宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
絵本のある暮らしをもっと楽しく、もっと便利に、もっとお得に…15の特典が使える 【プレミアムサービス】
いぬうえくんとくまざわさん(1) いぬうえくんがやってきた
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

いぬうえくんとくまざわさん(1) いぬうえくんがやってきた

  • 児童書
作・絵: きたやまようこ
出版社: あかね書房 あかね書房の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,100 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

絵本ナビ在庫 残り2

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • 後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1996年
ISBN: 9784251007919

5歳から
A5変型判 79ページ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

小さないぬうえくんと大きなくまざわくん。きちょうめんないぬうえくんとのんびりやのくまざわくん。いっしょに暮らすのは大変?

ベストレビュー

ともだちはなまえをしっていたほうがいい

小学校1年生の長女のために買った本ですが、
娘よりも私の方が、夢中になってしまいました。

違う考え方の二人が、一緒にいることで、
楽しかったり、衝突したりする。
あやまりたいのにあやまれない。
一緒に暮らす夫婦や、親子や、兄弟の関係にも通じるようなやりとりが
たくさん出てきます。
「ともだちはなまえをしっていたほうがいい」
「ともだちはあたたかいほうがいい」
「ともだちはなんでもわけあったほうがいい」
「めにみえるものより、めにみえないものをだいじにしたほうがいい」
「きそくただしいせいかつが、しぜんになるのがいちばんいい」
など、素敵な言葉がたくさんあります。

1年生でも楽しく読めるけれど、
もっと大きくなって、お友達との関係がちょっと難しくなってくる頃、
また読んでもらいたいなと思いました。
(クッチーナママさん 30代・ママ 女の子7歳、女の子4歳、男の子2歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


きたやま ようこさんのその他の作品

りっぱな犬になる方法+1 / ねんねのおとがきこえるよ / ここがすき / おつきさまはいちねんせい / 1日1話絵本 うわさのようちえん / うみべのいえの犬 ホーマー



おやすみ前にぴったりの絵本!本をなでたり、ゆらしたり♪

いぬうえくんとくまざわさん(1) いぬうえくんがやってきた

みんなの声(9人)

絵本の評価(4.3

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット