貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

999ひきのきょうだいのおひっこし」 みんなの声

999ひきのきょうだいのおひっこし 作:木村 研
絵:村上 康成
出版社:ひさかたチャイルド ひさかたチャイルドの特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:2004年03月
ISBN:9784893256249
評価スコア 4.72
評価ランキング 1,075
みんなの声 総数 67
「999ひきのきょうだいのおひっこし」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

67件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
  • ハラハラ・ドキドキ

    「999ひき」シリーズの中の1冊です。

    このシリーズは、図書館の読み聞かせ会で知った絵本でした。
    子どもの面白かったというので、こちらを借りてきました。

    999ひきのおたまじゃくしが、春にかえるになりました。
    小さな池では、大変と・・・お引っ越しします。

    途中、様々なハプニングがあって、ハラハラ・ドキドキでした。
    最後のページ、お顔に見える〜と4歳の娘が発見していました。

    今の時期には、ピッタリですね!!

    掲載日:2012/03/21

    参考になりました
    感謝
    1
  • 村上さん

    村上さんの作品だったのでこの絵本を選びました。兄弟が多いことの大変さと幸福さを感じられるのが良かったです。どの子供もお父さんとお母さんを慰している気持ちが伝わってきて感動しました。こんな引越しは大変だけれど一生心に残るのだろうなと思いました。家族っていいな!と思える絵本でした。

    掲載日:2010/10/26

    参考になりました
    感謝
    1
  • 大家族の絆

    小さな池からはあふれでてしまうような、かえるの大家族。
    描くのも大変な行列、空中でのつながりが、ユーモラスであったりハラハラだったり、小さいけれども大きな家族愛を展開しています。
    ヘビを引っ張ってきてしまう茶目っ気もありながら、お父さんから始まる長いつながりには緊迫感がありました。
    みんな揃って新しい家に着水できて良かったです。

    掲載日:2017/06/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • とにかく多い!

    • みっとーさん
    • 30代
    • ママ
    • 滋賀県
    • 男の子5歳、女の子4歳

    999ひきと、たっくさんのかえるたちがつらなる絵は、なんだかおもしろくて絵を見ているだけで笑えます。
    人間とは比べ物にならないほどたくさん子どもがいる、かえるのお父さんとお母さんは大変ですね。
    にぎやかで楽しい絵本でした。

    掲載日:2017/06/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 田植えの季節 カエルのお話しはちょうどいいです
    999ひきのおひっこし  なかなか おもしろいお話の展開に 笑えます

    とんびにお父さんがさらわれ  さすがお母さんパワーそして 子ども達のながいながい 列   これは まいいった おもしろくて
    とんびも 力尽きて 話してしまうのですが・・・・・あ〜っ

    結末にホッとします 
    ああ よかったね   大きな池におひっこしできて めでたしめでたし 
    ケロケロ ケロロ・・・・・♪

    掲載日:2017/06/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大笑い

    最近、ヒキカエルをつかまえてきて庭に放したので、
    とてもカエルに興味を持っている4歳の息子と読みました。
    彼には999匹という数を理解しているのだろうか疑問ですが。
    それはそうと、とてつもなく多い数だということは
    絵をみてわかったみたいです。

    これは、もう大笑いの連続。
    鳶が999匹のカエル+パパ&ママ蛙をひきつれて
    飛んでいるところに、特に息子は大笑い。
    絵的にも、とっても楽しかったです。

    このシリーズ、読んでいきたいなあ。

    掲載日:2015/06/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 一難去ってまた一難・・・。

    999ひきのきょうだいたちのおひっこしのお話です。
    みんなで大きな池をめざして移動するのですが、
    その途中、へびに出会ってしまいます!!
    なんとかへびからは逃げたのですが、次にきたのは、
    大きな鳥!!
    おとうさんかえるがつかまってしまうんです!!
    それにつかまって、おかあさんも、そして、999ひきの
    きょうだいたちも・・・。
    ながーい列で空をとんでいる姿はかわいく思えてしまう
    のですが、娘は、かなりはらはらドキドキしながら、聞いて
    いました。
    読み終わったあと、ほっとしていたのがかわいらしかった
    です♪

    掲載日:2014/12/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 無事におひっこし

     絵本ムービーで見ました。
     999ひきの動きと音楽がぴったりあっていて、おもしろかったです。
     
     999ひきのおひっこし、にぎやかで大変そう。おなかのふくらんだヘビや、とんびのするどいツメなど、リアルですね。
     おとうさんにつかまって、みんなが空をとんでいるのも、すごいです。
     ずっとつながっているカエルたちの場面に、笑ってしまいました。

     みんなぶじに、おひっこしできてよかったですね。おとうさんとおかあさんの、ほっとした気持ちがつたわってきました。

    掲載日:2014/09/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • かわいい〜☆

    先日NHKのテレビ絵本という番組で、
    「999ひきのきょうだい」を見て息子が楽しそうにしていたので、
    図書館でかりようと本棚をチェックしていたら、
    先にこちらの作品を発見しました。

    絵本ナビのサイトで調べたら、
    999ひきのきょうだいは、シリーズがいくつか出ているんですね。
    なんだかわくわく。

    この作品の絵を書かれている「村上康成」さんは、
    息子が大好きな「ピーマン村絵本」シリーズの絵も描かれているので、
    やっぱり息子のお気に入りの作品になりました。

    かえる一匹一匹が丁寧に描かれていて、
    その表情がみんな違って微笑ましくなります。

    子どもたちがヘビと知らずにその体を引っ張っていた時の
    おとうさんおかあさんのあの顔!
    思わずぷっと笑ってしまいます。

    とんびが捕まえたおとうさんかえるに、続くながーいかえるの列。
    絵本を縦にして見る喜びもまた楽しいです。

    特に好きなのは、999ひきのきょうだいかぞくが、
    みんな空から降ってくるシーン。
    想像してぞぞぞ。
    でもぷぷぷ。

    これはぜひシリーズの他の作品もぜひチェックしたいと思います。
    絶対オススメ!

    掲載日:2014/05/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 結果オーライで拍手

    999ひきのきょうだいのシリーズは、どれも子どもたちのお気に入りの絵本ですが、特にこのお話はハラハラドキドキして楽しいらしく、読む確率が高いです。
    今いる池が手狭になって、家族でお引っ越しする途中、とんびにおとうさんが捕まってしまいます。それを助けようとお母さんカエルも、999ひきのきょうだいたちも飛びついて、みんなで空に舞い上がってしまいます。
    ぱらぱらとたくさんのかえるが空を舞い落ちる様子は、気の毒だけど笑ってしまいます。大変だったけど結果オーライでよかったよかった。ラストシーンでは思わず拍手したくなります。

    掲載日:2014/04/22

    参考になりました
    感謝
    0

67件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★
  • おでんしゃ
    おでんしゃの試し読みができます!
    おでんしゃ
    作:塚本 やすし 出版社:集英社 集英社の特集ページがあります!
    コンビニのおでんを見て思いついた楽しい知育絵本。おでんしゃ、出発しまーす!


あの名作の世界が手のひらサイズの小さなしかけ絵本に!

みんなの声(67人)

絵本の評価(4.72)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット