しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

トコトコバニーさんの公開ページ

トコトコバニーさんのプロフィール

ママ・30代・神奈川県、女2歳

トコトコバニーさんの声

12件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
なかなかよいと思う 色々なお店屋さん。  掲載日:2009/3/2
とことこちゃんのおかいもの
とことこちゃんのおかいもの 作・絵: なかそね まりこ
出版社: 佼成出版社
本の内容より、お店の絵の細かいアイデアを楽しんでいるようでした★絵自体がアイデア豊富で楽しく、夢があります。ただ読むだけではもったいない絵本。このお店屋さんは、ここがレジかなとか、これは何だろうとか、親子で話しながら読むのがお勧めです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 2歳の娘にわかりやすい本。  掲載日:2009/3/2
はやく あいたいな
はやく あいたいな 作: 五味 太郎
出版社: 絵本館
内容的にも、長さ的にも娘には理解しやすいようでした。「いきちがい」と言う事を理解出来たようです。迷子になった時は、探すよりもその場で待っていようねって話しました(笑)
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ユーモアたっぷり!  掲載日:2009/3/2
あしにょきにょき
あしにょきにょき 作: 深見 春夫
出版社: 岩崎書店
娘と大爆笑しながら読みました。足が伸びるシーンの「ドンドコ、ドンドコ」と言うフレーズも気に入ったようです。親子で笑える本と言うのは少ないと思うので、貴重な一冊だと思います。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う おばけ大集合。  掲載日:2009/3/2
あいうえおばけだぞ
あいうえおばけだぞ 作: 五味 太郎
出版社: 絵本館
まだ、あいうえおを覚えるには効果を発揮しませんが、色々なお化けがいて、楽しいようでした。五味太郎さんの本は、娘にとってインパクトが強いようです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 面白い。  掲載日:2009/3/1
のはらのテレビジョン
のはらのテレビジョン 作・絵: 五味 太郎
出版社: 偕成社
娘はテレビから飛び出してくると言う発想が、新鮮で気に入ったようです。少年とおじさんのやりとりが独特な雰囲気で、他の本には無い面白みがあります。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい おおらかな気持ちで。  掲載日:2009/3/1
おでかけのまえに
おでかけのまえに 作: 筒井 頼子
絵: 林 明子

出版社: 福音館書店
娘の失敗をついつい責めたくなる日々。お出掛けを控えた忙しさの中ならなお更。主人公の両親のおおらかな対応に、日々の自分を反省しました。娘は「しっぱいしちゃったね〜」なんて、主人公の事を言いながらもとても共感しているようでした。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 奇想天外。  掲載日:2009/3/1
おふろだいすき
おふろだいすき 作: 松岡 享子
絵: 林 明子

出版社: 福音館書店
お風呂からたくさんの動物が出てくると言うのは、2歳の娘にとっては奇想天外で面白いストーリーのようでした。ただ、少し長いので、2歳の娘にはお話全てを細かいところまで理解するのは難しいようでした。(特にペンギンのところ)
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 笑いあり、涙あり。  掲載日:2009/3/1
こんとあき
こんとあき 作: 林 明子
出版社: 福音館書店
主人公の女の子がお人形と旅をする絵本なのですが、なんだかウルウルと涙がこぼれそうになりました。でも、最後はクスッと笑えます。とても素敵な絵本。お人形を持ち歩くような女の子のお子さんには、絶対お勧めの本です!
参考になりました。 1人

自信を持っておすすめしたい 名作。  掲載日:2009/2/28
はじめてのおつかい
はじめてのおつかい 作: 筒井 頼子
絵: 林 明子

出版社: 福音館書店
この本は、親にとっては主人公の一生懸命なひたむきさに感動。子供は、主人公の一生懸命さとドキドキに共感。親子で、素敵な気持ちになれる絵本だと思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 子供の目線。  掲載日:2009/2/28
ぼくはあるいた まっすぐ まっすぐ
ぼくはあるいた まっすぐ まっすぐ 作: マーガレット・ワイズ・ブラウン
絵: 林 明子
訳: 坪井 郁美

出版社: ペンギン社
子供の目線に立った、素敵な絵本です。単純な物語なのですが、2歳の娘には共感出来るものがあったようで、気に入って何度も読んでいました。普段、本の主人公と同じようにドキドキした気持ちで野原や森を歩いているのでしょうね。
参考になりました。 0人

12件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

『ゼツメツキグシュノオト』イベントレポート&インタビュー

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット