もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

新版ヒキガエルとんだ大冒険 (5) ウォートンとモリネズミの取引屋」 みんなの声

新版ヒキガエルとんだ大冒険 (5) ウォートンとモリネズミの取引屋 作:ラッセル・E・エリクソン
絵:ローレンス・ディ・フィオリ
訳:佐藤 凉子
出版社:評論社 評論社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2008年01月
ISBN:9784566013407
評価スコア 4.33
評価ランキング 11,067
みんなの声 総数 2
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 気持ちの変化も

    ウォートンとモートンの冒険物語。
    毎回出てくる登場人物にクセがあって、風刺しているようで
    面白いです。今回はモリネズミ。取引することで生きている
    モリネズミたち。ウォートンとモートンとの出会いで、
    取引ではなく思いやりに気付いたのか否か。気持ちの変化も
    是非読みとって貰いたい一冊です。

    掲載日:2014/11/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • ウォートンも取引!

    ウォートンとモートン、ひきがえるの兄弟のお話シリーズ第5弾。
    今回は、ウォートンが叔母さんを訪ねる旅にでるところから冒険が始まります。
    旅の途中でひょんなことからモリネズミを助けてあげたウォートン、たずねていった叔母さんは4日前から家を出たまま行方不明・・・
    おばさんの行方は?無事助け出すことが出来るのか?

    今回もハラハラどきどきの展開が楽しめます。
    毎回このシリーズでは、ウォートンやモートンがユニークな動物達と出会うのですが、今回のモリネズミたちは「取引屋」。なかなか個性的です。
    ウォートンのモリネズミとの「取引」、上手いですよ!!

    とても楽しいシリーズです。
    動物、冒険モノが好きなお子様にお勧めです。

    掲載日:2009/12/03

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / はじめてのおつかい

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。


寝かしつけの魔法のテクニック

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット