だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。

はははのはなし」 みんなの声

はははのはなし 作・絵:加古 里子
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\900+税
発行日:1972年03月
ISBN:9784834003192
評価スコア 4.64
評価ランキング 2,332
みんなの声 総数 76
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

76件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
  • 秘密の場所に隠して…

    小学校一年生のころ、大好きで大好きで毎日読んでいた絵本

    ある日友人と絵本がいっぱいおいてある多目的室で、この絵本を見つけます


    内容は難しくないけど、そんなにおもしろいものではない

    歯が溶けちゃうよ、とかそんな話

    だけど最後の一ページがたまらなく大好きで!

    歯を数えてみましょう
    ははははは………

    小学1年生の私と友人は大爆笑!


    それから私と友人は本棚の後ろに隠して、毎日そこに行っては読んでいました。


    いつからかなくなってしまったその絵本…


    21歳になってから福音館書店の展示会にして見つけて、懐かしくて迷いなく買ってしまいました。


    はははのはなし



    おすすめです!

    掲載日:2012/02/07

    参考になりました
    感謝
    1
  • 仕上げ歯磨きのつよーい味方

    • まろやさん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子1歳

    歯の話しならばこの本しかない!と思い込んでおり、娘の歯が生え始めた頃に購入。

    購入した際、1回読んだけれど、0歳の娘の反応は芳しくなく、本棚にて出番をひっそりと待つ状態に。

    しかし、先日「読んで」とばかりに差し出してきたので、読んでみたら、1ページめの笑い声がいたくお気に召した様子で、そのまま最後まで聞いていました。
    それ以来、この本がどうも気に入ったらしく、ほぼ毎日、本棚から引っ張り出してきます。

    それで、ふと、仕上げ歯磨きの時、「ははははっはっはっ」と本の笑い声さながらに言いながらやってみたら、大好評。
    ご機嫌にやらせてくれました。
    今では食事の後、「はははのはなし、やるよー」と声をかけるのが習慣に。

    最近は、笑い声の頁よりも、虫歯の口をあーんとあけている子供の絵が気になるらしく、そこをじーーーーーーーっと見ています。
    何か思うところがあるのでしょうか。

    掲載日:2010/12/13

    参考になりました
    感謝
    1
  • 虫歯はこわい

     娘の歯が生え変わる時期に合わせて、いろんな「歯」のお話を読んでいますが、これもその中の1冊。もう40年も前に書かれた本なんですね。たくさん出ている「歯」の本の中でも、パイオニア的存在です。内容も、「かがくのとも傑作集」ならではの、おもしろく、わかりやすい説明で、楽しみながら自然と学べるようになっています。加古さんの絵も、とっても説得力があります。

     虫歯になったことがない娘は、「はが いたくなると、おとなだって ないてしまいます。」と知って、「え〜!ママも泣いちゃう?」と心配していましたが、「そんなに いたいんなら いっそ はなんか なければいいと おもいませんか?」との問いかけには、「困る、困る!」と即答。そう、ただいま、娘の前歯は4本も抜けている状態なので、歯のない苦労や不都合は身をもって経験済みです。

     小さな「のこりかす」をえさにして、「ばいきん」が増え、「さん」を作って、歯に穴を開け、「むしば」になっていく絵は、虫歯の怖さを現実的なものとして教えてくれます。娘も、この絵をよーく見ながら、パパにも一生懸命説明してあげていました。

     「甘いものは、あんまり食べないよね」と言う娘も、ジュースにはちょっと油断していたようで、「ジュースにもお砂糖が入ってるの?・・・でも、少しだよね?」と、ほんのちょっぴり心配になったようでした。

     「は は は は は・・・・・」のページは、必ず自分で数えながら読み、自分の歯も1本1本指で数えて確認しています。残りの乳歯も、虫歯にならずに、きれいな永久歯に生え変わるといいね。

    掲載日:2010/04/19

    参考になりました
    感謝
    1
  • 歯の勉強

    6歳の息子と3歳の娘に読みました。
    大好きな加古里子さんの表紙で、子どもも喜んで手に取りました。
    中身は結構真面目で、歯に対してこどもでもきちんと理解できる、科学絵本になっています。
    これを読んでから、我が家では、歯を磨かないと『はははのはなし、みたいに歯がとけるよ〜』と脅かして歯磨きを推奨しています。
    言い過ぎて、効果が薄れてきたのが残念(><9

    掲載日:2016/10/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 今から活躍する予定

    一歳の時に購入しました。絵が面白いみたいで内容はよくわかってないけど、はははと笑うところが好きでよく読んでました。2歳の今では、歯磨きしたくないとか、おやつ欲しがったりするときにこの絵本をとりだして説明したりで活躍してます。これからまだまだ活躍しそうです。

    掲載日:2015/08/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 歯だけでなく、食育にもなります

    「何で虫歯になるの?」のか何度も質問されて、バイ菌さんが・・・・と説明していたんですがピンとこない息子。

    そういえば、私が子供の頃に虫歯になる過程を分かりやすく説明していた絵本を読んだことがあったな〜。
    虫歯ってこんな風になるんだ〜とすごく衝撃的だった記憶はあったものの、絵本のタイトルが思い出せず「歯 絵本」で検索。

    あったあった。早速図書館で借りて息子に読んで聞かせました。
    歯磨きだけでなく、食育、運動、睡眠の大切さも書いています。

    ほんと、健康は歯からですね。改めて私も考えさせられました。

    掲載日:2015/01/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 歯の大切さをわかりやすく

    小さい子にも分かりやすく歯の大切さを教えてくれる科学絵本です。
    どうして虫歯ができるのか?ということだけでなく、虫歯にならないようにはどうしたらよいか、歯を丈夫にするにはどうしたらよいかが語られています。
    かこさとしさんのちょっぴりレトロでユニークな絵と、語りかけるような口調の文章で、楽しく読めました。
    小学校1年生の娘も、自分で真剣に読み返していました。この絵本を読んで歯を大事にしてくれるといいです。

    掲載日:2014/10/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子どもにもわかりやすい

    虫歯の出来方、歯をみがくことの大切さ、歯を磨いていても栄養がかたよっていると弱いはしかはえてこないことなどを詳しく書いてあり、イラストとともに子供にはわかりやすかったようです。
    かこさとしさんの本はどれもやや冗長に感じるのですが、子供には繰り返しで頭にはいりやすいようで、気に入っています。

    掲載日:2014/10/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 虫歯のことがよくわかる

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子3歳、女の子1歳

    虫歯がどうしてできるのかが分かりやすく書かれています。
    虫歯ができるなら歯なんてなければいい、とかはいかにも子供が言いそうですね。しっかりとそれに対する回答がのっていたので、言われたらこう言おうと思いました。
    やはり4歳からのほうがより理解できそうなので、子供がもう少し大きくなってからまた読んであげたいと思いました。

    掲載日:2014/07/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 声を出して読むと・・・

    「は」について詳しくなれる本です。
    虫歯だらけの子の弱そうな姿、
    子供ながらかなり恐ろしく感じました。
    最後の「は」の並びを書いた「ははははははは・・・・」。
    娘が声を出して読んでいたのを聞いて笑いたくなりました。
    色々と役立つ情報のある本ですが堅苦しくなく、
    子供にもとても分かりやすい面白い絵本です。

    掲載日:2014/01/17

    参考になりました
    感謝
    0

76件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

どうぞのいす / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / うんちしたのはだれよ! / じゃあじゃあびりびり / コロちゃんはどこ?

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • クリスマスのほし
    クリスマスのほし
     出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    クリスマスのプレゼントに!森の仲間たちとトナカイのトニーの素敵なクリスマスのおはなし。


風変りで美しい表現方法がたくさん!

みんなの声(76人)

絵本の評価(4.64)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット