アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵 アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵 アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵の試し読みができます!
作: アレクサンドラ・ミジェリンスカ ダニエル・ミジェリンスキ 編: 徳間書店児童書編集部  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!

みっとーさんの公開ページ

みっとーさんのプロフィール

ママ・30代・大阪府、男の子7歳 女の子5歳

みっとーさんの声

1634件中 41 〜 50件目最初のページ 前の10件 3 4 5 6 7 ... 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい 親子で一緒に地震について考えられる  投稿日:2018/07/14
地震がきたらどうすればいいの?
地震がきたらどうすればいいの? 作: あかぎ かんこ
絵: mitty

出版社: 埼玉福祉会
家の中で、危ないところはどこ?道路ならどこ?トイレなら?と、地震が起きた時のことをイメージして親子で会話ができる絵本です。
まず自分ひとりで読んだ後、この時はこうしなくちゃいけないから、ママ、○○が枕にのっている間に靴をとってきてね。など、かなり具体的にイメージしながら読んでいました。
保育所での避難訓練の話も思い出して教えてくれたり、この絵本をきっかけにたくさん話をしました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う はっちゃめちゃ  投稿日:2018/07/14
3ぷんもまてないよ!
3ぷんもまてないよ! 作・絵: 土屋 富士夫
出版社: 佼成出版社
もっちゃうもっちゃうが好きな息子が、同じ人だよ〜と選んでいた絵本です。
廊下はジャングルジム、トイレはワニの口、はちゃめちゃでどうなるのか分からない、でもなんだかおもしろい。そんな絵本でした。最後のページのその後を想像するのがまた楽しいですね。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 食育に  投稿日:2018/07/14
きみの家にも牛がいる
きみの家にも牛がいる 作: 小森 香折
絵: 中川洋典

出版社: リブロポート
ん?家の中に皮製品がたくさんあるよってことかな?と思って読んでいたら、なんかすごい…ってなった絵本でした。
牛を洗って皮をはいで解体する様子が分かったり、ランドセルやサッカーボール、グミやマシュマロ、ガムテープまで全部牛からできているという衝撃の事実を知ったり、学習要素が高く、それでいておもしろい素晴らしい絵本でした。
命をいただき、その命をいかしているんだということも教えてくれて、まさに食育のための1冊だなという印象をうけました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 実践したくなるシリーズ  投稿日:2018/07/14
ばばばあちゃんのなんでもおこのみやき
ばばばあちゃんのなんでもおこのみやき 作・絵: さとう わきこ
出版社: 福音館書店
小さな子と作るレシピの本なんかを探していたけれど、このばばばあちゃんの○○は、それにぴったりです。この絵本では、ホットプレートでいろいろ作るお好みレシピを紹介してくれます。お好み焼きに、クレープ、クッキー、どれもおいしそうで、よし!作ろう。食べよう!ってなります。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい よし!作ろう!  投稿日:2018/07/14
ばばばあちゃんのなぞなぞ むしぱんのまき
ばばばあちゃんのなぞなぞ むしぱんのまき 作・絵: さとう わきこ
出版社: 福音館書店
むしのはいった蒸しパン?どういうことかな〜と思っていたら、その種明かしにふふっと笑ってしまいました。
蒸しパンの作り方を教えてくれていて、おいしそう〜。こんなのもいいんだ。と、休日の子どもとのお料理のレシピを提案してくれます。
子どもたちとおばあちゃんのやりとりも楽しいし、実際に読んだ後作って楽しめるし、なかなかおもしろい絵本だなと思いました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい どう読み取るかって人それぞれ  投稿日:2018/07/14
おばけのきもち
おばけのきもち 作: きむら ゆういち
絵: のぶみ

出版社: ヴィレッジブックス
おばけの気持ちをみんなで考える絵本です。
怖い顔に見えた、目がずるそうだった、優しそうだったと、同じおばけを見たはずなのに感想がそれぞれ違うことがおもしろい。
お化けがテーマだけど、伝えているのは人の感じ方はそれぞれ違うんだ。ということで、そのメッセージが分かりやすくて良かったです。
ながぐつボっちゃーん
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 動物がたくさん  投稿日:2018/07/14
ぶーぶーバスくん
ぶーぶーバスくん 作・絵: 新井 洋行
出版社: フレーベル館
バスの窓がくりぬかれた仕掛け絵本です。動物さんがどんどんバスにのっていく単純なお話だけど、ブタ、犬、パンダにキリンとかわいい動物がいっぱいでてきてバスにのっていくので、動物すきのお子さんにちょうどいいですね。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 世界に興味がひろがります  投稿日:2018/07/07
世界のともだち(2) 韓国 ソウルの下町っ子 ピョンジュン
世界のともだち(2) 韓国 ソウルの下町っ子 ピョンジュン 文・写真: 「昭
出版社: 偕成社
今、我が家でシリーズ読みしている世界のともだちシリーズの韓国版です。
写真でピョンジュンの一日をおうことで、韓国人ってどんな人たちというのがとてもよく分かります。
え〜?キムチ用の冷蔵庫?とか、すっごい習い事してる…とか、教育熱心でキムチ大好きなこととか、儒教をベースにしているから家族の関係を大切にしていることとかが伝わってきます。
この絵本を通してみれば、韓国人に対する批判的な考えとかが子どもにも伝わりやすい昨今でも、文化が違うけれど住んでいる場所と文化が違うだけのおともだちなんだととらえることができます。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 赤ちゃんの話で盛り上がりました  投稿日:2018/07/06
はじめての はじまり
はじめての はじまり 文: 中川 ひろたか
絵: 中野 真典

出版社: 小学館
たくさんの始まりが描かれています。後半は赤ちゃんが、成長とともにたくさんの初めてを経験している様子になり、それがとってもほほえましい。子どもは自分が赤ちゃんだった時のことを聞きたがり、この絵本をきっかけに母子手帳を出してきてお話しました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 世界に興味を持つきっかけになる絵探し  投稿日:2018/07/06
さがしてみつけて なんじゃこりゃ!まつり
さがしてみつけて なんじゃこりゃ!まつり 文: 西山 雅子
絵: 中垣 ゆたか
監修: 芳賀日向

出版社: ひさかたチャイルド
中国の春節やリオのカーニバルなど、お祭りをテーマにした絵探し遊びの絵本です。
その国のグッズやお土産、料理など遊んでいるうちに世界のことが分かり、子どもたちは、絵探しよりも「え〜こんなの有名なんだ。食べてみたい!行ってみたい!」と社会の資料集を見ているように楽しんでいました。
参考になりました。 0人

1634件中 41 〜 50件目最初のページ 前の10件 3 4 5 6 7 ... 次の10件 最後のページ

お子さんやお孫さんと話をしながら読みたい、心やすらぐ絵本

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット