おふくさんのおふくわけ おふくさんのおふくわけ おふくさんのおふくわけの試し読みができます!
作: 服部 美法  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
おなかのすいた鬼といっしょに作るおりょうりは…?(複製画も発売中!)

マイケル・ビダード(まいけるびだーど)

マイケル・ビダード(まいけるびだーど)

作品一覧

※検索キーワードをスペースで区切って複数指定すると、絞り込んで検索できます。

表示順

表示件数:

1件見つかりました

表示

エミリー

エミリー

作:マイケル・ビダード  絵:バーバラ・クーニー  訳:掛川 恭子  出版社:ほるぷ出版  本体価格:¥1,500+税  
発行日:1993年  ISBN:9784593503032

1件見つかりました

マイケル・ビダード(まいけるびだーど)さんの作品のみんなの声

  • 詩人と女の子の魂の交流

    この絵本のテーマは白。 エミリー・ディキンスンのけがれのない魂の色。 彼女はいつも白い服を着ていたのですね。 詩人と女の子の交流。女の子もまた白い服で詩人に出会う。 「詩はあなた。これは詩にな・・・続きを読む

  • 詩ってなあに?

    バーバラ・クーニーの絵に惹かれて手に取りました。 実在した詩人エミリーと幼い少女の交流が描かれます。 向かいに住む、ほとんど家の外に出ないなぞの女性ですが、少女にとっては親しみをもてる存在だったの・・・続きを読む

  • 天使はいつもとなりにいる

    アメリカの偉大なる詩人、エミリー・ディキンソンのことを 知らないまま、読みました。バーバラ・クーニーさんの挿絵の 絵本だったので。 ああ、やっぱり素敵。 エミリーの詩も今度読んでみようって・・・続きを読む

  • 絵が美しい

    不思議なお話しですが エミリーは決して変な人ではありません。 白い服を着て詩をかいたり 音楽を聞いたり、景色をみたり。 たとえ隠遁生活をしていてもきっと心は満足していたでしょう。 そんな印象・・・続きを読む

  • エミリーとの出会い

     20年間も外に出ない隣人のエミリー。あるきっかけで、「わたし」はエミリーに会うことができました。子どもらしい純粋な好奇心が、エミリーに通じたんだなと思いました。  いろいろななぞに出合いながら、成・・・続きを読む


「パンダのポンポン」シリーズ 野中柊さんインタビュー

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット