もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
0歳の子と読みたい絵本ベストセレクションよりこの3冊をご紹介(1)
しゅくだいさかあがり
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

しゅくだいさかあがり

  • 児童書
作: 福田 岩緒
出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,100 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • 一章ためしよみする
  • ちょっとためしよみする

発行日: 2014年06月02日
ISBN: 9784569784021

小学校低学年
A5判上製 80ページ
A5判上製

出版社からの紹介

夏休みに、さかあがりの宿題がでた。友達のさとしと一緒にさかあがりの練習をしたけれど、一度もできなくてさとしに八つ当たりしてしまった。もうさかあがりなんて、どうでもいいやって思った。練習なんかするもんかって思った。

次の日、友達がプールに行こうと誘ってくれたけど、行かなかった。お父さんが心配して「さかあがりはできた?」と聞いてきたけど、適当に答えることしかできなかった。でも、心のどこかでずっとさかあがりのことが気になっていた。さかあがりなんてどうでもいいはずなのに、気がついたらぼくは公園に向かって走っていた。

公園のてつぼうを見て、もう一度さかあがりの練習をしようと思った。すると、そこにさとしが来てくれた。さとしのお兄ちゃんから言われたコツを頭に入れながら、必死に何度も何度も地面をけって練習をした。すると、重かったおしりがすっと軽くなって……。

努力することの大切さを描いた幼年童話。

しゅくだいさかあがり

しゅくだいさかあがり

ベストレビュー

さかあがりだけじゃないー大切なこと

「さかあがり」も「自転車」も
普通に練習して出来たように思うのですが
その「コツ」を上手に
教えてくれた友達や父に
感謝しないといけないなぁ〜
と、今頃思います(笑

勤めていた保育園では
秋の運動会で
年長さんの障害物競走がリレーであって
その中に、さかあがりがあったんです
私が新任の時は、20数人だったのかな?
ほとんどの子が出来ていたんです
先輩保育士さんのご指導はもちろんですが
保育園という生活の場では
トックンしなくても、見よう見まねで
小さい頃から挑戦している子がいて
伝統的になっていたような気がします

その時まで出来なかった子は
足抜き(足を腕の中にかけて、まわる)になるのですが
年長さんのプライドがありますから
この本と同じ、夏の暑い時に
一生懸命練習する子もいたんですよ

さかあがりが出来ないからって
困ることないのにね(笑
あの一生懸命やること
友達と競うこと
友達に教えること・・・等
いろんなことが付随するのが
いいんだなぁ〜 と、若き保育士は気づいたんです

今は、補助道具もあって
うちの息子は小学校であれを使って
「やった
けど、自力では出来なかった」と
今、申しておりました(笑

この作品の主人公のゆうたくんも
いろんなことが絡んで
すぐには出来ないんです
他のスポーツとかは全然OK!なのに

お友達、お父さん、お母さんと妹・・・
いろんな人との関わりが
自分のことのように思えるのではないでしょうか

私は、公園で遊んでいる1年生のセミとりしてる
男の子達の様子を見ての
ゆうたくんの気付く場面が好きです

是非、親子で読んでほしいです!!
(しいら☆さん 50代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


福田 岩緒さんのその他の作品

しゅくだいとびばこ / 釣りに行こう! / ぼくのにいちゃんすごいやろ! / しゅくだい大なわとび / ぼくの天国ポスト / つくる 五感のえほん2



めいろをなぞりながらクイズでも遊べる絵本!

しゅくだいさかあがり

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.44

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット