まじょまつりにいこう まじょまつりにいこう
作・絵: せな けいこ  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
うさぎは、ねこしかさんかできないまじょまつりにいきたくてしかたありません。そうだ!へんそうすればいいんだ。ところが・・・・・・。
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
ゆきのまちかどに
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ゆきのまちかどに

  • 絵本
作: ケイト・ディカミロ
絵: バグラム・イバトゥリーン
訳: もりやま みやこ
出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,400 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「ゆきのまちかどに」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2008年10月
ISBN: 9784591103951

2歳〜5歳
サイズ :29.5cm x 25.5cm ページ数 :31ページ

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

フランシスは、雪の街角に立つオルガン弾きとおさるさんが気になってしかたありません・・・。あたたかで美しいクリスマス物語。

ベストレビュー

子どもの澄んだ心にうたれました

まずは重厚な絵に感銘を受けました。
一昔前の街並みのスモークがかった幻想的なイメージ。
その中で、登場人物が生き生きと描かれています。
少女の澄んだ目と豊かな表情が、スクリーンの中の実写風景のように思えました。

お話も素晴らしい。
雪降る街角で手回しオルガンを弾きながら小銭を得ているおじいさん。
「あのひとたちはどこに眠るの?」
少女の無垢な疑問に、母親の他人事のような答え。
母親は、子どもが演芸会で天使を演じることに頭がいっぱいなのです。

少女はオルガン引きのおじいさんが気になってしょうがないのです。
おじいさんは、雪の中、街角で夜を明かしていたのです。

おじいさんは神の象徴でしょうか。
演芸会に出かける少女は、おじいさんにわずかばかりのお金を恵みとして渡します。
演芸会では、舞台に立つ少女が、セリフを出せないままに固まってしまっています。
おじいさんが突然後ろの扉を開けて現われました。
そして出てきたセリフは、「うれしいおしらせです。よろこびをおとどけします。」「今、喜びをお届けします」。
澄んではっきりと大きな声で。

お芝居の後で、おじいさんも一緒になったパーティの光景は、描かれている人々の表情を見ていて飽きません。
心に響く絵本でした。
(ヒラP21さん 50代・パパ 男の子15歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ケイト・ディカミロさんのその他の作品

ピーターと象と魔術師 / 虎よ、立ちあがれ / きいてほしいの、あたしのこと ―ウィン・ディキシーのいた夏 / 愛をみつけたうさぎ / ねずみの騎士デスペローの物語

バグラム・イバトゥリーンさんのその他の作品

マッチ箱日記 / おとうさんの庭

もりやま みやこさんのその他の作品

あした あさって しあさって / またおいで / いいことがありました / もりやまみやこ童話選(全5巻) / もりやまみやこ童話選 1  / もりやまみやこ童話選 2



『まるさんかくぞう』『いっこさんこ』 <br>及川賢治さん(100%ORANGE)

ゆきのまちかどに

みんなの声(10人)

絵本の評価(4.55

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット