すうじかるた 100かいだてのいえ すうじかるた 100かいだてのいえ
作: いわい としお  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
かるた以外の遊び方もたくさん! 絵本から生まれたあたらしいかるた
りおらんらんさん 30代・ママ

買ってよかったです
100かいだてシリーズ。子供たちが大好…

ねっこさんさんの公開ページ

ねっこさんさんのプロフィール

ママ・30代・愛知県、男3歳 男2歳

ねっこさんさんの声

16件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい 散歩に持っておでかけ!  掲載日:2009/5/30
ちいさなてのひらずかん にわやくさむらのいきもの
ちいさなてのひらずかん にわやくさむらのいきもの 作: 高岡 昌江
絵: 高橋 和枝
写真: 松橋 利光

出版社: 学研
身近な生き物ばかり載っていて、写真と可愛らしい絵がとても気に入っています。散歩に行くときにバックに入れて出かけれるのでいいですね。ちょっとした説明も載っているので子供とたのしく虫取りが出来ます。
息子は「本と同じだね!」って喜んで教えてくれます。
休日には家族揃って出かけると楽しめると思います。
同じシリーズの田んぼの生き物もおススメします。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う しんくんの心配性はかわいい  掲載日:2009/5/9
しんくんとのんちゃん 雨の日のふたり
しんくんとのんちゃん 雨の日のふたり 作・絵: とりごえ まり
出版社: アリス館
しんくんとのんちゃんのシリーズ。
心配性のしんくんとのんびり屋さんののんちゃんのお話。
しんくんの家に遊びに来るはずののんちゃんがなかなか来ない。
心配したしんくんは外へのんちゃんを探しに行きます。
そこで、雨の日ならではの心配事がたくさんしんくんの頭の中を駆け巡ります。のんちゃんのお気楽さには頭が上がりません。

ウチの3歳の息子も心配性というか怖がりなので、しんくんの気持ちがよく分かるそうです。

色もきれいで、絵がハッキリしていて見やすいです。男の子でも女の子でも読んであげれると思います。

水たまりの音、葉っぱに雨が落ちる音、色々な雨の音を楽しんで会話が出来ます。梅雨時期に読んであげるといいと思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい やさいの気持ちがイタイほど分かる?  掲載日:2009/5/9
やさいのおしゃべり
やさいのおしゃべり 作: 泉なほ
絵: いもと ようこ

出版社: 金の星社
決まった野菜しか食べない3歳の息子に読んであげました。
きゅうりくんがれいちゃんの家にやって来た。野菜室の野菜達が、食べてもらいたくてお話をしているとおばさんがやってきて、なすとトマトを持っていった。なかなか使ってもらえないきゅうりくん。いつ食べてもらえるんだろうと思っていると・・・。

野菜の気持ちがひしひしと伝わってきます。会話が面白いです。本当にこんなことを話しているんじゃないかと思えてきます。
子供はもちろん、お母さんにも読んでもらえたらと思います。

息子も野菜室の中を見て、「これ食べれる?食べてみようかなぁ〜」って言って晩ご飯に出したら、なんとあれほど食べなかったトマトをパクッ。ママは嬉しくて泣きそうでした。今度はきゅうりあたりを食べてもらえたらなぁ〜。

ぜひ、読んでみてください。嫌いな野菜が食べれるきっかけになればと思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい お出かけにピッタリ!  掲載日:2009/4/21
ちいさなてのひらずかん たんぼやみずべのいきもの
ちいさなてのひらずかん たんぼやみずべのいきもの 作: 高岡 昌江
絵: 高橋 和枝
写真: 松橋 利光

出版社: 学研
田んぼや川の周辺の生き物が実物大で載っている図鑑です。
写真とかわいいイラストつき説明で見やすいです。
散歩に出かける時や、ドライブなど小さいサイズなので持ち運びに便利です。珍しい生き物と言うより普段から見られる生き物なので、網やかごを一緒に持って出かけたら、さらに楽しめると思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい おもしろい  掲載日:2009/4/21
へんてこマンション
へんてこマンション 作・絵: 深見 春夫
出版社: 佼成出版社
サーカスのライオンが新しい芸を研究するためにお家を探しに出かけます。そして、歩いていくとおかしなマンションを見つけます。
一階ごとに部屋が違って楽しく見れます。息子は「このおかしの部屋に住みたい」っとはしゃいでます。
カラフルで、絵が細かく書いてあるので発見が楽しいです。
小さな子供でも分かりやすくて楽しめます。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う おばけがスキ  掲載日:2009/4/18
こどものとも絵本おばけのおつかい
こどものとも絵本おばけのおつかい 作: 西平 あかね
出版社: 福音館書店
おばけの子、さくぴーとたろぽうのお使いが成功したり、失敗しながら何回か行くお話です。保育園に通うおばけなんて聞いたことありませんが、息子は自分と同じだと思っているみたいです。でもおばけはキライだけど、さくぴーとたろぽうはスキです。
いろいろな所でおばけの世界ならではの食べ物や、お家が人間たちと違うので見ていて飽きません。細かく書いてあるので息子も探すことを楽しんでいます。インターフォンのべるねずみがスキで家のチャイムが鳴ると真似して遊んでいます。
あまり怖くはないので、初めてのおばけの本にはいいと思います。
シリーズの「おばけかぞくのいちにち」もおススメです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 寝る前に読みました  掲載日:2009/4/18
おやすみクマタくん
おやすみクマタくん 作・絵: カズコ・G・ストーン
出版社: 福音館書店
なかなか寝ないクマタくん。
「クマタくんが寝ないとまくらがとんでいってしまいますよ〜」
など、いろんなお話をしていたらいつの間にか眠ってしまうお話。

ウチにはベッドがないので、変わりに「抱き枕」を使って話したりして色々な物をとばしています。
読む文は少ないので、ゆっくり子守唄を歌うようにやさしく小さい声で読んであげました。気持ちが落ち着くようになり、ぐっすりクマタくんのように寝てくれました。
早く寝かしつけたいと思っているママのその気持ちも落ち着きます。
小さい子向けの本ですが、優しい気持ちで読んであげれるので大きくなってからも読んであげたいと思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 思いやりってすてき  掲載日:2009/4/18
くるりん ほしにねがいを
くるりん ほしにねがいを 作: とりごえ まり
出版社: 文溪堂
くるりんの大好きなおばあちゃんが風邪をひいて、くるりんとくるりーにが流れ星に元気なるお願いをしに行くお話しです。
ちょうど息子が熱を出したときに読んであげました。
すると、「ママもお願いして」と言われベランダでしてあげました。
弟が風邪をひいて熱を出したときには「お星様にお願いする」っと言って真剣にお願いしていました。
3歳になってちょっとお兄ちゃんになれた感じがしました。この本のおかげかな・・・。
くるりんみたいな優しい気持ちをいつまでも忘れないでいてほしいです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい パン大好き  掲載日:2009/4/17
そらとぶパン
そらとぶパン 作・絵: 深見 春夫
出版社: PHP研究所
パンが大好きな3歳と1歳の息子には大ヒット!
絵本だからこその内容がいい。夢があるし、想像してこんなパンある?とか話し合い笑い転げています。
駅のホームにいるのに電車じゃなくてパンが来るからびっくりしてました。しかも、ぶつかりそうになると飛んだよって。
見開きでパンの種類が載っているページはパン屋さんごっこが始まります。ぱくぱく。おいしそう。
話もわかりやすく、絵もかわいいので何回も読んでいます。
あまり本を読んであげないパパにも好評です。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 今だからこそ、子供に伝えたいかな  掲載日:2009/4/17
もりのゆうびんポスト
もりのゆうびんポスト 作: 原 京子
絵: 高橋 和枝

出版社: そうえん社
小学1年生のまゆがおじいちゃんの家の近くの森で素敵なポストを発見。お手紙を待っているキツネのコンタにまゆが書いてあげるんだけど、そのやりとりが小さな子供にもわかりやすくて手紙というものにに興味を持ってくれましたよ。
3歳の息子はコンタと同じで手紙が届いたことがありません。字を書くこと、気持ちを伝えること、何度も読めるそんな素敵なことを教えてあげたくてこの本を選びました。
3歳の子にはちょっと長い話ですが、懐かしいような心が温まる内容なので寝る前に読んで気持ちを落ち着かせています。


この本には最後にとても素敵なハガキが付いていてコンタに手紙が出せるようになっています。子供と一緒に出してみてください。きっといいことがありますよ。
息子にはいいことありました。
参考になりました。 0人

16件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

『藤城清治 影絵の絵本 グリム』<br>藤城清治さんインタビュー

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット