新刊
ぬまの100かいだてのいえ ミニ

ぬまの100かいだてのいえ ミニ(偕成社)

シリーズ最新刊のボードブック発売!

  • ためしよみ
話題
ぼく、いいたい ことが あるの

ぼく、いいたい ことが あるの(評論社)

やっと言えた「さようなら」…心を揺さぶる絵本。

  • 泣ける
  • ギフト
  • ためしよみ
5ひきの小オニがきめたこと

5ひきの小オニがきめたこと

  • 絵本
作・絵: サラ・ダイアー
訳: 毛利 衛
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

税込価格: ¥1,870

ご注文いただけません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2003年
ISBN: 9784062120357

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

世界は支え合っている! 本質を描いた絵本。
空、土、月、太陽、海を、それぞれ分け合って一人占めした小鬼たちは重大なことに気づきます。
イギリスの新進絵本作家と宇宙飛行士毛利衛が届ける共生の思想。

ベストレビュー

小おに達が教えてくれた事はなんでしょう

邦訳を、科学者として日本人初の宇宙飛行士に選ばれた毛利衛さんが書いています。
2001年のイギリス「スマーティーズ賞」銅メダル作品。で、作者はこの時大学2年生だったそうです。

今、地球という星は人間たちが我が物顔で、好き勝手したおかげで、かなり危機的状況にあるといえます。
そんな身勝手人間たちを小おにに例えたのでしょうか?

地上に、5匹しかいない小おにたちは、神のような力を持っていて、それぞれに欲しいもの(月、太陽、空、大地、海)を自分だけの世界に閉じ込めてしまいます。
ところが、自分だけのものにして小おにたちは、一つ一つはとても美しいものだけど、太陽があるから月が輝くとか、海の水があるから大地に草花が咲くとかいうことに、気付くのでした。
そして、小おにたちが最後に取った行動は…?
文章は短いけれど、本当に必要なことだけを言葉にしているような作品で、心にダイレクトに響いてきました。
とてもいい絵本だと思います。
(てんぐざるさん 30代・ママ 女の子12歳、女の子7歳)

関連記事

出版社おすすめ




編集長・磯崎が新作絵本を推薦!【NEXTプラチナブック】

5ひきの小オニがきめたこと

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.78

その他の方の声 1人

その他の方の声一覧へ

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら