うまはかける うまはかける うまはかけるの試し読みができます!
文: 内田 麟太郎 絵: 山村 浩二  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
ナンセンス絵本の決定版!
ヒラP21さん 60代・パパ

いろんな「かける」
「うまは駆ける」、「うま歯欠ける」と言…
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
じゃがいもアイスクリーム?
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

じゃがいもアイスクリーム?

  • 絵本
作・絵: 市川 里美
出版社: BL出版 BL出版の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,400 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2011年07月
ISBN: 9784776404590

28×22cm 28頁


バナーをクリックすると、BL出版のおすすめ絵本がご覧いただけます

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

4000〜5000mもあるアンデスの山に、少年ルーチョのむらはあります。
そこでは一本の木も野菜もはえず、ただじゃがいもだけがとれます。
そのためじゃがいもが、たったひとつのたべもので、あさもひるもばんも、そしておやつもじゃがいもをたべます。
むらのおまつりが近づいてきたある日、ルーチョは、いちど町で食べたアイスクリームのことを思い出しました
「むらのおまつりでもアイスクリームがあったらなあ」 ルーチョの願いをきいたのは、アルパカのおかあさんでした。
パリ在住の絵本作家市川里美が、実際、アンデスを旅し、
子供たちと交流し、その体験をもとに、想像力豊かに描いた絵本です。

ベストレビュー

アルパカのミルク入りのじゃがいもアイスクリーム食べたいです

アンデスの山に住むルーチョの暮らしぶりをみることができました。朝、昼、晩三食ともじゃがいもで、おやつもじゃがいもを食べているとのことでした。じゃがいもが、高い山でとれる、たったひとつの食べ物であること。アルパカとの生活で、おかあさんアルパカのリッティが子どものポコヨが怪我をした時に傷を舐めているの姿に無事で助かってよかったと少し泣けました。ポコヨの傍にしっかりついていたから発見できたんだと思ったし、アルパカのミルク入りのじゃがいもアイスクリームを考えれたのもリッティがポコヨを助けてくれたからだと思いました。厳しい生活だと思うけれど、家族で助け合って楽しく生活しているなあと思いました。
(ぴょーん爺さん 60代・じいじ・ばあば )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。

市川 里美さんのその他の作品

ぼくの島にようこそ! / マンモスのみずあび / なつめやしのおむこさん / ペンギンのパンゴー / 森からのよびごえ / ママ、なんで?びょうきのママにききたいの



みごたえ満点!船の断面図絵本『ペンギンクルーズ』のはなはるかさんインタビュー

じゃがいもアイスクリーム?

みんなの声(9人)

絵本の評価(4.3

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット