お金の計算と買い物が得意になる おかねのれんしゅうちょう おかいもの編 7さいまでに身につけたい お金の計算と買い物が得意になる おかねのれんしゅうちょう おかいもの編 7さいまでに身につけたい
企画・原案: 加藤 信巳 入澤 宣幸  出版社: 学研 学研の特集ページがあります!
電子マネー時代だからこそ、身につけたい金銭教育!新聞やTVで話題の幼児ドリル♪

suzu_zusuさんの公開ページ

suzu_zusuさんのプロフィール

ママ・20代・愛知県、女の子3歳 男の子2歳

suzu_zusuさんの声

51件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
なかなかよいと思う 誰も傷つかず死なずで新たな優しいものがたり  投稿日:2020/05/23
あかずきんちゃん
あかずきんちゃん 著: カトウ シンジ
出版社: 出版ワークス
誰もが知っているあの赤ずきんちゃんのお話かと思ったらリメイク版でした。

石をお腹に詰められた狼がこの狼の
ひーひーひーお爺さんという設定のようです。

物語は赤ずきん目線と狼目線で同時進行に双方の物語が進んでいきます。

狼は人間を怖がり、赤ずきんは狼を怖がり…

交差する双方の気持ちがいつ交わるのか読み進めるのが楽しかったです。

最後は暖かい気持ちで終わります。

残酷さは微塵もなく、教育的には一般的な話よりこちらの方が子供にはいいお話のように思いました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 言葉の発達にいい  投稿日:2020/05/21
はーい!
はーい! 文: 中川 ひろたか
絵: まるやま あやこ

出版社: 光村教育図書
今週2歳になったばかりの息子に読みました。

うさぎと象が隠れている所では、「いないねぇ」と言ってみたり、名前を呼んで「はーい!」と出てくると「いた!」と喜んでくれます。

言葉の成長が姉に比べると大分マイペースな子ですが

この本に出てくる「はい、どうぞ」を聞き、普段でも「はい、どぞー」と沢山言うようになりました。

とても気に入って何度も読まされました。笑
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 何が出来るのか予測不可能!  投稿日:2020/05/21
ぼくのつくりかた
ぼくのつくりかた 文・切り絵: たけうち ちひろ
出版社: 出版ワークス
工場のようなところで様々な材料を組み合わせて色々な動物を作ります。

材料も食べ物だったり文房具だったり虫だったりして

なにが出来るのか予測は不可能です!

形成する際の音が「びよーん かぱっ ぽこん」など
聞いていてとても面白い!

3歳の娘も楽しんで聞いてくれました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 私もよく知らなかった  投稿日:2020/05/21
あいちゃんのひみつ ダウン症をもつあいちゃんの、ママからのおてがみ
あいちゃんのひみつ ダウン症をもつあいちゃんの、ママからのおてがみ 文: 竹山 美奈子
絵: えがしら みちこ
監修: 玉井 邦夫

出版社: 岩崎書店
特別支援学校にかよっていたあいちゃんが地元の学校に通い始め、あいちゃんとあいちゃんの親御さん、学校の子がダウン症という障害を知り、向き合っていくお話。

ダウン症についての疑問を学校の子が親御さんに質問し、その答えに私がなるほど。となりました。

すぐ疲れてしまうことも知りませんでした。

娘の通う保育園でも障害のある子を受け入れています。

もしかしたらダウン症、またはその他の障害のある子と関わる機会があるかもしれない。

そんな時に相手の子の障害について知って、理解をしてあげる子になってほしいと読みながら思いました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ファーストブックの定番になりそう  投稿日:2020/05/21
みんなで ねんね
みんなで ねんね 文: 中川 ひろたか
絵: まるやま あやこ

出版社: 光村教育図書
中川ひろたか先生とまるやまあやこ先生の
「まんま まんま」「はーい」のシリーズがとても可愛くて息子が大好きなのでこちらも拝見。

やっぱり絵が可愛くて読んでるこっちが癒されます。

まだまだ赤ちゃん感が残っているさっくんがくまちゃんを寝かしつけます。

その後さっくんも眠くなって寝てしまいます。

そしたらお母さんもあくびをして寝てしまいます。

寝かしつけの絵本にはうってつけです。

このシリーズが新たな定番乳児絵本になること間違いなし。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 親に問いかけているよう  投稿日:2020/05/20
ひとは なくもの
ひとは なくもの 作: みやの すみれ
絵: やベみつのり

出版社: こぐま社
主人公のふみれちゃんは嬉しくても悲しくても泣いてしまいます。

あまりに泣き虫なのでお母さんが「泣くこはきらい」といいます。

涙は出てしまうもの。だから泣く子はきらいなんて言わないで。

と綴ってあります。

私自身娘に同じことを言った事があります。

読んでいるうちに私自身心がキューっと締め付けられました。

きらいの言葉がどれだけ悲しかったか考えさせてくれる本でした。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う お母さんにお口を拭いてもらうところが可愛すぎる!  投稿日:2020/05/20
まんま まんま
まんま まんま 文: 中川 ひろたか
絵: まるやま あやこ

出版社: 光村教育図書
赤ちゃんがご飯を食べている絵本です。

隣に座っているくまの人形?一緒に動いているので生きている?…はさておき、くまちゃんと一緒にエプロンをつけてスプーンを上手にもってご飯をモリモリたべています。

でも沢山食べ散らかします。

あるある!とつい微笑んでしまいます。笑

最後はお母さんにお口を拭いてもらうのですが、

そのシーンがとっても可愛くてたまりません。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う シュールな表紙に惹かれる  投稿日:2020/05/20
パンどろぼう
パンどろぼう 作: 柴田 ケイコ
出版社: KADOKAWA
パン泥棒が人気なパン屋さんになるお話。

え、食パン??目と鼻がリアル…

そんな表紙に惹かれて読むとこのパン泥棒、実はねずみ。

読み進めるまで気付きませんでした。笑

美味しくないパンを食べたことにより、自ら盗んできた美味しいパンを思い出しながら美味しくないパン屋さんを大人気のパン屋さんにしてしまう驚きの結末。

読んでいてとても面白かったです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 面白い  投稿日:2020/05/20
こうえん
こうえん 作: くりはらたかし
出版社: 偕成社
”こうえん”とだけあるタイトルからまさか鬼が出てくるとは思いもしませんでした。

鬼のお腹の上にある公園、おにがはらこうえん。

鬼が起きそうになると子供たちが逃げて、また眠りについたら戻ってくるを繰り返しています。

でも実は一緒に遊びたいと思っていた優しい鬼のお話でした。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 外に出れて助かった…と思いきや  投稿日:2020/05/17
きょうしつはおばけがいっぱい
きょうしつはおばけがいっぱい 作: さとうまきこ
絵: 原 ゆたか

出版社: あかね書房
主人公のだいくんは保護者が出し物で作成したお化け屋敷を「お母さん達が作ってる下手な作り物だよ」ととても生意気です。

しかし1人でお化け屋敷に入ると次々と不思議な事が起こります。

やっとの思いで外に出れて一安心。と思いきや

まだまだお化け達は後を追ってきます。

最後はだいくんが大泣きしてお化け屋敷から本当に出る事ができます。


義実家にありお化けに興味を持ち始めた娘が読んでと度々持ってきます。

ハラハラドキドキするシーンが何度もありお話が終わるまでハラハラドキドキ感を楽しめます。

この本を読めばお化けに会ったとき、どう行動して何を言えばいいのかが分かります。

ページ数:85
字ばかりだが絵も各ページにあり3歳でも飽きずに読める。
参考になりました。 0人

51件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

【連載】こんにちは!世界の児童文学&絵本

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット