新刊
ほげちゃんとおともだち

ほげちゃんとおともだち(偕成社)

Twitter&Instagramで#うちのほげちゃんプレゼントキャンペーン実施中!

  • 笑える
  • 盛り上がる
  • ためしよみ

よつばさんの公開ページ

よつばさんのプロフィール

ママ・30代・愛知県、2歳

よつばさんの声

6件中 1 〜 6件目最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
なかなかよいと思う いちごの呼びかけ  投稿日:2004/02/10
いちご
いちご 作: 平山 和子
出版社: 福音館書店
いちごがどのように育っていくのかが、小さな子供にもわかりやすく、またいちご以外に出てくる虫などの描写も細かくて描かれていて、娘はすぐにこの本に興味を持ちました。読んでいる私もいちごの呼びかけるようなせりふに、不思議な気分になります。お皿に盛られたページのいちごは本物のようで、つまんではいつも食べてます。本物のいちごも感謝していただかなくては!なんて感じた絵本です。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う ゴリラくんがかわいい  投稿日:2003/12/15
おやすみゴリラくん
おやすみゴリラくん 作・絵: ペギー・ラスマン
訳: いとう ひろし

出版社: 徳間書店
せりふが少ない本は、読みづらいかな・・と思ってましたが
この本は主人公のゴリラ君の表情の愛らしさと、ページごとの小さな変化もあって、親子で毎回でてくる絵の事を話しながら楽しんでます。真っ黒の中に「おやすみ」の文字がいっぱいのページは、何だか不思議な気分になるらしく、何度も読んでと言われます。動物園がたくさん出てくるのも、良いみたいです。少し前、動物園のゴリラに向かって「おーい、ゴリラくーん」と叫んでいて、この本が好きなんだなぁ、なんて思いました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う ただ笑える一冊。  投稿日:2003/12/15
たぬきのじどうしゃ
たぬきのじどうしゃ 作・絵: 長 新太
出版社: 偕成社
絵本を選びを考えさせられた一冊。私にとっては、「何???」と思うストーリー展開に、子供は大うけ。それからは、一度読むと「もう一回読んで〜」の連続です。たぬきのおじさんと、かえるのかいじゅうのやりとり、そして何よりでてくる音の繰り返しが楽しい気分にさせてくれるようです。親が好む話やしつけに役立つ本を与えがちですが、子供が笑えてただ楽しいなぁーと感じる本も良いものだなぁーと感じてます。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 出会えて良かった一冊  投稿日:2003/12/15
まっくろネリノ
まっくろネリノ 作: ヘルガ・ガルラー
訳: 矢川 澄子

出版社: 偕成社
絵本クラブで我が家に送られてきたときは、正直言って表紙も暗い感じだし、うちの子はあんまり好きではないかなぁ・・なんて思いました。でも一度読んでみると、色の鮮やかさに親子でびっくり。今ではお気に入りの一冊です。内容も、「よかったねぇー」と思えるもので、落ち着いて眠りにつけるようです。この本のおかげか、暗い所も平気で、「ネリノちゃんいるかなぁー」なんて言ってます。絵本クラブのおかげで、出会えて良かったなぁーと感じる一冊です。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う あたたかい気持ちになりました  投稿日:2003/03/02
Hug Book & Toy Gift Set with Toy
Hug Book & Toy Gift Set with Toy 作・絵: JEZ
出版社: Candlewick Press (MA)
洋書とはいえ、ストーリーが絵で理解できるほどシンプルで、そしてとてもあたたかい気持ちになる本です。せりふがほとんどないので、私がせりふを作って読んでます。動物がたくさん出てくるので娘も大喜び。ママと主人公のBOBOが抱き合うページではいつも2人で真似して遊んでます。セットで売られていた、人形もかわいい!
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 不思議な世界  投稿日:2003/02/28
もこ もこもこ
もこ もこもこ 作: 谷川 俊太郎
絵: 元永 定正

出版社: 文研出版
「もこもこもこ」何度言ったかわからなくなるほど、一時期(1歳前後)は何度も読んでました。他の本があるのに、いつもこの本を持ってきては読まされてました。きっと、子供にとっては魅力的な世界なのだと思います。不思議な世界に行ける本ですね。最初、なぜか娘はこの本だけはとっても丁寧に扱っていたように思います。 
参考になりました。 0人

6件中 1 〜 6件目最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

「はじめての」シリーズ累計発行100万部突破記念 てづかあけみさんインタビュー

出版社おすすめ

  • なまえのないねこ
    なまえのないねこの試し読みができます!
    なまえのないねこ
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    ぼくは ねこ。なまえのない ねこ。ひとりぼっちの猫が最後にみつけた「ほんとうに欲しかったもの」とは…

全ページためしよみ
年齢別絵本セット