話題
PUI PUI モルカー モルだくさん!公式キャラクターブック

PUI PUI モルカー モルだくさん!公式キャラクターブック(フレーベル館)

モルカーのポテトやなかまたちの紹介からアニメの名場面、制作の裏側まで!

  • かわいい
  • 盛り上がる
ロングセラー
ゆびたこ

ゆびたこ(ポプラ社)

  • びっくり
  • 役立つ

みきぽんママさんの公開ページ

みきぽんママさんのプロフィール

ママ・30代・埼玉県、2歳

みきぽんママさんの声

32件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい おいしそーお!  投稿日:2009/05/14
Chocolat Book(5) ショコラちゃんのレストラン
Chocolat Book(5) ショコラちゃんのレストラン 文: 中川 ひろたか
絵: はた こうしろう

出版社: 講談社
2歳1カ月で読みました。
娘はたまごを割る効果音「ぱかっ」が大好き!
なので我が家の場合は効果音付きで読みました。
ホットケーキをひっくり返すのを失敗してしまうところでは「あれ?ホットケーキどこどこ〜?」「あった〜、ここ〜」と自問自答してしかも「(見て見てビームで)あったよ〜」と教えてくれます。
料理がテーブルいっぱいに広がるシーンでは「ぅわぁー!おいしそーお」と目を見開いての大リアクション!
毎回なので何回も笑わせてもらいました。
読んだ後でホットケーキを作って「ショコラちゃんのホットケーキだよー」と出したら大喜びでした。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う ほんわか親子時間  投稿日:2009/05/14
はねはね はねちゃん
はねはね はねちゃん 作: 中川 李枝子
絵: 山脇 百合子

出版社: 福音館書店
2歳1か月で読みました。
見覚えのある絵だったからでしょうか?娘が自分で持ってきたのです。
開いてみると同じように真似をして楽しそうでした。
絵は優しくほんわかしていて、真似をする子供を見てまたほんわかです。一緒に体操すると楽しい親子の時間を過ごせると思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 初実験!  投稿日:2009/05/14
フレーベル館だいすきしぜん(しょくぶつ) たんぽぽ
フレーベル館だいすきしぜん(しょくぶつ) たんぽぽ 監修: 瀬戸 照
絵: 小川 潔
写真: 久保 秀一

出版社: フレーベル館
2歳1カ月で読みました。
春に読んだので娘は「公園でみた、おなじおなじー」と興奮していました。
私も改めて知ることがあって楽しかったです。
(綿毛の方が花より高く成長するんです。はなびら一枚一枚がひとつの花であることも初めて知りました!)
しかも巻末には遊び方が載っていて、娘にとっては初の実験となりました。茎を切って水につけると・・・茎がぜんまいみたいに渦を巻くんです!なかなか本のようにならないので初め少し疑いましたが(?!)無事になってくれたのでよかったです。
わざわざたんぽぽを取りに散歩に出かけたのもいい思い出になりました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 干支を知らなくても  投稿日:2009/05/14
十二支のはじまり
十二支のはじまり 作・絵: 高谷まちこ
出版社: ハッピーオウル社
2歳1か月で読みました。
2歳にはまだ早い?!
とんでもない干支をしらなくても楽しめるんだと娘を見ていて感じました。色んな動物が特徴に合わせた行動をするうえちゃんとストーリーになっているのでとっても面白かったようです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う モノクロが印象深い  投稿日:2009/05/13
もりのなか
もりのなか 作・絵: マリー・ホール・エッツ
訳: まさき るりこ

出版社: 福音館書店
2歳1カ月で読みました。
それまでモノクロの絵本は2冊しか読んでなく、しかも長編だったので娘なりに印象深かったようです。
というのも、だいぶしてからなんですが、ちょっと木の多い公園で桜の木の実を拾っているときに「森の中で・・・」と言い始めたんです。
絵本と重ね合わせていたのでしょうか?
私的には淡々と進んでいくストーリーが少し物足りなかったですし、最後は夢落ちならぬ少年の想像?だったのでいまいちだったのですが、また読んでみたいと思っています。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい そんなものまで食べるの?!  投稿日:2009/05/13
ぼく、だんごむし
ぼく、だんごむし 作: 得田 之久
絵: たかはし きよし

出版社: 福音館書店
自然に興味をもってほしいと思い選びました。
写真でなく絵なので私も開きやすく(笑)、娘も想像以上に喜んで見てくれました。
だんごむしは見たことはあっても生態まで知らなかったので、あらたに気付くことも多く、私としても楽しかったです。
なんといってもだんごむしはコンクリートや石を食べるということ。新聞まで食べるそうです。
娘がもう少し大きくなったら飼ってみてもいいかなと思ってしまうくらい良かったです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 感動!  投稿日:2009/05/13
こんにちは おてがみです
こんにちは おてがみです 出版社: 福音館書店
ちょうど2歳で読みました。
読んだことのないものや意味がわからないものもあったのですが、ぐりぐらやたろうくんからのお手紙には感動しました!
本物の封筒から手紙を出すというしかけも初めてで素敵でしたし、娘もこの本で『手紙』を理解したようです。
また、最後にある特大ページではキャラクターを探すのに夢中になりました。娘は『しょうぼうじどうしゃ じぷた』の絵本が大好きなので見つけては両方並べて「同じ!」と言っていました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 純粋に良かったです・・・  投稿日:2009/05/13
うちにあかちゃんがうまれるの
うちにあかちゃんがうまれるの 作: いとう えみこ
写真: 伊藤 泰寛

出版社: ポプラ社
命の誕生というより、新しい家族の誕生の喜び、また喜びを分かち合うことの素晴らしさを感じました。
第2子の予定はまだありませんが、その時がきたらぜひ今度は娘と一緒に見たいと思いました。
写真を見ているだけで幸せになれるので、読み聞かせとは別にぜひ一度手にとっていただきたい一冊です。
参考になりました。 1人

なかなかよいと思う 千円は高い?!  投稿日:2009/05/13
子ども版 声に出して読みたい日本語(1)――どっどど どどうど 雨ニモマケズ/宮沢賢治
子ども版 声に出して読みたい日本語(1)――どっどど どどうど 雨ニモマケズ/宮沢賢治 作: 齋藤 孝
絵: 下田昌克

出版社: 草思社
名文に負けない美しい絵、内容についてはやはり宮澤賢治さんの作品だけあって声にしたときの素晴らしさは言うまでもありません。
音や絵に敏感な幼児にもその良さは伝わったようで、よく「どっどど・・・」や「きっくきっくとんとん」は言いながら遊んでいました。
ただ、抜粋が多いので(子供向けだから?!)物足りなく、それゆえ千円は少し高いかなぁと感じました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う まだ残ってるよ!  投稿日:2009/05/13
おやまごはん 改訂新版
おやまごはん 改訂新版 作: 西内 ミナミ
絵: 和歌山 静子

出版社: 偕成社
2歳ちょうどで読みました、
うちの娘はまぜご飯を嫌がるのですが、この本を見て興味はもってくれたようです(苦笑)。
内容に関してはリズミカルに読めるものですので、とても気に入って何度も読んでともってきました。暗記するくらい好きだったみたいで一緒に見ていても先を越されるくらいでした。
笑ったのが裏表紙にあるお皿にピーマンと人参のかけらが残っていて、「まだ残ってるよ」と。「おかわりするんじゃないかな」と答えた私です。
参考になりました。 0人

32件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 次の10件 最後のページ

松嶋菜々子さんの朗読で楽しむJ.K.ローリング書き下ろし童話『イッカボッグ』

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット