ねこのセーター ねこのセーター
文: 及川 賢治 絵: 竹内 繭子  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
あの100%ORANGEの名作が、待望の復刊です!

立松 和平(たてまつわへい)

立松 和平(たてまつわへい)

作品一覧

※検索キーワードをスペースで区切って複数指定すると、絞り込んで検索できます。

表示順

表示件数:

16件見つかりました

表示

新・今昔物語絵本 鬼のかいぎ

新・今昔物語絵本 鬼のかいぎ

作:立松 和平  絵:よしながこうたく  出版社:新樹社  本体価格:¥1,500+税  
発行日:2011年05月  ISBN:9784787586124
牧場のいのち

牧場のいのち

作:立松 和平  絵:山中桃子  出版社:くもん出版  本体価格:¥1,200+税  
発行日:2007年03月  ISBN:9784774312217
  ためしよみ
木のいのち

木のいのち

作:立松 和平  絵:山中桃子  出版社:くもん出版  本体価格:¥1,200+税  
発行日:2005年09月  ISBN:9784774310459
  ためしよみ
川のいのち

川のいのち

作:立松 和平  絵:横松桃子  出版社:くもん出版  本体価格:¥1,200+税  
発行日:2002年  ISBN:9784774306308
  ためしよみ
田んぼのいのち

田んぼのいのち

作:立松 和平  絵:横松桃子  出版社:くもん出版  本体価格:¥1,200+税  
発行日:2001年  ISBN:9784774304625
  ためしよみ
街のいのち

街のいのち

作:立松 和平  絵:横松桃子  出版社:くもん出版  本体価格:¥1,200+税  
発行日:2000年  ISBN:9784774304069
  ためしよみ
満月の百年

満月の百年

作:立松 和平  絵:坪谷 令子  出版社:河出書房新社  本体価格:¥1,500+税  
発行日:1999年  ISBN:9784309730653
キツネとのやくそく

キツネとのやくそく

作:立松 和平  絵:黒井 健  出版社:河出書房新社  本体価格:¥1,450+税  
発行日:1998年3月5日  ISBN:9784309730646
天とくっついた島

天とくっついた島

作:立松 和平  絵:スズキ コージ  出版社:河出書房新社  本体価格:¥1,456+税  
発行日:1997年  ISBN:9784309730622
おじいさんの机

おじいさんの机

作:立松 和平  絵:鈴木 まもる  出版社:河出書房新社  本体価格:¥1,456+税  
発行日:1997年  ISBN:9784309730639
父のふるさと

父のふるさと

作:立松 和平  出版社:河出書房新社  本体価格:¥951+税  
発行日:1996年08月  ISBN:9784309731155
黄色いボール

黄色いボール

作:立松 和平  絵:長 新太  出版社:河出書房新社  本体価格:¥1,456+税  
発行日:1996年  ISBN:9784309730615
雨をまちながら

雨をまちながら

作:カマクシ・バラスブラマニアン  絵:ユフス・バンガロレワラ  訳:立松 和平  出版社:河出書房新社  本体価格:¥1,456+税  
発行日:1994年05月25日  ISBN:9784309723877
森に生きる

森に生きる

文:立松 和平  写真:江本守男・高野康男・田中洋一・菊地和義  出版社:講談社  本体価格:¥1,262+税  
発行日:1993年06月  ISBN:9784062064545
海のいのち

海のいのち

作:立松 和平  絵:伊勢英子  出版社:ポプラ社  本体価格:¥1,200+税  
発行日:1992年  ISBN:9784591041758
山のいのち

山のいのち

作:立松 和平  絵:伊勢英子  出版社:ポプラ社  本体価格:¥1,200+税  
発行日:1990年09月  ISBN:9784591033401

16件見つかりました

立松 和平(たてまつわへい)さんの作品のみんなの声

  • 共存

    地球上で、一番身勝手なのは人間なんだなあとは思うのですが ならば、どうやって生きていけばいいのか・・なかなかいい 答えをみつけることが私にはできません。 森や、山里で起きている問題についても・・・・・続きを読む

  • 重い

    最重量級です。 絵もお話も。 立松和平さんの、自然破壊に警鐘をならす文に、よしながこうたくさん の力強い絵が、がっぷり四つを組んだ感じで、メッセージが倍増して伝 わってきます。・・・続きを読む

  • 日本らしい絵本

    父のために、キツネのもとへお嫁に行った三姉妹の末娘。 山奥で光る、キツネの行列はなんとも幻想的です。 キツネのもとへ三女は嫁いだ一年後、父はキツネのお屋敷に招待され、三女の幸せそうな姿を見ます・・・続きを読む

  • 命・しみわたる

    母の死を乗り越えて生きる小学5年生の女の子と 季節の移り変わりの描写が 生きること・死ぬことを考えさせてくれるつくりになっています。 5年生って、大人の入り口にさしかかる微妙な年齢で 「無・・・続きを読む

  • 切ない母との別れ

    瞳は小学校の5年生 母との別れが来るまでを切なく描かれた作品です 立松和平さんはもうこの世の人でなくなりましたが こんな切ないお話を書かれていたのですね 横松桃子さんの独特なセンスの絵がみご・・・続きを読む


『くだものと木の実いっぱい絵本』<br>ほりかわりまこさんインタビュー

出版社おすすめ


全ページためしよみ
サイン本販売中