うまれてきてくれてありがとう うまれてきてくれてありがとう
作: にしもとよう 絵: 黒井 健  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
プレゼントにも喜ばれています。いのちの大切さを伝える1冊

ニコニコほっぺさんの公開ページ

ニコニコほっぺさんのプロフィール

ママ・30代・山梨県

ニコニコほっぺさんの声

10件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい 買いに行く〜!  掲載日:2010/7/31
からすのパンやさん
からすのパンやさん 作: かこ さとし
出版社: 偕成社
息子が0歳の頃、絵本を買ってあげようと
主人と一緒に本屋さんへ行きました。

すると、「この本、読んだな〜。大好きだったんだ。」といって、
主人が手にしたのが、こちらの絵本でした。
まだまだ、息子にとってはお話が長すぎて、
興味をもつ様子もありませんでしたが、
「よし、買おう!」と、主人の方が欲しくて買った一冊です。

それからずーっと、振り向かれなった『からすのパンやさん』。
息子が2歳になってようやく出番がやってきました!!!
まだまだ、お話全部は聴いていられないのですが、
パンやさんのおうちの赤ちゃんたちの名前を覚えたり、
「この子どうしたの〜?」と言ったり、
「これと、これと、これと、これのパン食べた(こと)ある〜!」
と言って、パンを指差したりして楽しんでいます。

そして、何といっても、2頁に亘って描かれたおもしろパン!
チューリップパン、パンダパン、だるまパン、かめパン・・・
じどうしゃパン・・・。
もっともっと、ふふふっなパンが勢ぞろいしています!

ある夜、そのページを見ていたら、息子が、
「くるまパン(じどうしゃパン)買いに行く〜!パンやさんに行く〜!」
と突然言い出しました。
「もうパンやさんやってないよ〜。寝る時間だからね。」
と私が言うと、「だめ〜!買いに行く!」と大騒ぎでした!

主人と息子と、2世代でお気に入りの一冊です☆☆☆
参考になりました。 1人

自信を持っておすすめしたい かわにぼちゃん  掲載日:2010/6/23
おやおや、おやさい
おやおや、おやさい 作: 石津 ちひろ
絵: 山村 浩二

出版社: 福音館書店
2歳の息子が、今一番はまっている絵本です。

やさいたちのマラソン大会のお話です。

息子の一番お気に入りのページは、
かぼちゃの ぼっちゃん かわにぼちゃん
のところ。
ばたばた走りまわっては、
「かわにぼちゃ〜ん!」
と言いながら、おもいっきり倒れて遊んでいます。

私が、「きゅうりは きゅうに?」というと、
息子が、「とまれない〜!」
と答えたりして、親子で毎日楽しんでいます。

私と主人のお気に入りは、
はくさい はくしゅは てれくさい
です。
はくさいが照れながら走っているうちに、
他のやさいに追い越されてしまうという・・・。

長いお話ではありませんが、とっても見所のある絵本です☆
参考になりました。 1人

自信を持っておすすめしたい ほんとうにまほうのえのぐだ!  掲載日:2010/5/16
まほうのえのぐ
まほうのえのぐ 作・絵: 林 明子
出版社: 福音館書店
みやこちゃんがお兄ちゃんのえのぐを貸してもらって、
最初はどろんこの絵になってしまうのですが、
もりの生き物たちと一緒に描いているうちに、
とっても素敵な絵が完成するというおはなし。

息子は何度も何度も
「まほうのえのぐよむ〜」と言って、
私の膝に座り、
「へびどこ〜?」「さるどこ〜?」「しゃくとりむしダメ〜!」
などと言いながら、とっても楽しんでいました。

私の好きな場面は、みやこちゃんが、
あかいえのぐを使っているしゃくとりむしに、
他の色もすすめてあげたり、
みやこちゃんが、自分の絵を見せてふふっと
口に手を当てているところ、
それから、最後にみやこちゃんが描いた素敵な絵を見て、
お兄ちゃんがひっくり返ってしまうところです☆

読み聞かせには3歳からとありますが、2歳でも
十分に楽しめると思います。
男の子にも女の子にもおすすめです☆
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい おもちゃの電車とゴットントン  掲載日:2010/4/7
でんしゃがゴットン
でんしゃがゴットン 作・絵: 冬野 いちこ
出版社: 岩崎書店
1歳の頃から読み始めて、すでにお気に入りの一冊なのですが、
特に2歳になってから、
「これよむー。」
「もう一回。」
などと言って、何度も読み返すようになりました。

すっかりお話を覚えたらしく、おもちゃの電車を走らせながら、
「くるまときょうそうゴットントン」
「とおく(に)駅(が)みえてきた」
などなど、ぶつぶつ言いながら遊んでいます。

それから、電車に乗っているぶたさんやくまさんたちの
様子が気になるらしく、
「あれ?ぶたさん・・・。降りてこないね〜。」
「くまさん、荷物いっぱい持ってる。」
などと、色々指差しながら楽しんでいます。

「ガタンゴトン」ではなく、
「ゴットントン」というところがまた、
ほのぼのした感じで、心地いいなぁなんて思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 1号!  掲載日:2010/2/21
ざっくん!ショベルカー
ざっくん!ショベルカー 作: 竹下 文子
絵: 鈴木 まもる

出版社: 偕成社
こちらの絵本は、もう何回読んだか分からないくらい
お気に入りの一冊です。

買った頃は、おしゃべりが始まったかどうかという頃で、
まだ文章がちょっと長いかな〜と
思ったのですが、ショベルカー大好きな息子は
絵に惹きつけられたようで、嬉しそうに見入っていました。

しばらくは、私が読み進めるままに聴いていたり、
絵の中から興味の湧いたものを見つけては
指差して楽しんだりしていました。

何度も何度も読み返して、
ある日突然、
「1号!」
と息子が叫びながら、ショベルカー1号を指差しました。
突然叫んだことにも驚きましたが、
1号、2号、3号の区別がつくということには、
もっと驚きました。

最近は、こちらの本で覚えた
「ざっくん、ざっくん!」
「オーライ、オーライ!」
をフル活用して、おもちゃのショベルカーや車で
遊んでいます。

絵も内容も、ショベルカーの魅力をたっぷり味わえる
楽しい作品だと思います。
特にショベルカー好きな男の子に☆☆☆☆☆
参考になりました。 1人

自信を持っておすすめしたい はじめての  掲載日:2010/2/8
0さい〜4さい こどもずかん くるまとでんしゃ 英語つき
0さい〜4さい こどもずかん くるまとでんしゃ 英語つき 絵: よしだじゅんこ
出版社: 学研
知人がプレゼントしてくれた一冊です。

0歳だった息子にとっては、はじめての
のりものずかん。

最初は眺めるだけでしたが、
段々一つ一つのりものを指さすようになり、
それに応えて、私も一つ一つなまえを読み上げて行きました。

月齢が上がるにつれ、
色々なのりものに興味を示すようになり、
次々に指さしをするので、
私の口周りの筋肉が鍛えられるんじゃないか、
というくらいでした。

今では、発音はまだはっきりしませんが、
息子自身ものりものの名前を言えるようになり(英語はまだ言えませんが)、
益々こちらのずかんを開く楽しみが増えました。

「0さい〜4さい」とありますが、
4歳までに、どんな風にずかんの読み方が変わって行くのかなあと、
ちょっと楽しみです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う いろを覚えはじめたら  掲載日:2010/1/25
しろ、あか、きいろ
しろ、あか、きいろ 作・絵: ディック・ブルーナ
訳: まつおか きょうこ

出版社: 福音館書店
1歳と10ヶ月になる息子と読みました。

近頃いろの名前を少しずつ覚えはじめたので、
一緒に「あか、あお、きいろ・・・」と言って、
繰り返し読みました。

女の子が目を閉じている(?)ページになると、
「ねんね、ねんね。」と自分の手を頬にあてて
眠るまねをしたりと、
ちょっと微笑ましい姿を見ることができて
嬉しかったです。

他の方々も書かれているように、
「あか」は「オレンジ」に見えてしまうかも
しれません。

シンプルなことばとかわいい絵が素敵です。
女の子に読んであげると、もっと喜ぶかも
しれないなぁと、思いました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ぽっ!  掲載日:2010/1/1
てんとうむしぱっ
てんとうむしぱっ 作: 中川 ひろたか
写真: 奥田 高文

出版社: ブロンズ新社
玄関先にシクラメンの花。
それを見た息子が、
「ぽっ!ぽっ!」
と言いながら嬉しそうに指差しています。

何か言いたげな顔でこちらを見てきますが、
何だかさっぱり分かりません。
「ぽっ?ぽっ?・・・。」

しばらくして、

てんとうむし ぱっ
チューリップ ぽっ

の「ぽっ」
ということだったんだと気が付きました。
「そうだね〜!」「ぽっ、だね〜!」
と私が言うと、満足そうに微笑んでいました。

花は違えど、
小さい子でも絵本の内容を
覚えているものなんだなぁと、
嬉しさと同時にとても驚いたのを思い出します☆
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい いたーっ!  掲載日:2009/12/16
きんぎょがにげた
きんぎょがにげた 作: 五味 太郎
出版社: 福音館書店
司書をしているいとこが薦めてくれた一冊です。

「いたーっ!」
そう言って、ページを捲るたびに大声を出す息子。

「あれー?」
と言いながら、
花やキャンディーを指差して、
わざと金魚がみつからない振りもします。

「金魚さんどこ行ったかな〜?」
「あれれ?いないねー。」
「あ、いたいたー!」
なんて言って、私も一緒に楽しんでいます。

隠れている金魚のまねをして、
口をぱくっと開けて天井を仰ぐわが子の顔もまた
なんとも言えません。
参考になりました。 2人

自信を持っておすすめしたい ねんねの頃から  掲載日:2008/9/24
ぴよちゃんとあそぼ!3さつギフトセット(1)
ぴよちゃんとあそぼ!3さつギフトセット(1) 作・絵: いりやま さとし
出版社: 学研
出産祝いとして、知人が贈ってくれました。

ねんねの頃の赤ちゃんが、絵本に興味を示すとは思っていなかったので、
試しに読み聞かせてみた時の反応の良さには、
本当に驚きました。

息子は特に、「ピヨピヨだあれ?」が好きみたいです。
「だあれ?」と言うたびに、ニコっとします☆

主人も、「この絵本セットはいいね〜」なんて言って、
読み聞かせをしてくれます。

頂いて嬉しかったので、友人が出産したら
是非プレゼントしようと思っています。
参考になりました。 0人

10件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

本屋さんイチオシ(読売KODOMO新聞)

出版社おすすめ

  • 透明くれよん10色
    透明くれよん10色
     出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    ★スルスル描ける新感覚クレヨン★     水彩えのぐみたいに下絵が透けて見える!

全ページためしよみ
年齢別絵本セット