いっしょにあそぼ しましまぐるぐる いっしょにあそぼ しましまぐるぐる
絵: かしわら あきお  出版社: 学研 学研の特集ページがあります!
0歳0カ月から!赤ちゃんもママも楽しい「しまぐる」は、プレゼントにピッタリです★

はやつぐさんの公開ページ

はやつぐさんのプロフィール

ママ・30代・神奈川県、男8歳 女6歳

はやつぐさんの声

109件中 21 〜 30件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい 可愛い大冒険  投稿日:2009/12/19
ハムスターのハモ
ハムスターのハモ 作・絵: たかお ゆうこ
出版社: 福音館書店
ケイちゃんのハムスター名前はハモ。
昼間は沢山遊んでくれるけど、夜になるとひとりぼっち。
「そうだ!!ゲージを出てみよう」
優しいハムスターの小さな冒険の始まり。
ケイちゃんが大事にしていたロボットのおもちゃ。
洗濯機のうらでぼろぼろに壊れていたのを発見します。
手先の器用な手先で毎日頑張って直してくれるのです。
頑張れ!!ハモちゃん!!
我が家もハムスターを飼っているのでとっても楽しく読んでいました。
動物好きな子どもたちに是非読んであげてください。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ともだち  投稿日:2009/12/19
アレクサンダとぜんまいねずみ
アレクサンダとぜんまいねずみ 作・絵: レオ・レオニ
訳: 谷川 俊太郎

出版社: 好学社
人に嫌われるねずみですが、ある日ぜんまいのねずみと友達になります。
ぜんまいねずみは人間に可愛がられうらやましい、と思っていました。
自分もぜんまいねずみだったら・・・
ところがある日ぜんまいねずみが捨てられてしまうことに。。。
自分を他の動物に変えてくれるという「魔法をもったとかげ」に願った姿とは・・・・
友情と優しさを感じる優しい本です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい おにが笑った!!  投稿日:2009/12/19
落語絵本5 おにのめん
落語絵本5 おにのめん 作・絵: 川端 誠
出版社: クレヨンハウス
小学生の息子は凄く面白い!!と絶賛の本です。
奉公に行ってお母さんと離れ離れのお春。
お母さんにそっくりのお面を大事にしていましたが、そこへ悪戯をされて鬼のお面にすり替えられてしまいます。
さてさて・・・・どうなってしまうのでしょう!!
読んでからのお楽しみ・・
小学生から楽しめると思います。
是非どうぞ・
参考になりました。 1人

なかなかよいと思う なんだか本当にふしぎ!!  投稿日:2009/12/19
はろるどのふしぎなぼうけん
はろるどのふしぎなぼうけん 作・絵: クロケット・ジョンソン
訳: 岸田 衿子

出版社: 文化出版局
絵がとっても上手で大好きな男の子はろるど。
かべに絵を描き始めます。家を書き町を書き、そして道を書き。
どんどん書いていくうちにはろるどは絵の中に入ってしまうのです。
どこまでが絵の中でどこまでが現実の世界なのか分からなくなってしまうほど。。。
とってもふしぎなお話です。
多少分厚い本ですが1ページに書かれている文章はとても短いので幼稚園児年長ぐらいから楽しめると思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 有名だけどやっぱり楽しい!!  投稿日:2009/12/19
落語絵本2 まんじゅうこわい
落語絵本2 まんじゅうこわい 作・絵: 川端 誠
出版社: クレヨンハウス
落語絵本。とってもいいですよね。
時代は違っても現時代でもとっても分かりやすくて、
なんていっても面白い!!
小学生の息子はこの落語絵本が大好きです。
最後は必ずオチで終わる。テンポもよくてよんでいる私も楽しくなってきます。
やっぱり本当に理解して楽しめるのは小学生からだとおもいます。
ぜひ読んでみてください。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う なんだかちょっぴり怖いな。  投稿日:2009/12/19
るすばんおばけ
るすばんおばけ 作: 舟崎 克彦
絵: 西川 おさむ

出版社: 佼成出版社
一人で留守番をすることになったお化けの男の子。
たったひとりぼっちって時間を増すごとに不安になるもの。
このお化けの男の子もそうでした。
「そうだ!!鏡を見てみよう。自分が写ってるから一人じゃないぞ」っと鏡を覗き込みます。すると鏡の中のじぶんが出てきてしまうのです。そしてなーんと本当のじぶんを鏡の世界へ入れようとするのです、
この本を読んだ息子はかなり怖がっていました。
絵は可愛いお化けなのですが、一人ぼっちのお化けの心寂しい気持ちも分かるし、なんといっても鏡の世界へ入れられそうになるところは
何度も後ろを振り返りながら読んでいました。
でも楽しいですよ。
勇気ある男の子!!是非読んでみてください!!
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 王道の昔話。  投稿日:2009/12/19
てんぐのかくれみの
てんぐのかくれみの 作: 松谷 みよ子
絵: 朝倉 摂

出版社: 偕成社
昔話とはいいものですよね。
その時代の風景や風習、話言葉など絵本を読んでいるだけで、自然と思い描くことが出来る。
子どもたちにはいつまでも昔話の楽しさを忘れて欲しくない物です。

この天狗のかくれみの、天狗やかっぱなどが結構身近に存在していて、私たちや子どもたちに夢を与えてくれますね。
小学校の息子は天狗やカッパなど幻の生き物が大好き!!
目を輝かせて読んでいた一冊です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい おにいちゃんっていいね。  投稿日:2009/12/16
ぼくはおばけのおにいちゃん
ぼくはおばけのおにいちゃん 作: あまん きみこ
絵: 武田 美穂

出版社: 教育画劇
我が家は5歳の妹と7歳のおにいちゃんがいます。
この本を読んでいると自分たちの事のように真剣に読んでいました。
この本のおにいちゃんはとっても優しい!!
おにいちゃんの怖いな、とか泣いたらうるさぃて嫌だな。とかの気持ちがよく伝わってくる本でした。
お化けもとっても可愛い!!こんなお化けなら一緒に遊びたい!!と子どもたちも可愛いお化けに夢中でした。
小学校低学年まで楽しめると思いました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 素朴な良い絵本  投稿日:2009/12/16
はらぺこゆうれい
はらぺこゆうれい 作: せな けいこ
出版社: 童心社
5さいで読みましたがもう少し小さい子でも十分に楽しめる内容だと思います。
お腹をすかせた幽霊は人を脅かすと怖がって食べ物を供えてくれると言う話を信じて杵と臼でお持ちをつくのですが、在り難がられるだけで
お持ちも取られてしまい、空腹のあまりたおれてしまいます。
さてこの幽霊一体どうなってしまうのでしょう、

素朴な絵と分かりやすいお話できっとこれからもずっと読み続けられていく本なのでしょうね。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい おにいちゃん頭良い!!!!  投稿日:2009/12/16
ぜったいたべないからね
ぜったいたべないからね 作: ローレン・チャイルド
訳: 木坂 涼

出版社: フレーベル館
我がままで好き嫌いの多い妹。
そんな妹の面倒を見るおにいちゃん。
ある日「妹の面倒を見てね、ご飯を食べさせておいてね」なーんてかんたんに言って出かけてしまったおかあさん。
さあ!!っここからおにいちゃんの出番です。

だ一嫌いなにんじん。妹が眉間にしわを寄せる中。「それはにんじんに見えるだろうけど、にんじんじゃないんだよ。木星から届いた;えだみかん:だよ」なーんてすごい名前を思いつくのです。

その発想が本当に楽しくてこれなら嫌いな物も思わず食べてみたくなるかも・・・!!

とっても素敵な兄弟のお話です。
参考になりました。 0人

109件中 21 〜 30件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記 その5

出版社おすすめ

  • わたしのおかいもの
    わたしのおかいもの
    作:株式会社アーク・コミュニケーションズ 絵:わたなべ ちいこ 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    ★女の子の「大好き」を詰め込んだバッグ★ デパートでのお買い物を楽しめる、バッグ型しかけ絵本

全ページためしよみ
年齢別絵本セット