あくたれラルフのクリスマス あくたれラルフのクリスマス
作: ジャック・ガントス 絵: ニコール・ルーベル 訳: こみや ゆう  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
わるい子は、プレゼントをもらえないのよ!
レイラさん 50代・ママ

嫉妬
『あくたれラルフ』のねこ、ラルフのクリ…

名前をつけるおばあさん」 みんなの声

名前をつけるおばあさん 作:シンシア・ライラント
絵:キャスリン・ブラウン
訳:まついたかえ
出版社:新樹社
本体価格:\1,500+税
発行日:2007年
ISBN:9784787585608
評価スコア 4.4
評価ランキング 8,683
みんなの声 総数 9
「名前をつけるおばあさん」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

9件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • かっこいい

    おばあさんが乗っているキャデラックがかっこいいです。半世紀も前のキャデラックの後で風をきるスポイラーがなんとも若者が憧れてしまうと思いました。名前のベッツイもおばあさんは、名前をつけるのがかっこいい名前ばかりでセンスがいいと思いました。名前をつけなかったわんちゃんとの触れあい、なんとも温かくて和みました。布団カバー、絨緞、部屋の窓際のお花と隅々までお洒落な絵がとても楽しめました。

    掲載日:2011/03/15

    参考になりました
    感謝
    1
  • 物ではないもの。

    • ゆぺちさん
    • 30代
    • ママ
    • 岡山県
    • 女の子3歳、男の子1歳

    最後はハッピーエンドですが、ちょっと切なくでも前向きになれるお話でした。4歳にはちょっと難しい内容です。

    友達に先立たれ、名前を呼ぶ人がいなくなり、寂しさを紛らわすために自分より長生きをするとわかっている「物」だけに名前を付けて暮らすおばあさん。
    ある日からおばあさんの家に子犬がやって来るようになりました。餌はやりますが、自分より先に死んでしまう事を恐れているおばあさんは決して飼おうとせず、名前も付けません。犬も大きく成長したある日、突然おばあさんの家へ来なくなりました。おばあさんはいてもたってもいられず探しますが、そこで初めて犬に名前をつけなかったことを後悔します。さて、犬は見つかるのでしょうか?

    おばあさんが犬に名前を付けなかった気持ちも分かります。でも、命には物では満たされない温もりがあるって言う事を改めて教えてくれます。命は限りがあるから寂しいけれど、限りがあるからこそ大切なんだという事だと思います。

    絵がとっても綺麗です。いかにも日本人が憧れる外国の田舎風景と言ったお洒落な感じで、風を感じるような優しさです。

    掲載日:2009/11/04

    参考になりました
    感謝
    1
  • それでも名前をつけたいな

    年をとって、友達がみんな死んでしまったら、私はどんな
    風に思うのかしら。自分より長生きするとわかっているもの
    だけに名前をつけるのかしら。
    この本の主人公であるおばあさんは、家や、車やベッドにだけ
    名前をつけて暮らしていましたが、とうとう仲良くなった
    犬に名前をつけることにしました。
    ああ、よかった。
    自分よりもしかしたら先に死んでしまうかもしれなくても
    やっぱり名前は大事だもの。名前を呼んでから、もっともっと
    仲良くなっていくのだと思うのですもの。

    先にこの絵本を読んでいた娘は、特に感想らしいことを
    言いませんでした。きっと、小学生の娘には年をとって、誰も
    友達がいなくなることなんて思いもよらないことだろうからね。

    掲載日:2016/09/29

    参考になりました
    感謝
    0
  •  おばあさんは、長生きして友達がいなくなってしまします。おいていかれることへの淋しさに耐えかねて、自分より長生き(長持ち?)しそうなモノにだけ名前をつけて暮らしています。そうすれば、まわりのものより長く生きる心配はないのです。

     現実を見て、折り合いをつけて、きれいに花を育て、車を乗りこなし、自立して暮らしているおばあさんは、カッコイイです。でも、ちょっと淋しい・・。

     ある時から、かわいい子犬が毎日やってくるようになりました。でも、おばあさんは「うちへお帰り」と言い続けるしかありません。だって、自分より長く生きるものとしか関わりたくなかったから・・。飼うとなれば名前をつけないといけないから・・。

     ところが、子犬が姿を見せなくなりました。すると、心配になったおばあさんは・・・。お話のラストには、生きているものの温もりと共にいるおばあさんに、良かった!!と思いました。

     
     人生の春、夏を過ぎ、秋にいて、これから冬を迎える年頃の私。胸に沁みました。子ども向きというよりも、人生後半の大人向きの絵本だと思います。柔らかい色調の絵が美しく、ステキです。

    掲載日:2015/01/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 静かで温か

    大人が読んでも心にじんとくる物語。福祉センターでも心に届けられそうですね。

    いろんなものに名前をつけてしまう私。
    「鉄腕DASH」でもなんでも名前をつけますね。そして元祖「赤毛のアン」も。
    そんなわけで共感しました。
    歳がいって一人で暮らすって、こんなかなぁ。
    とはいえ、その様子がかっこいい。なんでも一人でやってしまうおばあさん、キャデラックに乗って買い物、繕いものも自己流。だけど少しばかり寂しい。
    読み終わった時に、読んだなぁという満足感が心に残り、手元に置いておきたくなりました。
    子供にはわかるかな、犬だけ名前をつけなかったおばあさんの気持ちが。じっくり手に取って読んで欲しい絵本。

    この茶色い犬との生活が最期までしあわせでありますように。心配できる相手がいることは温かかですね。

    掲載日:2014/09/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 情がうつってしまうから

     身の回りのモノに名前をつけている、おばあさん。でも、いつもやってくる子イヌには、名前をつけません、、、。
     きっと名前を付けたら、情がうつってしまうから、そんなおばあさんの気持ちがつたわってきます。
     やさしい色合いでていねに描かれた絵に、ほっこりしました。

     子イヌがいなくなって、探しに行くおばあさんが、せつなかったです。
    子イヌを、見つけられてほんとうによかったですね。

     レトロな家具や、おばあさんが運転する車、などすみずみまで楽しめました。庭も、お花がいっぱいですね

    掲載日:2014/09/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • おばあちゃんの気持ち

    美しい絵に惹かれて買いました。

    おばあちゃんは一人暮らし。
    (ツギハギでカラフルな服を自己流で着こなし、かなりファンキーな車に乗っています。かわいいおばあちゃん。)

    もう友達より長生きしてしまった・・・

    そんな寂しい本音をごまかすように
    自分より先に死なない「モノ」たちに
    名前をつけて暮らしてる。

    そこへ、茶色い犬が現れて
    なついてくれるようになったが・・・

    一緒に暮らすとゆう答えは出せない。

    ある日茶色い犬が姿を消して・・・

    意固地な気持ちをゆっくり溶かすように
    物語は優しく進みます。

    「残されたものの悲しみ」「死ぬこと」「亡くなること」「生きていくモノ」ストレートには書いてありませんが息子には、まだピンとこないようでした。
    車や家、ベットが聞きなれない名前(海外の人の名前)で
    呼ばれていることが面白いようでした。
    かなり日本人には読みにくい(呼びにくい)名前もあり
    どれが誰だかわからなくなっていくのですが(笑)
    またしばらくしたら、息子がどんな反応をするのか
    見てみたいです。

    う〜ん、まだまだ先かなぁ??

    掲載日:2011/02/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 髪型がステキ

    • さやかさん
    • 40代
    • ママ
    • 広島県
    • 女の子10歳、女の子8歳

    おばあさんの髪型がとても印象的で手にとりました。

    おばあさんはいろんなものに名前をつけます。
    でも、それは物ばかり・・・。

    そんなおばあさんの心を動かすのは、かわいいわんちゃん。

    ほんわか気分で読める一冊です。

    掲載日:2008/11/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • でも、長生きして欲しいな!

    自分よりも長生きしそうな物に名前を付けてはひっそりと暮らすおばあさん。
    ある日、1匹の子犬がやってきて・・・

    すべての物の「老い」や「死」について感じる
    お話しになっていて
    豪快な生活をしてるおばあさんにはお友達もなく、さみしい思いをさせてしまいますが、長生きしていろんなことに挑戦して欲しいな〜
    って感じました。
    それにしても、このおばあさん、すごくかっこいい車に乗ってるのですが
    このパワーはどこから?なんて思ってしまいますね☆〜(ゝ。∂)

    掲載日:2007/06/25

    参考になりました
    感謝
    0

9件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



たたかえ!じんるいのために!

みんなの声(9人)

絵本の評価(4.4)

何歳のお子さんに読んだ?

  • 0歳 0
  • 1歳 0
  • 2歳 0
  • 3歳 0
  • 4歳 2
  • 5歳 0
  • 6歳 0
  • 7歳 0
  • 8歳 0
  • 9歳 0
  • 10歳 0
  • 11歳 0
  • 12歳〜 0
  • 大人 6

全ページためしよみ
年齢別絵本セット