あかちゃんの木 あかちゃんの木
作: ソフィー・ブラッコール 訳: やまぐち ふみお  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「あかちゃんは、どこから来るの?」 子どもの疑問に、しっかりと向き合います。あかちゃん誕生にまつわる絵本。
イカリサンカクさん 30代・ママ

いろいろな表現があった!
このお話は、赤ちゃんが生まれてくる家の…
人気絵本をスマートフォン・タブレットで!絵本読み放題サービス♪【プレミアムサービス】
じゃがいもアイスクリーム?
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

じゃがいもアイスクリーム?

  • 絵本
作・絵: 市川 里美
出版社: BL出版 BL出版の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,400 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2011年07月
ISBN: 9784776404590

28×22cm 28頁


バナーをクリックすると、BL出版のおすすめ絵本がご覧いただけます

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

4000〜5000mもあるアンデスの山に、少年ルーチョのむらはあります。
そこでは一本の木も野菜もはえず、ただじゃがいもだけがとれます。
そのためじゃがいもが、たったひとつのたべもので、あさもひるもばんも、そしておやつもじゃがいもをたべます。
むらのおまつりが近づいてきたある日、ルーチョは、いちど町で食べたアイスクリームのことを思い出しました
「むらのおまつりでもアイスクリームがあったらなあ」 ルーチョの願いをきいたのは、アルパカのおかあさんでした。
パリ在住の絵本作家市川里美が、実際、アンデスを旅し、
子供たちと交流し、その体験をもとに、想像力豊かに描いた絵本です。

ベストレビュー

アンデスの生活

アンデスの収獲はジャガイモということは、以前に聞いたことがあるのですが、高地ならではの生活が淡々と描かれていて、訪れたことのある人でなくてはかけない絵本だと思います。
アルパカとの生活、ジャガイモアイスクリームには夢を感じたのですが、生活している人たちは大変なのでしょうね。
食べてみたいなジャガイモアイスクリーム。
(ヒラP21さん 60代・パパ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


市川 里美さんのその他の作品

なつめやしのおむこさん / ペンギンのパンゴー / 森からのよびごえ / ママ、なんで?びょうきのママにききたいの / ハナちゃんのトマト / せんせいと いっしょ



23人の絵本作家から未来の子どもへメッセージ

じゃがいもアイスクリーム?

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.13

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット