しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

フレデリックさんの公開ページ

フレデリックさんのプロフィール

せんせい・20代・愛媛県

フレデリックさんの声

2件中 1 〜 2件目最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい きんぎょだって逃げたくなるさ!  掲載日:2003/7/23
きんぎょがにげた
きんぎょがにげた 作: 五味 太郎
出版社: 福音館書店
大好きな五味太郎先生の絵本。絵本を開くたび、新しい発見ができます。水槽にすむ一匹のきんぎょ。ある日、ピョンっと逃げ出し、カーテンや玩具箱へと向かいます。そして、最後にたどり着いたのは・・・・・・。きんぎょだって一匹じゃ寂しいんだな、みんな一緒に遊びたいんだなと思います。
そんなきんぎょを子供たちはとても楽しんで探し当てます。「見つけた!!」「あ〜また逃げちゃった」とハラハラドキドキ。逃げていく所も子供心にはおもしろいのではないかと思います。この絵本が大好きなB君は、お昼寝をこの絵本と一緒にするほど好きでした。私の好きな映画「アメリ」にもきんぎょが逃げるシーンがあります。小さな水槽から広い世界へと逃げ出す勇気にきんぎょって偉いんだな〜と感心しました。毎日一匹で遊ぶのに飽きて、水槽の中からこっそり仲間を探しているのかもしれませんね。この絵本を読むと、飼っているきんぎょに「寂しいの?」と話しかけたくなります!!
参考になりました。 1人

自信を持っておすすめしたい きっと届くよ!!  掲載日:2003/7/17
お月さまってどんなあじ?
お月さまってどんなあじ? 文・絵: マイケル・グレイニエツ
訳: いずみ ちほこ

出版社: らんか社
私は始めてこの絵本を目にして、表紙から惹かれました。お月様のイメージとは違って、お月様がなんだか悲しそうな表情。その訳はお話を読み終わり納得しました!読み終わると、動物たちの「やった!」という気持ちと、お月様の「あ〜あ」と気持ちが半々でした。子供たちはというと、ついにお月さまをかじったぞ!という気持ちが溢れていました。ペープサートでお話を見ると、お月さまが逃げていくのに大笑いで、ライオンやサルがお月さまに届かないと「逆さになればいいんよ!」や「シッポのばしたら?」とどんどん子供たちもお月さまをかじろうと必死でした(^−^)お話が終わると、子供たちそれぞれが、どんなお月さまの味がしたのかを話し合っている姿を見ました。届きそうで届かないお月さまを食べてみたいですね。
参考になりました。 0人

2件中 1 〜 2件目最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

長谷川義史さん イベントレポート&インタビュー

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット