ねずみくんのクリスマス ねずみくんのクリスマス
作: なかえ よしを 絵: 上野 紀子  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
小さなクリスマスツリーをわらわれたねみちゃん。でも、ねみちゃんのツリーは、本当は大きなあるもののかざりだったのです。
morimoriさん 30代・ママ

クリスマスにぴったり^^
小さなねずみのねみちゃんがみんなのため…
やっぱり皆で作りたい♪『ピタゴラゴール1号』『荷物をのせると走るでスー』発売中!
ヤクーバとライオン(2)信頼
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ヤクーバとライオン(2)信頼

作・絵: ティエリー・デデュー
訳: 柳田邦男
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,500 +税

絵本ナビ在庫 残り2

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2008年07月
ISBN: 9784062830164

サイズ:A4判 ページ数:32

関連するスペシャルコンテンツ


翻訳絵本についてインタビューしました!

出版社からの紹介

報復の悪循環を断ち切った「勇気」と「信頼」の物語
ライオンのボスが、仲間たちを引きつれ、人間の村へ向かう。そこには、家畜を守ろうとする、一人の男がいた。ライオンの男の間に、戦いがはじまるが・・・。


「ヤクーバと、ライオンの王者キブウェがともに相手の命を守り、信頼を確かめるために『見せかけの格闘』をする場面と、そのなかで生まれたともに深く尊敬しあう心とを表現する言葉に触れたとき、私の心は震えた。<ふたりは、ともに相手をふかくふかく尊敬する心でむすばれていた>という文だ。」――柳田邦男

ベストレビュー

信じることと気高さ

1巻の「勇気」といい、2巻の「信頼」といい、少し難しいような気がするのですが、とても深みのある本だと思いました。
そして、1巻でヤクーバがライオンを介抱することまでしなかった理由が2巻でわかります。
お互いは男と野生の王者としてのプライドを尊重したのです。
だから、ヤクーバが飢えたライオンに牛の肉を届けた時、ライオンは立ち去ることを決意した。
ひもじくても、施しを受けてはいけないのです。

一番関心がある場所を先に書いてしまいましたが、2巻の圧巻はヤクーバとライオンのキブウェの闘いです。
ライオンはライオン一族のために闘わなければならない。
ヤクーバは人間のために闘わなければならない。
でも、お互いを傷つけないように自分を抑えます。
これほど難しいことはないでしょう。
間違って、傷をつけたら信頼は壊れてしまうかもしれない。
闘っているときでも相手を信じること。
子どもに伝えることは難しいかもしれませんが、大人にしてもこれほど相手を認めることはできないでしょう。

2巻の「信頼」は、とても崇高な絵本だと思いました。
(ヒラP21さん 50代・パパ 男の子13歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • どんぐりちゃん
    どんぐりちゃんの試し読みができます!
    どんぐりちゃん
    作:アン・ドヒョン 絵:イ・ヘリ 訳:ゲ・イル 出版社:星の環会 星の環会の特集ページがあります!
    小さなどんぐりちゃんと落ち葉の優しく切ない命のつながりの物語

ティエリー・デデューさんのその他の作品

そらいろ男爵 / ヤクーバとライオン(1)勇気

柳田邦男さんのその他の作品

ぞうさん、どこにいるの? / 100年インタビュー 悲しみは真の人生の始まり / 雨の降る日は考える日にしよう / コルチャック先生 子どもの権利条約の父 / でも、わたし生きていくわ / やめて!



子どもたちの英語学習や読み聞かせに最適

ヤクーバとライオン(2)信頼

みんなの声(13人)

絵本の評価(4.86

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット