宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

トコトコバニーさんの公開ページ

トコトコバニーさんのプロフィール

ママ・30代・神奈川県、女2歳

トコトコバニーさんの声

12件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
なかなかよいと思う 癒し系絵本。  投稿日:2009/02/27
くるりんはじめてのおつかい
くるりんはじめてのおつかい 作・絵: とりごえ まり
出版社: 文溪堂
主人公のハリネズミが恥ずかしいと丸くなって隠れてしまうと言うのが可愛く、話のツボなのですが、ハリネズミを知らない娘には、その可愛らしさがあまりピンとこなかったようです。ストーリーは可愛らしく良いので、また再チャレンジしたいと思います。娘より、自分がその可愛さに癒された作品でした。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 可愛らしい。  投稿日:2009/02/27
もりのおやつやさん
もりのおやつやさん 作・絵: とりごえ まり
出版社: 学研
クッキーやカップケーキ作りはした事のあるのですが、ロールケーキは作った事がない娘。鉄板にこぼれた生地がロールケーキになるという気転を利かせた絵本なのですが、「気転を効かせた」という事はあまり理解出来ていないようでした。たくさん出てくる動物や、お菓子作りの材料や工程を純粋に楽しんでいるようでした。ロールケーキを作ってから、また読むと違うかなぁって思いました。とりごえさんの本は絵が可愛い!
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 子供の目線。  投稿日:2009/02/27
ぼくはあるいた まっすぐ まっすぐ
ぼくはあるいた まっすぐ まっすぐ 作: マーガレット・ワイズ・ブラウン
絵: 林 明子
訳: 坪井 郁美

出版社: ペンギン社
子供の目線に立った、素敵な絵本です。単純な物語なのですが、2歳の娘には共感出来るものがあったようで、気に入って何度も読んでいました。普段、本の主人公と同じようにドキドキした気持ちで野原や森を歩いているのでしょうね。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 名作。  投稿日:2009/02/27
はじめてのおつかい
はじめてのおつかい 作: 筒井 頼子
絵: 林 明子

出版社: 福音館書店
この本は、親にとっては主人公の一生懸命なひたむきさに感動。子供は、主人公の一生懸命さとドキドキに共感。親子で、素敵な気持ちになれる絵本だと思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 笑いあり、涙あり。  投稿日:2009/02/27
こんとあき
こんとあき 作: 林 明子
出版社: 福音館書店
主人公の女の子がお人形と旅をする絵本なのですが、なんだかウルウルと涙がこぼれそうになりました。でも、最後はクスッと笑えます。とても素敵な絵本。お人形を持ち歩くような女の子のお子さんには、絶対お勧めの本です!
参考になりました。 1人

自信を持っておすすめしたい 奇想天外。  投稿日:2009/02/27
おふろだいすき
おふろだいすき 作: 松岡 享子
絵: 林 明子

出版社: 福音館書店
お風呂からたくさんの動物が出てくると言うのは、2歳の娘にとっては奇想天外で面白いストーリーのようでした。ただ、少し長いので、2歳の娘にはお話全てを細かいところまで理解するのは難しいようでした。(特にペンギンのところ)
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい おおらかな気持ちで。  投稿日:2009/02/27
おでかけのまえに
おでかけのまえに 作: 筒井 頼子
絵: 林 明子

出版社: 福音館書店
娘の失敗をついつい責めたくなる日々。お出掛けを控えた忙しさの中ならなお更。主人公の両親のおおらかな対応に、日々の自分を反省しました。娘は「しっぱいしちゃったね〜」なんて、主人公の事を言いながらもとても共感しているようでした。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 面白い。  投稿日:2009/02/27
のはらのテレビジョン
のはらのテレビジョン 作・絵: 五味 太郎
出版社: 偕成社
娘はテレビから飛び出してくると言う発想が、新鮮で気に入ったようです。少年とおじさんのやりとりが独特な雰囲気で、他の本には無い面白みがあります。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う おばけ大集合。  投稿日:2009/02/27
あいうえおばけだぞ
あいうえおばけだぞ 作: 五味 太郎
出版社: 絵本館
まだ、あいうえおを覚えるには効果を発揮しませんが、色々なお化けがいて、楽しいようでした。五味太郎さんの本は、娘にとってインパクトが強いようです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ユーモアたっぷり!  投稿日:2009/02/27
あしにょきにょき
あしにょきにょき 作: 深見 春夫
出版社: 岩崎書店
娘と大爆笑しながら読みました。足が伸びるシーンの「ドンドコ、ドンドコ」と言うフレーズも気に入ったようです。親子で笑える本と言うのは少ないと思うので、貴重な一冊だと思います。
参考になりました。 0人

12件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

>絵本エイド ―こころにひかりを―

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット