くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から― くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から―
再話: ミナ・ジャバアービン 絵: ユージン・イェルチン 訳: 山口 文生  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「群盲象を評す」としても知られる物語。3世紀の世界的なペルシャ詩人、ルーミーの詩をもとにしたお話です。
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
ちっちゃなほわほわかぞく
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ちっちゃなほわほわかぞく

作: マーガレット・ワイズ・ブラウン
絵: ガース・ウィリアムズ
訳: 谷川 俊太郎
出版社: 童話館出版

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「ちっちゃなほわほわかぞく」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1994年
ISBN: 9784924938076

ベストレビュー

作・絵・訳者 最強のタッグをくんだ名作!

幼いほわほわくんは ざわざわもりを冒険(?)しながら おじいさんとふれあったり、様々な発見をします。
「おだいじに」の気持ちを覚え、自分とはまったく違った生き物を知り、自分と同じ仲間も見つけ…。
そうして成長していく中で、とてもとても大切なのは、おとうさん・おかあさんに愛されているという安心感。
この安心感があるからこそ、ほわほわぼうやは ひとりで森に遊びに行けるのでしょう。
いま、3歳の娘は まさに、ほわほわぼうやと同じ。
児童館のお友だちや先生とのふれあい。近所のおばあちゃんたちとのごあいさつ。お店で商品をレジに持っていって「お願いします」って行ってみたり。ひとりで飛び出していく世界を広げていきながらも、まだまだ両親がいちばん大好きで、父親が帰宅すると抱っこをせがみ、母親にしがみついて眠る。
いままさに同じ成長段階にいる彼女だからこそ、今、この絵本から感じとることがあるようで、毎日毎晩、何度も繰り返しこの絵本を読みたがっています。
リズミカルな訳文の素晴らしさは さすがさすが谷川俊太郎さん。
ほわほわのかわいらしい動物たちの絵は子どもの心をとらえます。
静かに進む物語は 本当に大切な大切なものを 子どもに、親に語りかけてくれています。
ぜひ多くの方に知ってほしい名作だと思います。
(soyosoyowindさん 40代・ママ 女の子3歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


マーガレット・ワイズ・ブラウンさんのその他の作品

ワイズ・ブラウンの詩の絵本 / 世界はまるい / にんぎょうの おいしゃさん / まるぽちゃ おまわりさん / ことりのおそうしき / 子どものための ラ・フォンテーヌのおはなし

ガース・ウィリアムズさんのその他の作品

すきがいっぱい / いつだってそばに / ねえ ねえ あそぼ / ミスタードッグぼくは ぼくだけの ぼく / だからそっとおやすみなさい / 天才コオロギ ニューヨークへ

谷川 俊太郎さんのその他の作品

英語でもよめる じぶんだけのいろ / ビークル 〜ゆめのこどものおはなし〜 / ねむたいひとたち / いえすみねずみ / まけるのもだいじだよ にじいろのさかな / えじえじえじじえ



『ゼツメツキグシュノオト』イベントレポート&インタビュー

ちっちゃなほわほわかぞく

みんなの声(20人)

絵本の評価(4.33

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット