大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくりの試し読みができます!
作: 青山 邦彦 監修: 北川 央  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
巨大な城が建ち上がっていく様子を精緻な絵で楽しむ一冊!

これはあっこちゃん」 みんなの声

これはあっこちゃん 作:谷川 俊太郎
絵:薙野たかひろ
出版社:ビリケン出版
本体価格:\1,400+税
発行日:1999年
ISBN:9784939029028
評価スコア 4
評価ランキング 18,972
みんなの声 総数 4
「これはあっこちゃん」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • つぎからつぎへと

     「これはあっこちゃん」からはじまって、文章がつぎからつぎへと続いていきます。言葉あそびのような文章が、おもしろいなと思いました。
     早口で読むと、こんがらがってきそうです。早口で読んだり、ゆっくり読んだり、いろいろ楽しめそうです。
     
     絵は色使いも線もシンプルですが、元気いっぱいな感じが楽しかったです。小さな子が、たくさん言葉を覚えられる絵本です。

    掲載日:2014/01/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 言葉遊び絵本

    どんどん言葉が積み重ねられていく言葉遊び絵本です。

    何回も言葉の繰り返しなので、それが孫にとっては面白いのだと思いま

    す。大きくゆっくり読むのですが、頭のいい人には同じ言葉の繰り返し

    だから前の言葉が覚えられそうですが、私にはそうはいきません。

    絵はいたってシンプルでページ毎に色彩も工夫されていて飽きません。

    ちょっと早口で読むとリズミカルに読めます。

    楽しい絵本です!

    掲載日:2010/06/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 積み重ね言葉

    • けいご!さん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 女の子8歳、男の子4歳

    日本にも、積み重ね言葉の本があるんですね。言葉遊びの一つとして、うちの子にも楽しませたいと思います。

    積み重ね言葉を読んでいくと、次はどんな言葉がくるのかわくわくします。でも、次のページに行くと、また最初から知っている内容を読むことになるので、やきもきしてしまいます。でも、それを繰り返していくことで、話がどんどんふくらんで、おもしろみも増していくんですよね。

    子どもが言葉を覚え、それを組み立てていく過程で、この本を読んであげると、遊びながら言葉をうまくつなげていくことができると思います。

    掲載日:2007/12/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • これはシリーズ?

    • おるがんさん
    • 40代
    • ママ
    • 高知県
    • 女の子14歳、男の子12歳

    「これは」で始まって、どんどん文章がつながっていきます。
    どんどん、早口で読んでいくとおもしろいです。

    初めの短い文が、最後には一息では読めないほど長くなります。
    文章を書く楽しさを教えてくれる絵本です。

    掲載日:2007/04/12

    参考になりました
    感謝
    0

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



子どもたちの英語学習や読み聞かせに最適

みんなの声(4人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット