まほうのさんぽみち まほうのさんぽみち
著: ロビン・ショー 訳: せなあいこ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

くりこきなこさんの公開ページ

くりこきなこさんのプロフィール

ママ・30代・愛知県、男の子6歳 男の子4歳

くりこきなこさんの声

63件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい 静かに待ってて欲しい時  投稿日:2018/12/25
水の国の迷路 水族館から川、海、深海の旅へ
水の国の迷路 水族館から川、海、深海の旅へ 作・絵: 香川 元太郎
監修: 武田 正倫

出版社: PHP研究所
長男の影響で迷路に目覚めた次男に、静かに待ってて欲しい病院での待ち時間などに携帯ゲームはあまりさせたくないと思い、与えてみました。迷路のほかに隠し絵やクイズもあります。迷路が細かいので迷路はせずに隠し絵ばかり探しています。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 親子で楽しくコミュニケーション  投稿日:2018/12/25
新版 小学館の図鑑NEO 恐竜 DVDつき
新版 小学館の図鑑NEO 恐竜 DVDつき 出版社: 小学館
最近、恐竜に目覚めた長男。本屋さんで目ざとく見つけせがまれるまま購入。毎晩、ベットの中で「どの恐竜がいいか、指差すよ。せーの、コレ!」と言っては1ページずつめくって眺めています。
DVDの影響か、恐竜の走り方クイズを出してくれます。種類によって微妙に歩幅が違ったり、スピードが違ったり。一生懸命再現していますが、正直分かりません!笑。が親子で楽しくコミュニケーションできます。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 目指せ!昆虫ハカセ  投稿日:2018/12/25
小学館の図鑑NEO 昆虫
小学館の図鑑NEO 昆虫 指導: 小池 啓一 小野 展嗣 町田 龍一郎
出版社: 小学館
今年の夏、保育園のお友達からカブトムシを譲り受け初めて飼育したのをきっかけに、昆虫熱が高まりました。その様子を見かねてダンナが長男に買い与えたものです。長男の性格でしょうか、年齢によるものでしょうか、図鑑を開く時はじっくり説明を読むより眺めて見ます。そして恒例の「この中でどれがいいか指差すよ、せーの!」と言って会話を楽しんでいます。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 愛情あるれる  投稿日:2018/12/24
いつか あなたが おおきくなったら
いつか あなたが おおきくなったら 著者: エミリー・ウィンフィールド・マーティン
訳: なかがわ ちひろ

出版社: サンマーク出版
最初のページからココロを掴まれました。
まっすぐにわたしをみつめるひとみ≠サうそう!赤ちゃんってじっーーーとママの方を凝視するんですよね。春に我が家にやってきた赤ちゃんは生後8ヶ月となり、今まさにその時期なのです!もう少し大きくなってイタズラ盛りになれば、こんなことも忘れてしまいそうですが、子育て中のママには初心にかえるきっかけを、成長中の子どもには生まれてきた時の周囲の愛情を伝える良い本だと思います。
参考になりました。 1人

自信を持っておすすめしたい 盛りだくさん!な一冊  投稿日:2018/12/24
かずの冒険 野山編
かずの冒険 野山編 作・絵: 香川 元太郎
出版社: 小学館
内容が盛りだくさんで、迷路以外にも隠し絵もあり、迷路にハマっている長男は、むしろ迷路よりもそっちに夢中。また付属のレンズを当てて絵が浮かびあがるのがとっても面白いらしく、弟といつもレンズの取り合いをしています。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 日本五大昔話  投稿日:2018/12/24
はなさかじい
はなさかじい 作: 松谷 みよ子
絵: 瀬川 康男

出版社: フレーベル館
色んな人が書いていて、どれを選べばいいのか迷いますが、松谷みよ子作のしたきりすずめが良かったので、同作者のこちらを選択。木の根元から生まれたシロは賢く頼もしい相棒へと成長しますが、成長の仕方がまるでもも太郎だと読むたびに思います。また、挿絵が繊細なタッチで描かれていて、私個人的にはアリですが、小さな子供たちちは少し分かりづらいのかなという印象があります。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 日本  投稿日:2018/12/23
さくら
さくら 作: 長谷川 摂子
絵: 矢間 芳子

出版社: 福音館書店
桜の木が主人公となって、桜*レ線で描かれた本。ソメイヨシノの淡い色合いが見事に表現されていて、まるで花見をしているかのような気分にしてくれます。
この本には桜の木の一生が描かれています。花を咲かせるのはほんのわずかな期間で、散った後は気にもとめなくなりますが、春以外の季節にも桜の話を子供たちとしたいと思いました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 大盛り上がり!  投稿日:2018/12/23
ぺんぎんたいそう
ぺんぎんたいそう 作: 齋藤 槙
出版社: 福音館書店
割と低年齢向けの本なので、生まれてくる赤ちゃんにも一緒に読んであげられるかなと思ってチョイスしました。結果は大盛り上がりでした。絵本の中のペンギンさんと同じ動きをして布団の上で大暴れ!笑。寝る前に読むと眠れなくなりそうですが、親子共々楽しい時間が過ごせること間違いなし!
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 5歳も楽しめる  投稿日:2018/02/24
落語絵本2 まんじゅうこわい
落語絵本2 まんじゅうこわい 作・絵: 川端 誠
出版社: クレヨンハウス
川端誠さんの落語絵本シリーズは何冊か読んでいるのですが、子供が図書館でこの本がいいと言って借りたので、初めて読みました。まんじゅうこわいは他の落語と比べて圧倒的に文字数が少なく、その分描写が細かくなく、登場人物はそれなりに多いものの、読み手としては読みやすいという印象を受けました。また、途中、文字が大きく描かれており、抑揚をつけて読むのにとても容易く良いです。そのせいか、5歳の長男も大きな声で読む場面ではケラケラと笑いながら聞いてくれます。(←結構これ、重要。モチベーション上がる。)他の落語絵本には見られなかった光景ですが、こちらはもう一回読んで!をせがまれ、結局3回も読まされました。とはいえ、まだまだ最後のオチを理解するには至りませんが、なかなか秀逸な一冊だなぁと思います。星を1つ減らしたのは、一冊の値段が高いので、購入は慎重に検討したい、という思いからです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい いちご狩りの導入に…  投稿日:2018/02/24
いちご
いちご 作・絵: 平山 和子
出版社: 福音館書店
いちごが大好きな5歳と3歳の兄弟。念願叶って、一年越しのいちご狩りの予約が取れました、そのいちご狩りの導入にとこちらをセレクト。寝る前に読み聞かせました。寒い冬、まだ葉っぱしかついていないいちごが、段々暖かくなって実をつけるというシンプルなお話で、年齢の低い子供も理解しやすいのではと思います。また、いちごを育てていない我が家では絵本を通して体験できるのでいいなと思います。実際、いちご狩りに行くと
まだ緑色のいちごもなっており、「これは酸っぱいよね」などと話が弾みました。
参考になりました。 0人

63件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

子どもが喜ぶ「うんち」がいっぱい!世界20ヵ国以上で翻訳の絵本

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット