だれのあしあと だれのあしあと だれのあしあとの試し読みができます!
作・絵: accototo ふくだとしお+あきこ  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
雪のうえにのこったあしあと、さあ、だれの? あてっこ遊びができる絵本!

しごと」 みんなの声

しごと 作・絵:ヘレン・オクセンバリー
出版社:文化出版局 文化出版局の特集ページがあります!
本体価格:\400+税
発行日:1981年12月7日
ISBN:9784579400546
評価スコア 4.33
評価ランキング 10,369
みんなの声 総数 11
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

11件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • まさに赤ちゃんの仕事

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子2歳、女の子0歳

    字のない絵本なので私が子どもに語りかけながら読みました。
    母親目線でまさに赤ちゃんの仕事ってこうだよねーと思いました。
    ご飯を食べて遊んでねんね、そのくりかえしが当たり前ですがとても大切だしとても愛おしいです。

    掲載日:2014/02/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • おすすめ

    • Iママさん
    • 30代
    • ママ
    • 京都府
    • 女の子3歳

    2歳の娘と一緒に読みました。我が家は「ぎゅっ」と言う本から始まった字の無い絵本。これもそのひとつですが、字の無い絵本は自由に読めるところがいいです。ストーリーを自分で作ったり、娘とあれこれ絵を見ながら語ったり。この本も赤ちゃんのいろんな動作が載っていて、それに沿って色んなお話をして楽しみました。娘が赤ちゃんの時はこうだったんだよ、と説明してあげると嬉しそうでした。

    掲載日:2011/09/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 思わず難しかった!

    このシリーズ、結構分かりやすくそして文字が一切ないのが特徴だと思っていました。
    それが何気なく選んだこの「しごと」は始め飲み込むまで結構かかってしまいました、私。

    おまるがあって、赤ちゃんが座る。
    テーブルがあって、赤ちゃんがご飯を食べる。
    お風呂があって、赤ちゃんがお風呂に入る。

    個人的には「おまるの仕事は、うんちさせることだよ」「テーブルの仕事はゴハン食べる場所になることだよ」‥
    ってことかなと思ったけれど、よく考えれば「赤ちゃんのしごと」ってことなのかな。

    文字がない分、いろんな風に読める絵本で今までと違う感じで印象深かったです。

    娘たちもこの寡黙な(!)赤ちゃんが大好きです。

    掲載日:2011/05/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 一緒に

    文字の無い絵本、私は大好きです。子供と一緒に、子供の反応を見ながら、いろいろ作り上げていくことができます。最初は何て言って良いか分からず、戸惑って良い間違いとかしてましたが、今では私も状況を先読みしてスラスラ物語を作れるようになりました。お陰で普段の会話にも少しスキルがついたような気がします。

    掲載日:2010/02/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 赤ちゃんの「しごと」

    • ぷぴさん
    • 30代
    • ママ
    • 岐阜県
    • 女の子1歳

    文字はなく、赤ちゃんの「しごと」(ご飯を食べる、うんちをする、散歩をする、おふろにはいる)が絵で表現されています。

    どの「しごと」も娘にとってもなじみのある動作なので、「ご飯をパクパク」「おふろでぴちゃぴちゃ」「ジュースをごくごく」などと言葉をつけて読んでやるととてもよろこんでみています。

    掲載日:2009/09/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 斬新

    もう、この作品は”参りました!!”と叫ぶより他はないほど私の中で大好きな作品になりました。作者の赤ちゃんに対する観察力もさることながら、目の付けどころがとても斬新で素敵でした。主人公の赤ちゃんも自らの仕事を分かっているようでそこがまた愛嬌があってよかったです。私が大好きな場面は哺乳瓶の中身を飲むところです。中身の色がとても気になって、もしかしたらココアかな?!と楽しい想像を膨らませました。他の作品も楽しみです。

    掲載日:2008/04/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • しごとって言うから…

    本のタイトルが「しごと」だったので、いったいどんなお仕事の話?と思いましたが、子供のおしごとのお話でした。
    文字がないので、一緒に絵を見ながら話しかけて楽しんでいます。
    小さい子でも持ちやすいやさしい形と、ふわっとした暖かみのあるタッチのイラストが素敵な本です。

    掲載日:2007/03/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • レトロなデザインのアイテムが素敵です。

    食事、お風呂、お出掛けなど、赤ちゃんの行動が描かれている、字のない絵本です。
    1歳の娘に「ご飯だよ。もぐもぐ」とか「お風呂だね。」とか言いながら読んであげると、真似をしたりするので、それなりに理解してるようです。
    ヘレン・オクセンバリーの「したく」も持っていますが、優しい感じのイラストと、レトロなデザインのアイテムが素敵です。

    掲載日:2006/11/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 赤ちゃんへ語りかけながら読む本

    • 西の魔女さん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 女の子13歳、男の子9歳

    私が学生だった頃…(はてさて何年前の話かしら。)
    書店で あまりの可愛らしさに一目ぼれして購入した絵本です。
    この絵本が 我が家の子供達のファースト・ブックでした。
    「おまるだね。おしっことうんちをするんだよね〜。」
    「ゴーゴー(ベビー・カーです。)だね。お散歩行こうね〜。」
    なぁんて感じで ほとんど独り言状態でしたが
    幸せな時間を共に過ごした大切な絵本。
    時々 こちらでこのシリーズの感想を見かけ
    まだ読み継がれているんだなぁ…ととてもうれしくなります。
    優しい色合いで 絵も素敵です。
    丈夫な作りになっていますので 
    ちょっと噛んだ位では破れない所もお薦めの理由の1つです。(笑)

    掲載日:2006/10/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 赤ちゃんの愛らしさがたまらない。

    • はなしんさん
    • 30代
    • ママ
    • 千葉県
    • 女の子6歳、男の子4歳

    まだ、小さな赤ちゃんを抱っこしながら、思いつくままに話しかけながらページをめくりたくなる絵本です。
    ヘレン・オクセンバリーさんの描く、赤ちゃんの姿は、とてもやわらかく、優しい雰囲気で見ていてとても和めます。本当にかわいい赤ちゃんの姿が、大好きなシリーズです。
    赤ちゃんのお仕事を堪能あれ。
     また、赤ちゃん自身にとっても、小さくて持ちやすく、息子が赤ちゃんの時は、とても気に入って、一人でよく見ていました。

    掲載日:2005/08/13

    参考になりました
    感謝
    0

11件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

こんとあき / からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『はやくちこぶた』早川純子さんインタビュー

みんなの声(11人)

絵本の評価(4.33)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット