となりのせきのますだくん となりのせきのますだくん
作・絵: 武田 美穂  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
わたし、きょう、学校へいけない気がする。だって・・・。となりの席のますだくんが怖くてしかたないみほちゃん。すべての子どもが共感できる作品です。
まあるいさん 30代・ママ

入学前後に
娘が年長の頃に借りてきて読みました。 …
安心してください、はいてますよ! パンツをぬがしてから読む絵本
じゃがいもアイスクリーム?
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

じゃがいもアイスクリーム?

  • 絵本
作・絵: 市川 里美
出版社: BL出版 BL出版の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,400 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2011年07月
ISBN: 9784776404590

28×22cm 28頁


バナーをクリックすると、BL出版のおすすめ絵本がご覧いただけます

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

4000〜5000mもあるアンデスの山に、少年ルーチョのむらはあります。
そこでは一本の木も野菜もはえず、ただじゃがいもだけがとれます。
そのためじゃがいもが、たったひとつのたべもので、あさもひるもばんも、そしておやつもじゃがいもをたべます。
むらのおまつりが近づいてきたある日、ルーチョは、いちど町で食べたアイスクリームのことを思い出しました
「むらのおまつりでもアイスクリームがあったらなあ」 ルーチョの願いをきいたのは、アルパカのおかあさんでした。
パリ在住の絵本作家市川里美が、実際、アンデスを旅し、
子供たちと交流し、その体験をもとに、想像力豊かに描いた絵本です。

ベストレビュー

アンデスの文化

市川さんの絵って、素敵です!

アンデスという日本とは違う文化に
触れさせていただきました

糞が燃料!?
ジャガイモ掘りの後のお祭
山の神様の見守り
助けたアルパカのアドバイス!

不思議にさえ感じてしまいます

お手紙が手書きっぽくって
自分にきたようで
うれしくなります

世界各地での子どもとのふれあいを大切にしている
市川さん
それをこんなステキな絵本にしてしまうのですから
すごい!!です
(しいら☆さん 50代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★

市川 里美さんのその他の作品

なつめやしのおむこさん / ペンギンのパンゴー / 森からのよびごえ / ママ、なんで?びょうきのママにききたいの / ハナちゃんのトマト / せんせいと いっしょ



入園入学シーズンには、『ともだち』をオススメしています。児童書のプロに聞く!

じゃがいもアイスクリーム?

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.22

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット