ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」

彗星がやってくる」 みんなの声

彗星がやってくる 作:トーベ・ヤンソン
絵:モルデン・シュメット
訳:横手美紀
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:1999年12月
ISBN:9784034221105
評価スコア 4
評価ランキング 20,264
みんなの声 総数 2
「彗星がやってくる」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • とっても面白いです

    このお話は全ページカラーのマンガ調で書かれていました。天気がおかしくなって、それが地球日数いてきている彗星のせいでした。そして、その彗星が地球に落ちたらおしまいだと。このハラハラドキドキの展開にうちの子は引き込まれていました。でも、この絵本だけでは完結していなかったので、続きを読まなくてはです。終わりが楽しみです。

    掲載日:2015/01/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • マンガのような挿絵

    息子が小学校の図書室から借りてきました。
    ムーミンに絵本があったんだあ〜というのが第一印象。

    絵本を開いてみると、マンガのような挿絵。
    読み聞かせには不向きですね〜。
    でもそれでも読んでほしいのが我が家の息子君。

    お話は、彗星がやってきて地球がなくなってしまうかもと心配したムーミンは天文台に彗星のことを調べに…
    こんなふうにスナフキンに出会ったの?!
    とか、知らないこともしれて、親的にもとっても新鮮でした。

    お話も冒険なので子供も楽しそうでした。

    掲載日:2008/07/28

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『ことわざ生活 あっち篇 こっち篇』<br>ヨシタケシンスケさんインタビュー

みんなの声(2人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット