うさぎでうれしい うさぎはうさぎ うさぎでうれしい うさぎはうさぎ
作: さこ ももみ  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
親子の1日は、こんなにもすばらしい!
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
バムとケロのにちようび
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

バムとケロのにちようび

  • 絵本
作: 島田 ゆか
出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!

在庫あり

ゴールデンウィーク中の配送について

本体価格: ¥1,500 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

絵本クラブ
発行日: 1994年09月
ISBN: 9784894230422

278×215mm 32頁

この作品が含まれるシリーズ

関連するスペシャルコンテンツ


島田ゆかさんにインタビューしました!



▼ 絵本とあわせて、贈り物にも自分用にも♪
>>バムケログッズはこちら

みどころ

犬のバムとかえるのケロちゃんのおはなし。
雨の日、バムとケロは本を読んで過ごすことにしました。部屋をそうじして、おやつのドーナツを焼いて、本を探しに屋根裏部屋へ行きます。ところが屋根裏部屋はねずみや蛾や虫がうじゃうじゃいて、さあ大変。バムとケロは頭を使って無事本を取り、楽しいひとときを過ごすのですが...

大人気「バムとケロ」シリーズの最初の作品です。画面の中の細かいところまでみどころ満載!読むたびに発見があって楽しめます。(他の作品に出てきたものがちょいと出てきたり...子どもはこういうしかけが大好きですよね。)
なんといってもみどころは、バムとケロが何十個もの卵をつかってこんがりドーナツをたくさん焼く場面!山と積まれたドーナツ(推定200個以上?)はとても美味しそうなのですが、このドーナツを使ってピンチを切り抜けるのです。

バムはしっかりもので几帳面、家の掃除やおやつづくり、ケロちゃんの世話などテキパキとこなします。ケロちゃんは遊び好きのいたずら好きです。この愛らしい二人を見ていると、子育て中のお母さん(お父さん?)と子どものように見えたり、ナイスコンビなお友だち同士に見えたり、はたまた兄弟のようにも見えてきたり。
部屋に登場する家具も素敵。こんなに風に毎日を楽しめればなあ...なんて憧れてしまいます。
バムとケロの世界に魅力を感じたら、他の作品も合わせて読むことをおすすめします!

バムとケロのにちようび

出版社からの紹介

雨の日曜日。サッカーもすなあそびもできない。そんな日には,ちらかったへやをかたづけて,おかしを用意して,それから本を読もうと……。

ベストレビュー

見つけた!

息子が2歳のときから頻繁に読んでいます
相当数読んでいますが、いまだに新しい発見があり
親子で感動しています

息子はバムケロが大好きで、
今考えると初めて本人が夢中になった絵本のように感じます

私はシリーズの中でも「にちようび」が一番好きです
雨だからおかたずけをして、おやつを作って本を読もう!とするものの
ドロンコのケロちゃんが天真爛漫に帰ってきたりの
てんてこまいで、いざ本を読もうとすると寝入ってしまうバムケロに
微笑ましい気持ちになります

なんとも温かくなる絵本です
(らずもねさん 30代・ママ 男の子2歳、男の子0歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • はるがきた
    はるがきた
    作・絵:ロイス・レンスキー 訳:さくま ゆみこ 出版社:あすなろ書房 あすなろ書房の特集ページがあります!
    おひさま ぽかぽかかぜは さわやか

島田 ゆかさんのその他の作品

ガラゴの小型えほんボックス 特製ガラゴのながぐつキーホルダー付き / Bam and Kero Go Flying バムとケロのそらのたび 英語版 / バムとケロのおいしい絵本 / Bam and Kero’s Frosty Morning バムとケロのさむいあさ 英語版 / Bam and Kero’s Sunday バムとケロのにちようび 英語版 / バムとケロの小型えほんボックス 豆本付き



『寿命図鑑』『失敗図鑑』制作者インタビュー

バムとケロのにちようび



全ページためしよみ
年齢別絵本セット