しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

まおずままさんの公開ページ

まおずままさんのプロフィール

ママ・40代・大阪府、女の子10歳 女の子7歳

まおずままさんの声

200件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
なかなかよいと思う おもしろい。  掲載日:2018/1/23
はなくそ
はなくそ 著: アンジェール・ドロノワ
絵: カロリーヌ・アメル
監修: 守本倫子
訳: たかのゆう

出版社: 竹書房
子供って、いくら言って聞かせても鼻をほじったりするのをやめてくれないけれど、この絵本で鼻水、鼻くその役割、仕組みを自然に理解してくれそうです。
解りやすい絵と文なので楽しく身に付くと思います。

子供は納得すれば自分から行動してくれるはず!
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 春を運ぶドーナッツ。  掲載日:2018/1/23
ドーナツやさんのおてつだい
ドーナツやさんのおてつだい 作: もとした いづみ
絵: ヨシエ
企画: アサヒ飲料株式会社
発行: 絵本ナビ

出版社: 泰文堂
春らしい色使いの可愛らしい絵本です。
ポルカさんがお鍋の中で揚げているドーナッツのおいしそうなこと。
ドーナッツが揚がると、たくさんのお手伝いさん達の登場です。
ここで終わるかと思いきや、この後次なる展開が。
ポルカさんのおいしいドーナッツが春を運んでくるお手伝いをしていたんですね。
ふんわりおいしい後味の絵本でした。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う たのしい。  掲載日:2017/12/24
ももちゃんと じゃまじゃまねこと クリスマス
ももちゃんと じゃまじゃまねこと クリスマス 作: にわ
出版社: マイクロマガジン社
ももちゃんが大好きなじゃまじゃまネコたち。
構って欲しいのか、ももちゃんのやることなすこと、全部一生懸命邪魔してきます。でも、その手口が可愛い!
そのたびに、ふぅ〜と吹いたり、絵本をゆすったり、読んでいる子供も参加できるようになっています。2〜3歳くらいから十分楽しめそうです。
参考になりました。 1人

自信を持っておすすめしたい おもしろい。  掲載日:2017/12/24
オレ、カエルやめるや
オレ、カエルやめるや 文: デヴ・ペティ
絵: マイク・ボルト
訳: 小林 賢太郎

出版社: マイクロマガジン社
カエルがカエルをやめたがっているなんて!カエルの子供とお父さんのやりとりに、思わずふふっと笑ってしまいました。
理由が「なんかぬれててヌルヌルしてるし、ムシばっかり食べるのは(おいしいけど)なんかいやになった。」なんて中途半端なもの。
でも、こんな気持ち、ちょっと分かるかも。

下の娘が、ちょっと前まで将来の夢は「ネコがいいかなぁ・・・。いやウサギがいいかも・・・!」なんて真剣に言っていたのをふと思い出しました。

カエルはカエルで良かったんですね!
参考になりました。 1人

なかなかよいと思う おしゃれ!  掲載日:2017/12/24
Hot chocolate for you モカとつくるホットチョコレート
Hot chocolate for you モカとつくるホットチョコレート 著者: 刀根 里衣
出版社: NHK出版
ほんわか可愛い絵とキャラクター達なので、子供にももちろん良いと思いますが、大人のティータイムを提案するような、そんな印象も受けました。
色から出てくるカップから、何から何まで、何せおしゃれです。
絵本からホットチョコレートの香りが立ち上ってくるような気さえしました。
こんな優雅にお茶したいなぁ、なんて思ってしまいました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 可愛い。  掲載日:2017/12/24
Cookies for you マローネとつくるクッキー
Cookies for you マローネとつくるクッキー 著者: 刀根 里衣
出版社: NHK出版
やさしい色使いと、可愛いキャラたちに癒されます。
とりカップ、おしゃれな雑貨屋さんにありそうですね。なんだか欲しくなってしまいました。
読み終えると、まるでお茶とクッキー堪能したようなほっこりした気分になっていました。
レシピも書いてあるので、子供と一緒にお菓子作りするのもよさそうです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う かわいい。  掲載日:2017/11/22
さんかくサンタ
さんかくサンタ 作・絵: ツペラ ツペラ(tupera tupera)
出版社: 絵本館
三角、丸、四角の順でうまい具合にページが続いていきます。
簡潔な言葉で、クリスマスの夜からクリスマス当日までをリズミカルに描くのはすごいです。
小気味よいテンポの文とカラフルな可愛い絵がとても素敵で、ちいさな子供を膝にのせて読みたいなぁ、と思いました。
三角サンタがかわいかったです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 明るく楽しい!  掲載日:2017/11/22
おふろでなんでやねん
おふろでなんでやねん 文: 鈴木 翼
絵: あおき ひろえ

出版社: 世界文化社
素直にそのまま、「なんでやねん!」とツッコミながら読みたい絵本です。
ホンマになんでやねん!な展開のオンパレードです。
子供達が集まって、ページをめくる度にみんなで「なんでやねーん!」とツッコんでいる姿が浮かびました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う かわいらしいおばあちゃん。  掲載日:2017/11/22
トンダばあさん
トンダばあさん 作・絵: 北村 裕花
出版社: 小さい書房
「昔はミニスカート着て、ヒールを履いてでかけたもんだわ。」と鏡を見てシワを伸ばすおばあちゃん。
すると、あらあら…ビロンビロンに伸びちゃいました。

ビロンビロンに伸びた顔で、動物助けや人助けをするおばあちゃん。
サッカーの試合の助太刀は「ちょっと不公平かな?」と思ったけれど、そう簡単に勝たせてはあげないのですね。
汗をかいたときにパタパタあおいであげる、そんなちょっとした人助けが気持ち良かったです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 王さまの宝探しの旅。  掲載日:2017/11/15
おうさまの たからもの
おうさまの たからもの 絵・文: 糟谷 奈美
出版社: 至光社
きれいなはこを持っている王様。
自分だけの「たからもの」を入れるために、一人で探す旅?に出かけます。
この王様、一途で一生懸命なところが何だか子供みたいです。
家来が勧める宝石はダメ。やっぱり宝物は自分で探さなくっちゃね。
町まで探しに行ったけれど、お店に飾ってある品物は何だか違う。既製品じゃあだめなのかもしれません。

こうして森の中で王様は何だか温かいものをみつけるのです。
本当に大切なものって何だろう?と考えるきっかけになるかもしれません。
参考になりました。 0人

200件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

本屋さんイチオシ(読売KODOMO新聞)

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット