もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
スマホでサクサク!お買い物♪絵本ナビショッピングアプリができました!
いっぽんの鉛筆のむこうに
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

いっぽんの鉛筆のむこうに

文: 谷川 俊太郎
絵: 堀内 誠一
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1989年02月
ISBN: 9784834006513

自分で読むなら・ 小学中学年から
ページ数: 40 サイズ: 26X20cm

出版社からの紹介

子どもたちに身近な鉛筆。その鉛筆ができる過程と、その過程にたずさわるスリランカ、アメリカ、メキシコ、日本など、各国の人びとの労働と生活、考え方を記録したユニークな絵本。

ベストレビュー

レイアウトも堀内さん

「たくさんのふしぎ」のロゴデザインを堀内誠一さんがされていることを知ったのはつい最近です。

この本の中では絵だけでなくレイアウトも堀内誠一さんです。

一本の鉛筆ですが、作る工程ではたくさんの人が関わっています。まず木の材料を訪ねてスリランカへ。

もちろん、普段私たちが使っている鉛筆の木を誰が切ったかなんてことはわかりませんが、この本の中では木を切った人の暮らしぶりや、木を運んだ船のこともわかります。

そんな知識のことだけかと思いきや、「なくした鉛筆 西條八十」なんて鉛筆にまつわる詩まで紹介されていて、「これはすごい」と。

レイアウトも見てしまうと、さすが堀内誠一さん。どれだけたくさんの仕事をされたんだろうと思います。

絵本の絵だけでない堀内さんを堪能できる一冊でもあるかなあと思いました。
(はなびやさん 40代・ママ 男の子9歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


谷川 俊太郎さんのその他の作品

いえすみねずみ / まけるのもだいじだよ にじいろのさかな / えじえじえじじえ / 生きる / よるのこどものあかるいゆめ / でんでんでんしゃ

堀内 誠一さんのその他の作品

ぼくの絵本美術館 / 新装版 はんぶんのおんどり / おにまるのヘリコプター <復刊傑作幼児絵本シリーズ 13> / ほんとうのおにごっこ / へんな どうぶつえん / おしろが あぶない



「にじいろのさかな」シリーズ <br>編集者インタビュー

いっぽんの鉛筆のむこうに

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.5

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット