ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」

ねむいねむいねずみともりのおばけ」 みんなの声

ねむいねむいねずみともりのおばけ 作・絵:ささき まき
出版社:PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
本体価格:\680+税
発行日:1985年
ISBN:9784569586991
評価スコア 3.89
評価ランキング 28,673
みんなの声 総数 18
「ねむいねむいねずみともりのおばけ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

18件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • ぴょこんとおばけ

    ねむそうな表情をしたねずみさんがマイペースに旅をしています。
    おばけがぴょこんと出てくる場面が大好きで、おばけを指さしながら大興奮の息子。対象年齢が3歳からとなっていますが、言葉のテンポの良さとキャラクターの可愛さがお気に入りポイントのように思います。

    掲載日:2016/03/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • おばけがびっくり

    • てつじんこさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子5歳、男の子2歳

    ねずみのくしゃみでびっくりして隠れてしまう気の弱いおばけたちに親近感がわきます.そしてねずみにアイスクリームまでプレゼント.こんなおばけならこわくないし友だちになりたいですね.

    それにしてもねむいねむいねずみは,おばけもこわがらないし,どんな場所でも眠ってしまうし,眠くても旅は続けているし,なんとも不思議なねずみです.せっかくもらったアイスも食べる前に眠ってしまい,とけてしまうんじゃと心配です.

    掲載日:2015/04/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • あっという間です

    文字数がすっごく少ないです。

    小さい子向けだということをしっていましたが、小さい頃、

    このシリーズをよく読んでいて、まだ読んでいない

    シリーズをみつけたので読みました。

    もりのおばけが何個かでてきます。、

    みんな同じような顔で少し笑えます。

    お母さんを探す旅だったのか、旅の途中

    お母さんを恋しくなったのか、

    ちょっとこのシリーズの設定を忘れてしまいましたが、

    お母さんが夢の中にでてきます。

    おばけからアイスクリームをもらうのが

    おかしかったです。

    掲載日:2014/11/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 2、3歳向け

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子2歳、女の子0歳

    先に「ねむいねむいねずみ」を読んで好評だったので、このシリーズを読んでみようと思いました。「ねむいねむいねずみ」が4〜5歳とあったのでより幼い子向け(2〜3歳)のシリーズを選びました。
    2歳児の娘なのですが「ねむいねむいねずみ」のほうが気に入っている様子です。年齢はまあ大体の目安であってやはり幼い子でも好みがあるんですね。
    2、3歳向けとあって文章も少なく読みやすかったです。
    ねずみくんはしっかりとねむいねむいねずみくんでした。
    おばけも怖くないですよ。むしろやさしいです。

    掲載日:2014/03/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • オバケに謝るねむいねむいねずみ

    最近、「ねむいねむいねずみ」の存在を知って大ファンになってしまったので、シリーズの本を探して読んでいます。こちらは小さいサイズの絵本で、「3歳から4歳」という表記がありました。
    今度の旅では、森の中でたくさんのオバケと出合うねむいねむいねずみ。オバケといっても全然怖くなく、ねずみのくしゃみでびっくりしてしまうという、かわいいオバケたちです。「びっくりさせて、ごめんごめん」とオバケたちに謝るねずみもまた、かわいい・・・とにかくツボにハマってしまいます。

    掲載日:2013/09/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 初めて見ました!

    ねむいねむいねずみのシリーズの絵本を初めて
    読んだのですが、なんだか不思議な世界観!!
    内容があるような、ないような、なんだかぽかんと
    してしまうような絵本でした。
    そこが、ねむいねむいねずみのキャラクターなので
    しょうね!!
    とぼけた顔にはまるためにも、シリーズの他の絵本も
    読んでみようかなと思っています!

    掲載日:2013/08/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 眠い

    表紙の寝ぼけまなこのネズミが、なんとも言えないです。
    こっちまで、眠くなりそうな感じです。
    オバケがたくさん登場しますが、ちっとも怖くないので、小さな子にもオススメできますね。
    ストーリー的には?と感じることもありますが。

    掲載日:2013/03/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • こわくないけどこわい

    4歳娘の好きなシリーズです。
    この絵本にはお化けが出てくるので、読む方も楽しいです。(脅かしながら読めるので)4歳娘はすっごくかわいいオバケたちを本気で怖がるのですが、当のねむいねむいねずみ君は、眠くてそれどころではありません。
    最後にはゆっくり眠れて、ねずみ君よかったね、と娘も眠りについています。

    掲載日:2012/12/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • アイスクリーム・・・!?

    「ぶたのたね」で大好きになった、佐々木マキさん。

    「ねむいねむいねずみ」シリーズも子供達は、大好きです。

    「もりのおばけ」と「おつきさま」は、幼児版シリーズで、小さな子供向けです。

    今回も、ねずみがたびをしていたよ。から始まり、おばけ達が出てきますが、何故かアイスクリームを持っているおばけ。そして、そのアイスクリームを最後ねずみが、もらっちゃうんです。

    何とも面白い・・・おばけとのお話でした。

    掲載日:2012/02/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 親はいまいち良さが分からず

    • 夜の樹さん
    • 30代
    • ママ
    • 北海道
    • 女の子3歳

    4歳の子供と読みました。

    子供はこの「ねむいねむいねずみ」のシリーズがお気に入り。
    が親の私は頭が固いのかいまいちこのシリーズの良さがわかりません。
    特にこの「ねむいねむいねずみともりのおばけ」はよく意味がわかりませんでした。
    何も考えずに子供のように素直に読めばいいんでしょうが・・・。

    掲載日:2012/02/07

    参考になりました
    感謝
    0

18件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『こえだのとうさん』 いとうさゆりさん インタビュー

みんなの声(18人)

絵本の評価(3.89)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット