新刊
トラといっしょに

トラといっしょに(徳間書店)

美しいイラストで描いた心に残る絵本

  • 学べる
  • ギフト
新刊
にんじゃじゃ!

にんじゃじゃ!(文溪堂)

2021年、家族みんなで、笑いませんか?

  • 笑える
  • 盛り上がる
  • 全ページ
  • ためしよみ

ouchijikanさんの公開ページ

ouchijikanさんのプロフィール

ママ・40代・東京都

自己紹介
子どもの頃、母親に絵本を読み聞かせてもらった記憶が今も鮮明に残っています。

2009年に長女が、2014年に次女が生まれ、今度は私が子どもたちに読んであげる番になりました。読んだ絵本も今では膨大な数になり、簡単な覚書をしてきた記録を元に当時のことを思い出しながらレビューを書いていきます。もちろん今も進行形でほぼ毎日読み聞かせを継続中です!

絵本の楽しさを伝えるお手伝いができれば嬉しいです♪

ouchijikanさんの声

533件中 11 〜 20件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい どうぶつの表情が素敵です☆  投稿日:2021/07/12
ぽつぽつぽつ だいじょうぶ?
ぽつぽつぽつ だいじょうぶ? 作: しもかわら ゆみ
出版社: 講談社
どうぶつの表情がとてもかわいくて、ゆっくりとページをめくりながら読みました。子どもにも読み聞かせてみると、真剣にじーっと絵を見つめながら聞いていました。

シンプルな内容で小さな子でも楽しめますね♪雨の季節に、静かにページを開きたくなります。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 夏はおばけの本を☆  投稿日:2021/07/12
コンビニエンス・ドロンパ
コンビニエンス・ドロンパ 作: 富安 陽子
絵: つちだのぶこ

出版社: 童心社
夏はおばけのお話がピッタリな季節なので、読み聞かせなどでも読んでもらうことが多いようです。6歳の娘は大の怖がりでおばけも大っ嫌い…でもちょっと興味がある…そんな複雑な気持ちの中、この絵本を一緒に開きました。

ここに出てくるおばけたちはユーモアいっぱいで怖いどころか親近感さえ感じます。コンビニの店内もじっくり見るとおもしろくてすっかり娘はハマってしまったようでした。何度も繰り返し読みたくなる絵本でした。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい わくわくする展開です☆  投稿日:2021/07/10
わんぱくだんのガリバーランド
わんぱくだんのガリバーランド 作: ゆきの ゆみこ 上野 与志
絵: 末崎 茂樹

出版社: ひさかたチャイルド
わんぱくだんのシリーズはこの絵本で初めて知りました。こちらのお話はわんぱくだんの3人がガリバーランドに入り込んで活躍するお話で、子どもたちがこの国では巨人になってしまうのがおもしろいです。

こびとたちの国で英雄になる子どもたち。とてもわくわくする展開で6歳の娘も引き込まれて読んでいました。日本で多発している水害もこんなふうに救ってくれる誰かがいたらいいのになと思わずにはいられませんでした。

わんぱくだんの他の活躍も読んでみたいと思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 優しさにあふれたかわいいお話  投稿日:2021/07/09
一さつのおくりもの
一さつのおくりもの 作: 森山 京
絵: 鴨下 潤

出版社: 講談社
6歳の娘と一緒に読みました。文字も大きく漢字にはルビもふってあるので、一年生の子でもなんとかがんばって全部読めるくらいの分量でした。

内容もとってもいいお話で、大好きな本を災害にあった村の子どもに届けようと決心したクマの子の成長が綴られています。困っている人たちを助けようとする気持ちや何か力になりたいと思う気持ちが顔の見えない誰かをそっと救っていたのですね。

クマの子のいじらしい様子がかわいくて、こんな優しさにあふれた子に娘も育ってくれたら嬉しいなと思いました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 大人にも響く一冊です  投稿日:2021/07/09
もったいないばあさんの いただきます
もったいないばあさんの いただきます 作・絵: 真珠 まりこ
出版社: 講談社
「もったいないばあさん」に引き続き読みました。こちらはたべものの好き嫌いをもったいないばあさんが「もったいない!」と言ってやってきます。

たべたらじょうぶになるよ、おおきくそだつよ、きもちよくすごせるよ、と子どもに分かる言葉で、食べることの大切さを教えてくれます。

もったいないばあさんの言うように、たべものにはやさしいきもちがつまっているんですよね。目の前のたべものだけではなく、その過程にも思いを巡らせることのできる素敵な絵本だと思いました。ついおざなりになってしまいがちだった食育をあらためて考えました。大人の私の心にも響いた一冊でした。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 魅力たっぷり☆  投稿日:2021/07/09
フレーベル館だいすきしぜん(たべもの) だいず(みそ・しょうゆ)
フレーベル館だいすきしぜん(たべもの) だいず(みそ・しょうゆ) 指導: 平 春枝
写真: 山本 明義

出版社: フレーベル館
食材の中でも「豆」は地味な存在なので、娘は興味を持つかな…と思ったのですが、味噌や醤油に形を変える「だいず」はとてもおもしろかったらしく、何度も繰り返し読んでいました。

味噌と醤油ができる工程も丁寧に説明してあり、「もやしもできるんだね!」「えだまめも!?」などと驚いていました。味噌も納豆も作ってみたい!というので、機会があれば体験させてあげたいと思います。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 人気があるのが分かります  投稿日:2021/07/09
じごくのそうべえ
じごくのそうべえ 作・絵: 田島 征彦
出版社: 童心社
6歳の娘が表紙を見て「こわそうだけどよんでみる」と言うので読み聞かせてあげました。

絵は独特のタッチでどのページも恐ろしく描かれていますが、内容は途中から「あれ?」とおかしな方向に転がっていきます。人気のある絵本なのが頷ける内容で、最後はすっきりするお話です。

ただ、関西弁が上手に話せないのでこの絵本の良さを十分に娘に伝えることはできなかったです(笑)。娘もいまいち、「どういういみ??」などと慣れない言い回しに戸惑っていました。どなたか上手な方の読み聞かせを私も聞いてみたいと思います。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 七夕の季節に☆  投稿日:2021/07/09
たなばたバス
たなばたバス 作・絵: 藤本 ともひこ
出版社: 鈴木出版
七夕の季節にぴったりの絵本はないかな〜と探して読んでみた絵本です。「いもほりバス」を読んだことがあったので、小学生にはちょっとかわいらしすぎる絵本かなと思いましたが、一年生にはちょうど良かったです。

七夕の日は晴れることが少ないので、「雨が降りませんように」と強くお願いしたくなります。こんなバスが雨雲を飛ばしてくれたら毎年おりひめさまもひこぼしさまも大喜びですね♪

幼稚園生くらいの子たちの前で読み聞かせをすると盛り上がる一冊かなと思いました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 教科書に載っているお話☆  投稿日:2021/07/09
おおきなかぶ
おおきなかぶ 作: 木村由利子
絵: 篠崎 三朗

出版社: ひかりのくに
小学校一年生のこくごの教科書に載っている、誰もが知っている名作です。ちょうど今娘が学校で習っているので、他の絵本ではどんな描かれ方をしているんだろうと思い、一緒に読んでみました。

一年生で習う漢字を使って書かれているお話は、教科書のとはほんの少し違っていて娘にとっても新鮮なようでした。まだ漢字は習っていませんが、習う前に親しむことができ、自然と学習につながりました。

一年生のおはなしシリーズはとても読みやすいので娘に積極的にどんどん読んでもらいたいと思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい さすがです☆  投稿日:2021/07/05
みえるとか みえないとか
みえるとか みえないとか 作: ヨシタケシンスケ
そうだん: 伊藤 亜紗

出版社: アリス館
ヨシタケシンスケさんの独特の視点で、目が見えない人のことをユーモアいっぱいに子どもたちにも分かりやすく描いています。とても丁寧に慎重にこのお話を作り上げたんだなという努力を感じました。

この絵本を読んでいると、五体満足で生きている人間が必ずしも完璧というわけではないと気づかされます。さらにもっと「便利」な体で生きている宇宙人もいるかもしれないという考え方がおもしろいですね。誰かの「できないこと」「ないもの」をピックアップするのではなく、自分ももしかしたら足りていないのかも?不便な部分もあるのかも?と思うところから、どんな人に対しても平等に見る視点を育てるのかもしれません。

気軽な気持ちで読んだらとても深いお話でした。
参考になりました。 0人

533件中 11 〜 20件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

かこさとし絵本復刊記念レビューコンテスト

出版社おすすめ

  • なまえのないねこ
    なまえのないねこの試し読みができます!
    なまえのないねこ
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    ぼくは ねこ。なまえのない ねこ。ひとりぼっちの猫が最後にみつけた「ほんとうに欲しかったもの」とは…

全ページためしよみ
年齢別絵本セット