しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
およばれのテーブルマナー
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

およばれのテーブルマナー

  • 絵本
絵・文: フィリップ・デュマ
訳: 久保木 泰夫
出版社: 西村書店 西村書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「およばれのテーブルマナー」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2016年07月21日
ISBN: 9784890139712

B5変型判・上製・48 ページ

関連するスペシャルコンテンツ


エルメス家がお手本!正しいマナーを身につけましょう

出版社からの紹介

エルメス家の食卓がお手本!
ふたたび招待してもらいたい食いしん坊に捧ぐ—
およばれ先で、子どものテーブルマナーの悪さに決まりの悪い思いをしたことはないでしょうか。
そんな方に読んでもらいたいのがこの絵本。
もともとは、エルメスの4代目社長の息子である作者が、
自分の子どもたちにテーブルマナーを教えるために書いたもので、
ナイフやフォークの持ち方から、美しい食べ方、客人との自然な接し方、リラックスした仕草まで、
食事における振る舞いの基本が、イラスト主体で説明されています。
ウィットに富んだ文とユーモアたっぷりイラストを親子で楽しみながら、正しいテーブルマナーを身につけましょう!

およばれのテーブルマナー

ベストレビュー

マナーって特別?

 どうしてあれで箸が動くのかしら、と思うほど不思議な持ち方をする人を見ることはありませんか。
箸の持ち方なんてどうでもいい、要は食べることができればOK、かもしれませんが、本当にそうでしょうか。
話は飛躍するようですが、幕末にペリー艦隊に招待された侍たちが洋式のマナーをよく知らなくても問題なく晩餐に応じることができたのは身についた日常の作法を手掛かりにできたからと聞きました。
 受け継がれるべき生き方としてのマナーが、柔らかな子どもの心にまっすぐに伝わる絵本です。
およばれといえば特別ですが、マナーは実は特別でもなんでもないのです。
毎日のお家の中でのあれこれが、マナーです。
そのことをまずお母さんお父さんが知っておくためにも、役立つかもしれませんね。

(すたすたじじいさん 60代・じいじ・ばあば )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


フィリップ・デュマさんのその他の作品

ゆきのしたのなまえ / 女王バチ / オンディーヌとさかな共和国



40作以上の児童文学が絵の中に!『本の子』翻訳者 柴田元幸さんインタビュー

およばれのテーブルマナー

みんなの声(15人)

絵本の評価(4.25

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット