もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

佐藤 忠良(さとうちゅうりょう)

佐藤 忠良(さとうちゅうりょう)

1912年宮城県生まれ。東京美術学校彫刻科を卒業。1954年、第一回現代日本美術展賞を受賞。1960年、日本人の顔の連作に対して高村光太郎賞を受けた。絵本には「おおきなかぶ」、童話のさし絵に「ビーバーの星」(以上福音館書店刊)がある。

佐藤 忠良(さとうちゅうりょう)さんの作品ピックアップ

  • おおきなかぶ おおきなかぶ 作:A・トルストイ
    絵:佐藤 忠良
    訳:内田 莉莎子
    出版社:福音館書店
    本体価格:¥900+税
    ISBN:9784834000627
    おおきなかぶの試し読みができます!
    大きなかぶをみんなで力を合わせて抜くという単純な物語の中に、大らかさ、力強さ、ユーモアなどが満ちあふれ、ロシア民話の楽しさを味わわせてくれます。
  • ゆきむすめ ゆきむすめ 作:内田 莉莎子
    絵:佐藤 忠良
    出版社:福音館書店
    本体価格:¥900+税
    ISBN:9784834000931
    子のないおじいさんとおばあさんの所にきた、美しい女の子は、たき火をとびこしたとき……。澄んだ美しい感動的なロシアの民話です。
  • 木 作:木島 始
    絵:佐藤 忠良
    出版社:福音館書店
    本体価格:¥900+税
    ISBN:9784834021110
    ある老人が木をスケッチしていると、木はいろいろなことを語りかけてくれ、木との対話が始まる。水をぐんぐん吸い込む根っこ、空を見上げながら風の歌を聞いている枝、がまんをしているこぶ。木のいのちの物語。
  • 小さな町の風景 小さな町の風景 絵:佐藤 忠良
    著:杉 みき子
    出版社:偕成社
    本体価格:¥1,200+税
    ISBN:9784037204402
    坂・橋・海など八つの風景にまつわる45の小品集。独特の感性と郷土性を、香り高い文章で綴る。

作品一覧

※検索キーワードをスペースで区切って複数指定すると、絞り込んで検索できます。

表示順

表示件数:

11件見つかりました

表示

おひゃくしょうとえんまさま 中国民話

おひゃくしょうとえんまさま 中国民話

著:君島 久子 佐藤 忠良  出版社:福音館書店  本体価格:¥800+税  
発行日:2011年04月01日  ISBN:9784834026443
偕成社文庫 小さな町の風景

偕成社文庫 小さな町の風景

作:杉 みき子  絵:佐藤 忠良  出版社:偕成社  本体価格:¥800+税  
発行日:2011年03月  ISBN:9784036526901
  ためしよみ
木

作:木島 始  絵:佐藤 忠良  出版社:福音館書店  本体価格:¥900+税  
発行日:2005年07月  ISBN:9784834021110
紙芝居 平和のちかい

紙芝居 平和のちかい

作:稲庭桂子  絵:佐藤 忠良  出版社:童心社  本体価格:¥1,900+税  
発行日:2005年06月  ISBN:9784494078653
大型絵本 おおきなかぶ

大型絵本 おおきなかぶ

作:A・トルストイ  絵:佐藤 忠良  訳:内田 莉莎子  出版社:福音館書店  本体価格:¥8,600+税  
発行日:1998年  ISBN:9784834014785
小さな町の風景

小さな町の風景

絵:佐藤 忠良  著:杉 みき子  出版社:偕成社  本体価格:¥1,200+税  
発行日:1982年09月  ISBN:9784037204402
おおきなかぶ

おおきなかぶ

作:A・トルストイ  絵:佐藤 忠良  訳:内田 莉莎子  出版社:福音館書店  本体価格:¥900+税  
発行日:1966年06月  ISBN:9784834000627
  ためしよみ
ゆきむすめ

ゆきむすめ

作:内田 莉莎子  絵:佐藤 忠良  出版社:福音館書店  本体価格:¥900+税  
発行日:1966年  ISBN:9784834000931
小さな雪の町の物語 

小さな雪の町の物語 

著:杉 みき子 佐藤 忠良  出版社:童心社  本体価格:¥1,200+税  
発行日:1984年06月  ISBN:9784494021147

11件見つかりました

佐藤 忠良(さとうちゅうりょう)さんの作品のみんなの声

  • 子供ながらこわかった

    子供の頃に親に読んでもらったがとてもこわかった。 今となっては話の内容は全く覚えておらず、このババヤガーという変わった名前とこわい話ということのみはっきり覚えている。 どんな話だったのか、どうこわ・・・続きを読む

  • 記憶に残っていたお話

    自分が小さい頃、読んだことのある「おおきなかぶ」。 大体のストーリーも覚えていたのですが、大人になってあらためて読んでみました。 子供の頃はお話に夢中で、イラストの細かいところまで目についていませ・・・続きを読む

  • 私も、これ読んだ!

    • ゆうパンダさん
    • 30代
    • ママ
    • 滋賀県
    • 女の子3歳、女の子0歳

    この表紙、見たことある!と、子どもより親の私が手に取った絵本です。 リズミカルな言葉に、繊細なタッチの絵。 おじいさん、おばあさん、孫、犬、猫、鼠、勢ぞろい。 多分、ほとんどのお父さんお母さ・・・続きを読む

  • 有名な絵本

    おかあさんでいっしょのテレビでも、歌ででてくるくらい有名。 どんだけ大きなカブ何だろう?絵本をいっしょに読みながら、子供の頃の記憶を頼りに見ていたらとっても大きなカブ。 大人的に想像すると、切った・・・続きを読む

  • 大勢の前では

    みんながよく知っているこの絵本。 もちろん、小さい絵本でも、充分に楽しいのですが、このお話に登場するカブは、とてつもなく大きいのですから、大きな絵本でよむと、迫力倍増です!! 大勢の子どもたち・・・続きを読む


日本出版10周年記念! アリスン・マギーさんインタビュー

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット