クリスマスのかくれんぼ クリスマスのかくれんぼ
作・絵: いしかわ こうじ  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
大人気!「これなあに?かたぬきえほん」のスペシャル版です。ツリーやトナカイなどクリスマスのいろいろがいっぱい登場します。
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
かぜのこもりうた
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

かぜのこもりうた

作: くどう なおこ
絵: あべ 弘士
出版社: 童話屋

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,500 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1994年
ISBN: 9784924684799

出版社からの紹介

 絵本「のはらうた」を読んであげたら、次は、「かぜのこもりうた」です。

 ある日、象の坊やが迷い子になります。日が暮れて、泣きながらねむる象の坊やに、風が子守歌をうたってくれます(まるで、のはるたの、かぜみつる みたいでしょう?)。朝、象の坊やの目がさめて、鼻を高く上げると、遠くから、母さんの匂い。これも風が運んでくれたのでした。

 ぼくたちが生きているこの世界には、善意というものが、みちみちているのだということを、幼いときに子どもが知るのは、幸せなことです。

ベストレビュー

迷子のぞうさん。

 子ゾウが、かあさんに遠くへ行っちゃだめよと言われたのに、知らん顔で走って行ったら迷子になってしまいました。
 日も暮れかかり、泣いている子ゾウは聞きました。風の歌う子守唄「そっとおやすみ ぼうや かあさんは みつかるよ あしたになれば きっとね」
 そして、朝の風がかあさんの匂いを運んでくれました。そして、まっしぐらに走って会う事が出来ました。
 大草原で迷子になった子ゾウの気持ちが、短い言葉の中から伝わってくる良い話でした。
(ママちゃんさん 20代・ママ 男の子4歳、男の子1歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


くどう なおこさんのその他の作品

「いる」じゃん / ちいさな はくさい / おいで、フクマル / はちゃめちゃ・ぶたさん / あいうえおおかみ / 10このちいさなおもちゃのあひる

あべ 弘士さんのその他の作品

手おけのふくろう / かわうそ3きょうだい とらのまき / おおきくなあれ / 雲をつかむはなし / 点字つきさわる絵本 あらしのよるに / わにのスワニー



「観察が楽しくなる美しいイラスト自然図鑑」シリーズ 編集者インタビュー

かぜのこもりうた

みんなの声(17人)

絵本の評価(4.44

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット