ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」

年少版 にじいろのさかな」 みんなの声

年少版 にじいろのさかな 作・絵:マーカス・フィスター
訳:谷川 俊太郎
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
本体価格:\600+税
発行日:2007年07月
ISBN:9784062650694
評価スコア 3.71
評価ランキング 29,935
みんなの声 総数 6
「年少版 にじいろのさかな」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • とてもきれい

    友達にもらいました。
    きらきら光るうろこがとてもきれいです。
    年少版は小さいボードブックになっているので、
    小さな子でも扱いやすいです。
    お出かけや眠る前の読み聞かせに便利。

    娘は絵をとても気に入っているようです。

    でも、ぴかぴかのうろこを
    最後のひとつになってしまうまで
    みんなに与えてしまうのはどうなんだろう???
    と私も夫も思いました。

    掲載日:2008/07/06

    参考になりました
    感謝
    1
  • 年少版

    「にじいろのさかな」は有名だけど読んだことがありませんでした。
    1才9カ月の息子と一緒に、年少版でデビューしてみよう、と図書館で借りてきました。
    ページが少ないのでどうしようもないのですが、物語が端折られすぎて、展開の速さに読んでいて違和感がありました。

    分からなくてもきちんと筋の通った物語を聞かせてあげたい。

    海の中の世界やキラキラの鱗には興味を示していたので、次回はぜひ年少版ではない「にじいろのさかな」を読んであげようと思います。

    掲載日:2015/08/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 日本語版が出ているのを知ってビックリ!!

    • みそぽさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子1歳

    私にとってすごく懐かしい本です。
    まだ十代の頃に旅行先の絵本専門店で見つけた1冊でした。

    文字は英語で全然読めなかったけど、あまりにキレイな絵本だったので
    衝動買いしてしまった記憶があります。

    まさか自分の子供に日本版を読むことになるなんて想像もしてませんでした。
    もう少し子供が大きくなったらこの話しをしながら読み聞かせるのが楽しみです。

    掲載日:2012/08/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • みんなで仲良く!

    本屋さんで見つけて即買いました。
    きらきらした鱗が綺麗な絵本であること、そして内容が気に入りました。
    良い物を持っていたら自慢の材料にしたり独り占めしたりせずに、みんなで分け合ってその良さを一緒に楽しんだほうが仲良く出来るということを教えてくれます。

    当時2歳半だった娘は、お友達と遊ぶときに自分の遊んでいるおもちゃを独り占めしてなかなか貸してあげることができなかったので、みんなと遊ぶと楽しいよということが伝わってくれるといいなと願いながら読んであげていました。
    いろんな意味でとることができるので、その時々で気付くための助けになってくれるといいなと思っています。

    年少版は少し内容も簡素化されているので、大きくなったら正規版を読んであげたいと思います。

    掲載日:2011/01/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 幼児にもわかりやすい

    • ぽにょさん
    • 30代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子4歳

    普通版の『にじいろのさかな』も好きだけど、こっちの方がもっと好きな娘。文章がちょっと短めだし、小さいから持ち歩きやすいのがいいみたい。
    お休み前に仰向けで読むママにも嬉しいサイズ&嬉しい長さ。
    (この体勢だと、本を支える腕が痛くなるし、長い文章を読むのって意外と疲れるんですよね。)

    でも、『にじいろのさかな』の魅力はちっとも衰えていません。
    読み聞きしやすい分、物語をよく聞いてお話の内容に興味を持ってくれるので、小さなお子様にはコチラの方がお勧めです。

    掲載日:2009/04/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • クリスマスプレゼントにもらいました。

    • ぷりこさん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子6歳、男の子1歳

    少し早いですが、クリスマスプレゼントにこの絵本をもらいました。
    図書館で、このお話のビデオを借りて見てから、うちの子供は美しいにじいろのさかながすっから気に入って、絵本を欲しがっていたので、おばあちゃんからのクリスマスプレゼントにもらいました。

    にじいろのさかなの絵本の表紙はとっても美しく、買ってくれたおばあちゃんもきれいで驚いていました。
    でも6歳なので、もっと大きいサイズのこのシリーズ本が欲しかったのですが、おばあちゃんが本屋さんに聞いたときには、品切れでした。年少版のこの絵本があったので、すぐに送りたかったおばあちゃんは、さっさと買って次の日に送ってくれました。このにじいろのさかなの本のシリーズ『にじいろのさかなとおともだち』も一緒に送ってくれました♪

    にじいろのさかなの絵本を見るなり、『キレイだね〜♪』と言って喜びの声をあげていました。
    でも6歳の子には、ちょっと文章が短かったりと多少物足り感じでした。うちは下の子が1歳なので、上の子が下の子に読んでくれていました。

    掲載日:2008/12/10

    参考になりました
    感謝
    0

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『キッズペディア 地球館 生命の星のひみつ』 編集者 秋窪俊郎さんインタビュー

みんなの声(6人)

絵本の評価(3.71)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット