貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
スマホでサクサク!お買い物♪絵本ナビショッピングアプリができました!
ぼくとじいちゃんのハンバーグ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ぼくとじいちゃんのハンバーグ

作: 吉村 健二
絵: 藤本 四郎
出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「ぼくとじいちゃんのハンバーグ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2000年7月
ISBN: 9784577021293

対象年齢 5歳から
全国学校図書館協議会選定図書

出版社からの紹介

ママの田舎で夏休みを過ごす男の子。少し苦手なおじいちゃんと夕飯を作って食べることに。ほのぼのとした交流が伝わります。

ベストレビュー

じいちゃんと孫の絆♪

じいちゃんとゆうすけくんの、とても素敵なお話です。

いっしょに自分が食べたこともないハンバーグを作ることによって、孫との距離がぐっと・・・

簡単に済ませれば・・・、とか、今はなんでも購入さえすれば・・・という考えがあって、そうすることで、手を掛けず、心も掛けずに済ませてはいないでしょうか?

味噌が入っていたり、こげちゃったのはじいちゃんの皿にあるようですし、悪戦苦闘ぶりが、伝わってきます。でも、一緒に、一生懸命の姿はゆうすけくんだけでなく、読み手にも伝わってきます。

でも、散らかしっぱなしの台所は、ばあちゃんが片付けるのかな?(^^ゞ

最後の字がないページのお風呂のシーンが、とってもいいです。

食育にもいいですね。
(しいら☆さん 40代・ママ 男の子17歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


藤本 四郎さんのその他の作品

紙芝居 たこたこおさんぽ / 紙芝居 ぼくはきゅうじょ犬! / あの日とおなじ空 / サーカスさっちゃん / とかげさんちのおひっこし / 紙芝居 あとかくしの雪



『はなびのひ』たしろちさとさんインタビュー

ぼくとじいちゃんのハンバーグ

みんなの声(17人)

絵本の評価(4.72

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット