たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ
 出版社: サンリオ サンリオの特集ページがあります!
メモ&付箋96枚いり!おてがみがもっとたのしくなる折りてがみアイデアがいっぱい♪

やぎのはかせのだいはつめい」 みんなの声

やぎのはかせのだいはつめい 作・絵:槇 ひろし
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\800+税
発行日:2011年04月01日
ISBN:9784834026405
評価スコア 4.27
評価ランキング 13,786
みんなの声 総数 10
「やぎのはかせのだいはつめい」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

10件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 発明家っていいなあ。

    • たっちママさん
    • 30代
    • ママ
    • 大阪府
    • 男の子5歳、女の子2歳

    4歳頃息子が好きだった絵本です。
    ヤギ博士が発明した機会から出てくる色々な物。でも本当にヤギ博士の作りたかったものは…というお話で、ほのぼのしており、かつ読んでいる人を次は何?!とひきつける要素もいっぱいで、とても面白いです。
    息子は4歳になって工作や作業にハマっていて、紙やらゴミやら紐やらを使って家の中を勝手に改造したり、変なところに紐をくくったり…これも発明家の素質か?!と勝手に親ばかな納得をしていますが、とにかく、そういう物を作る楽しさ、みたいな所がくすぶられる絵本なのかもしれません。
    でも、ヤギ博士のようにこんな便利な何かを考えられるっていいなあと、凡人の母はそう思うのでした。

    掲載日:2014/10/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 独特な雰囲気のお話

    • だかりんさん
    • 30代
    • ママ
    • 京都府
    • 男の子8歳、女の子6歳

    表紙を見て、なんとなく、独特な雰囲気のある絵本だな〜と感じました。
    やぎの博士が長い年月をかけて、発明したものとは?

    村中の動物たちの期待を受けて、発明品を公開します。
    巨大な機械に大木を入れて、いろいろなものがどんどんできてくるのですが、やぎのはかせのお目当ては全然違うもの。

    最後のオチはギャップを楽しむためのものだと思いますが、その過程も楽しかったです。
    ちゃんと村もやぎはかせの発明の恩恵を受けているのがいいと思いました。

    掲載日:2013/12/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • え”という発明です

    4歳5ヶ月の息子に読んでやりました。とても大きな大きな発明品が登場。どんなものを作ってくれるのか?なにをするものなのかとてもワクワク。ところがでてきたのは・・・。やぎの博士にとってはとてもとても重要なのでしょうが、この落ちには息子とびっくり、けらけら笑ってました。世の中なんて、こんなものなのかも・・・。でも、この発明品のおかげで村が豊かになっていく様子も息子と確認し、発明品のありがたみを実感しましたね。また、こういうおもしろい発明品を作ったら読みたいねーと話していました。

    掲載日:2012/02/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 博士がほんとうに作りたかったものは・・

    • 10月さん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子5歳

    おおがかりな発明機械をつくっ博士。
    村中に完成を知らせる花火も上がって・・さてさてどんな機械なのかな??

    息子もとにかくダイナミックな機械の動きとそれによって生み出される
    副産物(材木・葉っぱ・木の繊維・・)に夢中。
    小鳥さんのおうちができたね〜!とか
    橋や学校ができたね!
    積み木もこんなにあっていいなぁ〜!
    とくに、木の輪っかでできる乗り物の類には興奮♪
    そして木の繊維が紙になるという事実を知って心から驚いていました。
    「これも?この紙も?これも木からできてるの?!」と。
    いい勉強。

    「モーターってなに?」「繊維ってなに?」
    と聞かれてうまく説明できなかったのは私の力不足でしたが・・。

    そして博士が作りたかった目的はなんと・・!
    つまようじ!
    しかも1本だけ?
    なんて効率の悪い〜。笑

    びっくりなオチに大笑い。そして気づいたんです。
    博士がつくりたかったのは、みんなの笑顔ではないかなって。
    そしてちゃーんと町には副産物たちが大活躍しているんです。
    おみごと!

    掲載日:2011/06/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 笑顔あふれて

    福音館の限定発売で購入しました。
    自分では手にしない本かもしれませんが
    読んでみるとすごく面白い。
    絵も独特で、こんなの見たことありません。

    やぎはかせの発明で村のみんなが
    どんどん笑顔になっていって
    最後、はかせのいちばん欲しいもの・・・
    何だろうっておもったら
    なんと、つまようじ。
    それでみんなで大笑い!
    あったかくていいお話です。

    掲載日:2011/04/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • すこし残念・・・

    うちは女の子ですが、豊かな発想力を身に付けて
    欲しいと思っているので選びました。

    やぎのはかせの大発明品。
    新幹線ほどの長さがある大がかりなものです。
    そこに樹齢何百年もあるだろう大木がのみ込まれていきます。
    機械は、大木を余すことなく加工していきます。
    村人たちも大喜びだし、木を使って作れるものもわかり、
    いいと思うのですが・・・。

    はかせがこの機械で本当に作りたかったものは、
    「つまようじ1本」。
    木を無駄にしたわけではないのですが、
    自分が使う「つまようじ」1本を作るために、
    この大がかりな機械と大木を使うことが、
    なんか引っかかりました。

    もちろん、そのギャップが楽しいお話なんですけど・・・。

    掲載日:2011/01/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • すごいお話かと思いきや

    大発明とあるので、すごいお話かと思うのですが、オチはあまりにも意外で、博士の肩の力の抜き加減に、笑ってしまいました。

    発明好きや機械もの好きな男の子にとっては、発明と聞いただけで心躍るものがあるかもしれません。息子も興味津々で見ていました。

    掲載日:2008/12/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子供の頃兄弟で読んでいました。

     子供の頃とっても大好きな絵本でした。
     弟もこの絵本が大好きで、よく母に二人でこの絵本を読んでとねだっていました。
     大きな一本の木が色んなものに変わっていくところや、登場するの村の人たちが動物であることなど、すべてが大好きでした。
     今、母となった私が、息子にどうしても読ませたいと思っている絵本ですが、本屋さんで見つけることができなくて、とても残念です。
     今度、実家の物置で探してでも読ませてあげようと思っています。
     子供の頃大好きだった絵本なので、きっと子供には大評判のはず。
     本当におすすめです。

    掲載日:2006/04/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 家族で大好き

    はかせの発明の機械で何がでてくるのか
    ドキドキわくわく。
    最後は笑わしてくれます。
    木からいろんな物が作れる事が分かります。

    掲載日:2005/03/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • こんな機械あったら面白い!

    やぎの博士が発明した機械が何とも、現実離れしていて面白い。
    でも想像力豊かな子どもにとってはありえそうな機械なんだろうなー。機械に木を入れると、葉っぱが出てきたり、枝が出てきたり、板が出できたり、丸い板だったり、積み木だったり発想が面白い。また、それで色々な生活に役立てるもの作って話のもって行き方が上手い。最後に博士が1番欲しかったものは、つまようじなんて、しゃれていた。息子にうけていたので、男の子には面白い1冊かも知れません。

    掲載日:2002/11/17

    参考になりました
    感謝
    0

10件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。


第12回 『あったかいな』の片山健さん

みんなの声(10人)

絵本の評価(4.27)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット