サンタクロースのはるやすみ サンタクロースのはるやすみ サンタクロースのはるやすみの試し読みができます!
文・絵: ロジャー・デュボアザン 訳: 小宮 由  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
クリスマスじゃなくてもサンタクロースは大活躍!
ジャッキー×「木のおもちゃ」が可愛い!!|くまのがっこう木製プルトレイン
月火水木金銀土日 銀曜日になにしよう?
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

月火水木金銀土日 銀曜日になにしよう?

  • 絵本
作: 益田 ミリ
絵: 平澤 一平
出版社: 幻冬舎

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,500 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2012年12月10日
ISBN: 9784344023017

B5変

内容紹介

銀曜日には大きなクリームソーダ、銀曜日には屋根スキー…。銀曜日は楽しい日、銀曜日は美味しい日、銀曜日は願いが叶う日。ベストセラー「すーちゃん」シリーズの著者が生み出す、大人も読んで嬉しい絵本。

ベストレビュー

面白い発想でした。

この絵本では、「金曜日」と「土曜日」の間に『銀曜日』を入れたみたいですね。
本当にはないこの『銀曜日』、特別なこのご褒美みたいな1日をどんな風に楽しく過ごそう!って、気持ちがいっぱい描かれていました。

ニュアンスで「特別な日」というのは伝ってきましたが、なぜ『銀曜日』?と思って、ネットで検索してみたら、こんなお話が引っ掛かってきました。
『銀曜日のおとぎ話』1983年ころから少女雑誌〔リボン〕で連載されていたマンガだそうです。
概要を読んだら素敵な話でした。小人族と人間の交流の物語のようです。主人公の小人が銀曜日生まれという設定でした。
もしかしたら、益田ミリさんもこのお話を知っているのでしょうか?(気になりますね)

ひとり読みより、大勢で一緒に聞ける読み聞かせの方がお薦めです。
この本を読んだ後に、聞いている子どもたちと、特別な『銀曜日』に、他にどんなことがしたいか、いろいろ意見を出し合うのも楽しいかもしれませんね。
4,5歳くらいから低学年くらいのお子さんたちにどうぞ。
(てんぐざるさん 40代・ママ 女の子18歳、女の子13歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • おやすみ〜
    おやすみ〜の試し読みができます!
    おやすみ〜
     出版社:くもん出版
    大好きなものに「おやすみ〜」と挨拶する赤ちゃん。おやすみ前の1冊にピッタリ!

益田 ミリさんのその他の作品

わたしのじてんしゃ / おとな小学生 / おはようぼくだよ / だいじなだいじなぼくのはこ / はやくはやくっていわないで / こころ



いないいない…ばあっ!で、とびきりの笑顔に♪

月火水木金銀土日 銀曜日になにしよう?

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.29

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット