大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくりの試し読みができます!
作: 青山 邦彦 監修: 北川 央  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
巨大な城が建ち上がっていく様子を精緻な絵で楽しむ一冊!
大切な子へのプレゼントに。【お子様の名前入り】はらぺこあおむしのバスタオル。
さいこうのスパイス
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

さいこうのスパイス

  • 児童書
作・絵: 亀岡 亜希子
出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,100 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2013年08月01日
ISBN: 9784569783406

小学1〜3年生
A5判上製 79ページ

出版社からの紹介

どんな料理を食べても「まずい」というリスのぼっちゃん。そんなぼっちゃんにおいしく料理を食べてほしいと願うリスの執事は、町で人気のカフェを訪ねました。そして、シェフであるオオカミに頼んで、ぼっちゃんのためにおいしい料理を作ってもらうことになりました。

さっそく、ぼっちゃんは、オオカミシェフの自信作を食べてみますが……、「まずい」の一言しか言いません。ショックを受けたオオカミは、どんな料理もおいしくなるという、まぼろしの草を取りに山へ登ることにしました。ところが、途中で岩から落ちてしまい、友達のクマに助けられます。弱っているオオカミのために、クマが出してくれたおいしい料理に感激したオオカミは、そこで大切なことに気づき……。

おいしい料理を作るための本当のかくし味とは? 心を通わせて、みんなで楽しく食事をすることの大切さが伝わります。

優しい文章とパステルの美しいイラストが魅力の幼年童話。

さいこうのスパイス

さいこうのスパイス

ベストレビュー

クマさんが教えてくれた最高のスパイス!

どんな料理を食べても「まずい」というリスの坊ちゃん。
そんな坊ちゃんのために、おいしい料理を作って欲しいと頼まれたオオカミのシェフ。
オオカミは腕によりをかけて自慢の料理を作りましたが、
リスの坊ちゃんは、一通り食べた後に「まずい」と一言。
プライドが砕け散ったオオカミシェフは、
絶対においしいと言わせてみせる!!と躍起になりますが・・・?!

文章のテンポの良さ・面白さに、あっという間に読んでしまいました。
とにかく言葉のセンスがいいんです!
ちょっとニヒル(?)な感じだけどとっても純粋なオオカミのシェフと、
リスの坊ちゃんを心から心配する執事さんとのコミカルな掛け合いなど、
とても場面がイキイキと描かれていて惹きこまれました。

料理をおいしくする最高のスパイスは・・・ね!(^^)-☆
クマさんの温かい心が教えてくれた最高のスパイス!
読んでいてうんうん!と頷いちゃいました♪
こういうお話、大好きです!!

9歳の長女も、「このお話いいね〜!」と言っていました。
登場人物(動物)のキャラクターたちがお互いにキラキラと光る
素敵なお話です。
絵も素敵で、ユーモアもあって本当にオススメの一冊でした(^▽^)!
(ゆりわんちゃんさん 30代・ママ 女の子9歳、女の子4歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


亀岡 亜希子さんのその他の作品

あしたもきっとチョウ日和 / ネルとマリのたからもの / どんぐりのき / 村の小さな糸やさん / あきにであったおともだち / なつのやくそく



第12回 『あったかいな』の片山健さん

さいこうのスパイス

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット