いっしょにあそぼ しましまぐるぐる いっしょにあそぼ しましまぐるぐる
絵: かしわら あきお  出版社: 学研 学研の特集ページがあります!
0歳0カ月から!赤ちゃんもママも楽しい「しまぐる」は、プレゼントにピッタリです★

さわかママさんの公開ページ

さわかママさんのプロフィール

ママ・40代・京都府、女の子10歳 男の子7歳

さわかママさんの声

58件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい おもしろい!  投稿日:2013/10/25
きょだいな きょだいな
きょだいな きょだいな 作: 長谷川 摂子
絵: 降矢 なな

出版社: 福音館書店
これは、はまりました!
リズムがいいので、抑揚とリズムをつけて読んであげると、おしりをフリフリ、調子付いてくると自分も踊りながら一緒に諳んじて、楽しそうです。
おしりとかうん○とかシモのものが好きな時期なので(笑)、トイレットペーパーのところは大うけ!100人の子供がそれぞれおしりを拭いてる絵なんかが、もうたまらん、といった感じです(笑)
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 展開がおもしろい!  投稿日:2013/10/25
めがねうさぎ
めがねうさぎ 作・絵: せな けいこ
出版社: ポプラ社
よそで読んだ「おばけのてんぷら」が気に入ったようだったので購入しようと本屋に行ったら、隣に置いてあったこちらの本がいいというので買ってきたのですが。。。おばけが物陰から見ているシーンが、というかその表情が怖かったらしく、読めませんでした。もともと極端に怖がりなので、おばけのてんぷらが大丈夫だったことにちょっとびっくりではあったのですが。。。ストーリーはなかなか面白いし、おばけもお茶目で可愛いので、私的にはおススメです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 大胆なおそうじ!  投稿日:2013/10/25
ぐりとぐらのおおそうじ
ぐりとぐらのおおそうじ 作: 中川 李枝子
絵: 山脇 百合子

出版社: 福音館書店
ぐりとぐらが、大胆なアイデアで大掃除をするお話。
自分もやりたい!と、いつ言い出すか冷や冷や。。。もちろん、おそうじを手伝ってくれるのは歓迎しますが、ぐりとぐらと同じようにやりたいと言われるとちょっと困ってしまいます(苦笑)いや、いっそ、同じようにさせたほうが本人も満足して逆に手がかからないのか、悩むところですね(笑)
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい さすが!楽器も手作り!  投稿日:2013/10/22
バーバパパのがっきやさん
バーバパパのがっきやさん 作: アネット・チゾン タラス・テイラー
絵: アネット・チゾン タラス・テイラー
訳: 山下 明生

出版社: 講談社
バーバパパが大好きな娘のために買いました。DVDにあるお話とはまたちょっと違った内容なので、飽きずに楽しめるかなあと。さすがはバーバパパ、楽器もすべて手作りなんですね。自然のものや使えなくなったものを工夫して楽器にするというのがすばらしいです。なんでも工夫次第で楽しめることを、この絵本を通して知ってもらいたいな♪
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 果物がおいしそう♪  投稿日:2013/10/22
バーバパパのジュースづくり
バーバパパのジュースづくり 作: アネット・チゾン タラス・テイラー
絵: アネット・チゾン タラス・テイラー
訳: 山下 明生

出版社: 講談社
バーバパパが大好きな娘のために買いました。
バーバパパシリーズのこの絵のタッチや色使いが優しくて大好きなのですが、ジュースにするいろんな果物やハーブ(?)のおいしそうなこと!
絵を見ているだけで癒されます。
最後のシーンでは、バーバパパの家族だけでなく、鳥たちやイヌとネコなどもジュースを分け合って飲んでいるのが、さすがバーバパパの一貫した平和で優しい気持ちを象徴しているなあと思いました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい もりだくさん!  投稿日:2013/10/22
のりものいろいろかくれんぼ
のりものいろいろかくれんぼ 作: いしかわ こうじ
出版社: ポプラ社
1歳半の息子がはまっています。まだそれほど乗り物自体に興味があるという感じではないですが、カラフルな色使い、いろんな乗り物、厚みのあるページでちょっとした仕掛けで穴が開いているので、1歳の子でもめくりやすくなっています。
乗り物の名前や性質だけでなく、色の名前、英語まで記してあって、上の子も面白そうに見ていました。
お出かけのときはかばんに入れています。
参考になりました。 1人

なかなかよいと思う はじめは怖かったけど。。。  投稿日:2013/10/22
ちびゴリラのちびちび
ちびゴリラのちびちび 作・絵: ルース・ボーンスタイン
訳: 岩田 みみ

出版社: ほるぷ出版
あなたは生まれてきたときからずーっと周りのみんなに愛されているのよ、というメッセージを伝えたくて、3歳の誕生日に購入しました。
しかし、極端に怖がりの娘は、色使いが暗めなのと、森の動物達の表情が怖かったらしく、特にライオンが大きな口を開けているページからは先が読めずにしばらくお蔵入り(泣)4歳になって、いろんなことがわかるようになってきてやっと読めました。今では「ちびちび、かわいいね〜」と言っています。「ちびちび」を娘の名前に置き換えて読んであげると大喜びで、ぎゅーっと抱きついてきます。よかった!
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う けっこううけた  投稿日:2013/10/22
よかったねネッドくん
よかったねネッドくん 作・絵: レミー・シャーリップ
訳: やぎた よしこ

出版社: 偕成社
よかったことと、困ったことが交互に繰り返されていきます。
そのテンポがけっこううけてるみたいなのですが、「爆発ってなあに?」という質問には言葉が詰まってしまいました。娘の分かる言葉でというか経験でどう説明すればいいのか。。。でも爆発の絵を見て「爆発って面白いよね!」と自分なりに解釈しているみたいです。。。決して面白いものではないんだけどな(汗)
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ほのぼの、女の子の代表かな  投稿日:2013/10/22
おままごと
おままごと 作・絵: すなやま えみこ
出版社: こぐま社
おままごとが大好きな娘のために購入しました。
お外でピクニックしながら、ほのぼのとしていてとっても楽しそうです。
ただ、感情移入の激しい娘は、女の子が転んだシーンでは一緒に泣き、落としたものを見ては泣き、立ち上がって歩いても「サンダル置いてっちゃった!」と言っては泣き。。。いちいち説明したりその後のページを見せてなだめたりと大変(笑)でも、タンポポの季節にはオムレツ作る!と張り切って女の子の真似をしていました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ねーねーかわいいね  投稿日:2013/10/22
ねーねーのしっぽ
ねーねーのしっぽ 作: はやし ますみ
出版社: イースト・プレス
1歳の弟に「ねーねー」と呼ばれている娘。水中の生き物も大好きなので、これは!と思い購入しました。やはり、ヒット!この大きい子がおたまじゃくしのねーねーなんだって、と言うと、娘の顔がぱぁーっと輝いて(笑)ねーねーの表情もほんわかしていてとっても可愛いんです。お話の展開もよくて、お気に入りの一冊になりました♪
参考になりました。 0人

58件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

優しく平等な心の大切さを、絵本・映像・音楽で学べる

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット