が消えた♪」なんて歌も覚えてきてたので、本当にそのとおりだなぁ、と絵本と実物とで納得でした。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 捨てるのはもったいないもんねぇ・・・  投稿日:2005/09/07
きれいずきティッチ
きれいずきティッチ 作・絵: パット・ハッチンス
訳: 星川 菜津代

出版社: 童話館出版
 何と、5歳の息子が昨夜「読んで」と持ってきた本です。

 綺麗に片付けられた部屋のティッチが、乱雑な部屋のお兄さんお姉さんの部屋の片づけを手伝っていく(?)うちに自分の部屋がおもちゃでいっぱいになってしまうお話です。
 子どもにとっては、どんなおもちゃも捨てるには惜しい宝物に見えるのですね。
 うちにも、後日は遊ばない紙飛行機や広告紙を細く丸めた棒など大切にとってあります。(そしてやはり私も上手く使えない古着や空き箱・空き瓶など、溜め込むタイプ)
 きっと、子どもが「分かる、分かる。その気持ち。」と、とても素直に思える絵本なんでしょうね。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい これが、みんなで食べてるりんごだよ  投稿日:2005/09/07
りんご
りんご 作: 松野 正子
絵: 鎌田暢子

出版社: 童心社
 息子が0歳の時読みました。

 色の違うりんごも、皮をむいたら同じ色。そして、丸。くし型に切って食べます。

 身近な食材りんごが、手に取って食べたいくらい本物ぽく描かれています。余計な絵がなく、それでいて原色ではなく微妙な色合いで書かれた絵が0歳児をひきつけたのかもしれません。
 息子が散々触り、ページは取れ、破れ、表紙はかじられてぼろぼろになった絵本ですが、メンディングテープで修正して大事に大事にとってあります。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 顔がなくても強いのです!  投稿日:2005/09/07
あんぱんまん
作: やなせ たかし
出版社: (不明)
 子どもたちに人気のアンパンマン。勇気のあるとても強くてやさしいキャラクターですが、本当は勇気の花のエキスが必要だったり、顔が汚れたら元気が少なくなったりします。
 でも、「あんぱんまん」は違います。お腹の空かせた人を見つけたら自分の顔を食べさせて、顔が半分になっても、そして全部食べられてしまっても飛んで行きます。
 決して、今のアンパンマンほど愛らしい顔をしているとはいえません。ちょっと細長くてマントもボロボロです。でも、もともと、やなせさんが画きたかったものが、ここにはあるように思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ホットケーキを作るたびに持ってきます  投稿日:2005/09/07
しろくまちゃんのほっとけーき
しろくまちゃんのほっとけーき 作: わかやま けん
出版社: こぐま社
 タイトルのとおり、この本を読んだ後は、ホットケーキを作る度に「ちょっと待って!」と言っては本棚に探しに行きます。そして、レシピ本のように、キッチンにおいて、材料や道具をそろえて作っていきます。
 焼けていく様子が載ってる部分は必須!!
 フライパンの中を見ながら「もうひっくり返していい?」「まだ!」とか言いながら楽しく作っています。
 2歳頃からだったと思いますが、この本で”子どもが作る”ということを楽しめるようになりました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 兄妹の反応  投稿日:2005/09/05
ぐうぐうぐう
ぐうぐうぐう 作・絵: 五味 太郎
出版社: 文化出版局
1歳頃に読んであげたお兄ちゃんは、あまり反応してない様子でしたが、1歳のある夏の日、庭でビニールプールをやってたら、プールのある場所には近づきません。何で?と聞くと「こわい〜」見ると、そこにはイルカの絵が・・・。お兄ちゃんには「こわい」サメに見えていたようです。「大丈夫だよ〜」と言ってあげましたが、絵本のチカラはすごいと感じた瞬間でした。
一方、ただいま8ヶ月の娘は、先日絵本の読み聞かせ会で始めてこの本に出会いました。釘付けになるように、じっと見入っていて、早速家に帰ってからも読みましたよ。遊んでるときもごろごろしながら、ぐうぐうぐう、と言うと喜んでくれました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい お話も絵も大好き!  投稿日:2005/09/05
スイミー 小さなかしこいさかなのはなし
スイミー 小さなかしこいさかなのはなし 作: レオ・レオニ
訳: 谷川 俊太郎

出版社: 好学社
親の私が小学校の国語の教科書で出会ったお話です。この絵本の存在は、以前から知ってて気になりつつも買わないまま・・・。ところが、先日息子(5歳)の保育園の保育参観で「スイミー」の劇をしたのです。そして、息子は絵本自体にも興味を持ってる様子。早速買ってみました。すると、まず、絵が素敵!!親の私の方がすっかり気に入ってしまいました。お話も、小さいお魚が集まって大きなお魚に立ち向かっていくお話で、とても勇気付けられるものです。ちなみに、息子は「うなぎ」役でした。
参考になりました。 0人

ふつうだと思う 「読み聞かせ」について考えました  投稿日:2005/09/05
もこ もこもこ
もこ もこもこ 作: 谷川 俊太郎
絵: 元永 定正

出版社: 文研出版
 「もこ」だの「にょき」だのの言葉しか出てこず、本屋でも何度も棚に戻した本ですが、生後半年を過ぎた頃に「だまされたと思って」読み聞かせてみました。
 読んでみて高評価の理由が分かった気がしました。言葉がシンプルなだけに、子どもにどのように表現しようか、親が表情を代え、しぐさを交えて、子どもの反応を見ながら一生懸命読むのです。
 そして、最後のページの、次を期待させる終わり方が良いです。
 現在8ヶ月の娘は、「もこ」や「にょき」や「ぎらぎら」の部分を手で触りながら聞いています。
 5歳の息子は、娘に読むのを一緒に聞いて、「ぽろり」や「ぱちん」で笑ったりして、意外にも受けています。面白く感じてるのかチョット不思議ですが、嬉しそうに娘に読んであげたりもしています。
 星3つの評価は、「絵」と「文字」としての良さが私にはよく分からないから。でも、親の絵本を読む姿勢をとても勉強させてもらったものだと思っています。
参考になりました。 2人

12件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

出版社いちおし!新刊&オススメ絵本情報

出版社おすすめ

  • わたしたち
    わたしたち
     出版社:岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!
    母と子の強い絆を描いたチリの絵本。いつか旅立ってゆく、あなたへおくるメッセージ

全ページためしよみ
年齢別絵本セット