だれのあしあと だれのあしあと だれのあしあとの試し読みができます!
作・絵: accototo ふくだとしお+あきこ  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
雪のうえにのこったあしあと、さあ、だれの? あてっこ遊びができる絵本!
【アドベントカレンダーあります】クリスマスまでの毎日を、ワクワク楽しみましょう♪
ふゆねこ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ふゆねこ

  • 絵本
作: かんの ゆうこ
絵: こみねゆら
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,500 +税

「ふゆねこ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2010年11月25日
ISBN: 9784061324480

読み聞かせ:5歳から 
ひとり読み:7歳から

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

ある日、ももいろのマフラーをしたまっしろい“ふゆねこ”が、ちさとを訪ねてきました。亡くなったお母さんから、いいつかってきたというのです。心あたたまるストーリー。

■担当編集者からのメッセージ
初めてこの原稿を読ませてもらったとき、“奇跡”という言葉が心にうかびました。主人公のちさとに起きたことは、お話の世界の中のことではありますが、ちさとのように悲しい思いを抱えている子どもたちにも、こんな奇跡が訪れることを願わずにはいられません。冬の本番を迎えつつあるこの季節、「ふゆねこ」が、きっとみなさんの心を温かくしてくれることと思います。
そして、この“四季ねこえほん”シリーズは冬からはじまり、春、夏、秋と、それぞれの季節を背景に猫と子どもたちの出会いが描かれていきます。どうぞご期待ください。(J)

ふゆねこ

ベストレビュー

「いいな〜」

かんのゆうこさんの「四季のねこ」シリーズ・冬の話です。
表紙絵の白いねこの立ちポーズがすごくいいです!

うちの子どもたちは動物大好き。でも、パパが「動物を飼うことが嫌い」なので、残念ながら犬や猫を飼うことができません。
このお話のラストで、おじいちゃんおばあちゃんがちさと(主人公の女の子)に持ってきてくれた誕生プレゼントのシーンを見て、うちの下の子は「いいな〜。ずるな〜贅沢だな〜」と、羨ましがっていました。

そういえば同じ誕生日ネタの「きょうはなんのひ」(こっちの話は仔犬が来る!)も、うちの子どもたちは大好きで、時々本棚から取り出しては読んでいます。

「冬のはなし」=「ふゆねこ」は、初っ端からお母さんが死んでしまったばかりの、ちさとが泣いているところから始まる切ない話でした。

そこへ突然やってきたふゆねこ。
「二足歩行している」と、うちの子は驚きましたが、
我が家での話し合いの結果、
「天使界からお母さんの伝言を持ってきてるんだから、二足歩行してもおかしくないよね」と、いう結論に達しました。

この絵本を手にしたら、ふゆねこの瞳をよく見てほしいです。
どの目も、ねこらしいとても神秘的で、不思議な魅力をしていました。
(てんぐざるさん 40代・ママ 女の子16歳、女の子11歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


かんの ゆうこさんのその他の作品

はりねずみのルーチカ 星のうまれた夜 / えほん はりねずみのルーチカ / はりねずみのルーチカ ふしぎなトラム / はりねずみのルーチカ カギのおとしもの / はりねずみのルーチカ / はこちゃん

こみね ゆらさんのその他の作品

もみの木のねがい / 人くい鬼 / しあわせなおうじ / 空とぶじゅうたん(1) / 空とぶじゅうたん(2) / なぞなぞでおやしきたんけん



子どもたちの英語学習や読み聞かせに最適

ふゆねこ

みんなの声(12人)

絵本の評価(4.62

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット