ねずみくんのクリスマス ねずみくんのクリスマス
作: なかえ よしを 絵: 上野 紀子  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
小さなクリスマスツリーをわらわれたねみちゃん。でも、ねみちゃんのツリーは、本当は大きなあるもののかざりだったのです。
morimoriさん 30代・ママ

クリスマスにぴったり^^
小さなねずみのねみちゃんがみんなのため…

月へいったうさぎ 九月」 みんなの声

月へいったうさぎ 九月 作:谷 真介
絵:赤坂 三好
出版社:佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!
本体価格:\1,068+税
発行日:1991年
ISBN:9784333015320
評価スコア 4.11
評価ランキング 17,685
みんなの声 総数 8
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • かわいそうですが。。。

    2歳の息子に。

    絵がリアルなのでちょっと怖いかもしれません。
    内容もかなしいです。

    人間に生まれ変わったらなりたいからと
    人間に親切にする動物たち
    きつねは畑から盗んだ野菜をおじいさんに
    食べさせます。
    盗んだ野菜ってダメですよね!

    うさぎは・・・
    何も出来なくて、自分を犠牲にしちゃいます。
    そこでおじいさんが変身!

    悲しい結末ですが、お月様になったうさぎは
    きっと来世では人間に生まれ変わると思います。

    掲載日:2013/11/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • お釈迦様

    まだまだ暑さが続いていて、お月見の雰囲気にならないのですが。
    今月のお話は、お釈迦様とウサギです。
    月といえば、ウサギですが、なぜウサギが月にいるのか?という一説として読めば、充分に楽しめると思います。
    かなり切なく辛い内容だったので、気持ちの準備をしてから、読みたかったと思いました。

    掲載日:2012/10/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 行事むかしむかし・九月

    行事むかしむかし話・九月の十五夜のお話です。

    「僕は、なにもご馳走することが出来ません。ですから僕の、僕の肉を

    お腹いっぱい食べてください。」と言って火の中に飛び込んだうさぎの

    優しい気持ちに心が痛みます。今読んでる私の心境は、残された者の事

    も考えて欲しいと訴えたいです。親より先に死ぬなんて、親は命のある

    限り子供の死をしょって生きていかなければならないし、後悔のするし

    なんで力になってあげなかったんだときっと後悔すると思いました。

    うさぎどんも、後に残った仲間だってきっと、なにも食べ物をもってこ

    なかったことを非難したことを後悔してるし、傷ついて生きていくと思

    いました。このお話は、「十五夜」の由来のお話なので脱線してしまい

    ました。

    掲載日:2011/11/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 仏陀の お話なんですね

    うさぎも きつねも さるも  人間になりたいんだ・・・・

    良いことをすれば人間になれると かわうそがいいました、

    みんなは それを信じています

    なんと 食べ物を手に入れられなかった うさぎは
    自分のいのちとひきかえて 火の中に飛び込んでしまうのです。

       助けてあげたおじいさんは   お釈迦様だったんです。

    なんと うさぎは月の中へ行ってしまいました。

    かわいそうなうさぎさん!  満月をみたら うさぎの このお話を思い出しそうです。

    掲載日:2009/10/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • うさぎとお釈迦さま

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子16歳、男の子13歳

    十五夜の本としてセレクト。
    さる、きつね、うさぎ、かわうそは、常々人間になりたいと願っていて、
    人間にいいことをしたいと思っています。
    そこに、瀕死のおじいさんを見かけた彼らは、手厚く看病するのです。
    何もご馳走を持って来れないと悟ったうさぎの行動は衝撃的ですが、
    その思いに心打たれます。
    お釈迦さまの計らいに救われます。
    思わず月の姿に手を合わせたくなります。
    やはり子どもたちに伝えたいおはなしですね。
    なぜ月にうさぎが住むのか、という、お釈迦さまの説話は
    瀬戸内寂聴さんの『月のうさぎ』でも語られていますので、
    比べてみると、味わい深いです。

    掲載日:2009/10/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 月にウサギがいる訳

    • タカナさん
    • 30代
    • ママ
    • 大阪府
    • 女の子7歳、男の子2歳

    小学校の読み聞かせで3年制の教室で読みました。

    『人間に親切にすると、来世は人間になって生まれてくる』
    そんな話を聞いた動物達は、行き倒れになっていた旅人のおじいさんのためにせっせと食べ物を獲ってきます。
    けれどウサギだけは何も獲ることができず、考えた末に自分を食べくださいと火の中に飛び込んでしまうのです。
    実はこのおじいさんはお釈迦様で、ウサギの献身的な行動に心を打たれ、ウサギを月に住まわせることにする・・・というお話でした。

    ちょうど十五夜も近いこともあって選んだのですが、ウサギの行動に子供たちは真剣に聞き入っていました。
    ぜひとも子供たちには、十五夜の月を見上げてウサギを探して欲しいなぁと思いました^^

    掲載日:2009/09/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • うさぎの思いに泣きました

    昨年は1〜4年生に読みました。今年は1年生に、十五夜を前に読めなかったので十三夜の前に読みました。 
    さるときつねとうさぎはかわうその、人間に親切にすると人間に生まれ変わることが出来ると言うはなしを信じ、倒れているおじいさんに親切にします。それぞれ一生懸命ご馳走しますが、うさぎは思い悩んだ末、自分のからだを差し出すのです。たき火に飛び込んだ時、子供達はびっくりしていました。うさぎはどうなったの? 死んじゃったの?と、さるやきつねやかわうそと同じように心配そうにしたのがとても印象的でした。心をうたれたお釈迦様(おじいさん)はこのうさぎを月に住まわせるというお話しです。今年からはやさしいうさぎの話を思い出しながらお月見をしてくれるかもしれません。このお話しを知ってからの私がそうです。

    掲載日:2008/10/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • すばらしいうさぎ

    • バアバさん
    • 60代
    • じいじ・ばあば
    • 愛知県

    女の子は泣きますね。自分を神様に捧げようとうさぎがたき火に飛び込むところで。そして月を見ると優しいうさぎを探しています。でも人間もこれくらい優しくなれると良いですね。

    掲載日:2002/06/21

    参考になりました
    感謝
    0

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!


『はやくちこぶた』早川純子さんインタビュー

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.11)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット